赤楚衛二

赤楚衛二について

赤楚衡二は、日本で活躍しているモデル・俳優である。

10代の頃から、モデル業を中心に芸能活動していた。2010年には、名古屋の人気グループであるBOYS AND MENに加入しており、同じ時期には現在ジャニーズのグループKing&Princeで活動する平野紫耀も活動していた。グループの脱退後は、舞台やテレビ、映画など幅広い活動も始めている。

2013年に、サマンサタバサのメンズオーディションで、グランプリを受賞。その後、ルックスやスタイルの良さなどが注目され、数多くの話題作に出演している。

現在は、若手俳優の登竜門と言われている仮面ライダーシリーズ『仮面ライダービルド』に出演中。幅広い世代から人気を集めており、今後の活躍が期待されている若手俳優の一人である。

基本プロフィール

芸名 赤楚衛二 (Eiji Akaso)
本名 赤楚衛 (Mamoru Akaso)
国籍 日本
性別 男性
身長 178cm
体重 0kg
血液型 B型
誕生日 1994年03月01日 (26歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 トライストーン・エンタテイメント
デビュー年 2010

好きなタイプ

赤楚衛二の好きなタイプについては、詳しい情報の公開はされていない。現在23才で、現代的なルックスと、愛くるしい笑顔で、若い女性を中心に厚い人気を集めているが、その反面、礼儀正しく、剣道とピアノが趣味という古風な一面もあるので、好きなタイプも意外と大人で、落ち着いた女性がタイプであると推測できる。

また、赤楚衛二の好きなタイプが明確になっていない分、ファンの想像や期待も膨らみ、恋愛映画や恋愛ドラマなどの出演も期待されている。

性格

赤楚衡二は、とにかく明るくアクティブな性格で知られている。深夜にマッサージなどに通ったり、やりたいことが沢山ある為、オンとオフの両立が大変だというエピソードもある。自身では、「一日24時間では足りない。28時間くらいになったらいいのに」というTwitterをあげていた事もある。

また、謙虚で礼儀正しく、愛くるしい一面もあり、沢山の人から慕われる性格である。撮影現場では、監督や共演者から良くいじられており、年上から見ると、いつまでも少年の様な赤楚衛二は、目を掛けたくなる存在である。

また、どこへ行ってもムードメーカで、いわゆる人気者である。このような人懐っこさや、慕われる性格は、今後の俳優業でも、幅広い人脈を広げる大きな武器になる事間違いなしである。

さらに、毎週日曜日に放されている『仮面ライダービルド』の放送終了後には、毎回視聴者への感謝の気持ちや、撮影エピソードなど丁寧な文章と共にTwitterにあげており、多忙なスケジュールの中でも、ファンを大切にし、思いやりのある赤楚衛二の人柄の良さが伺える。

趣味

赤楚衡二の趣味は、ドライブである。

特技

赤楚衛二の特技は、剣道、ピアノである。

また、赤楚衡二の父親は大学の准教授で、母親はピアノの先生である。剣道とピアノを、いつ頃から始めたなど、詳しい情報は公開されていないが、ピアノの先生である母親の影響から、かなり幼少期から、習い始めていたのではないかと推測できる。

赤楚衛二のこの様な特技からも、育ちの良さが伺える。また、剣道・ピアノ共にその腕前が気になる所であり、何かの機会に披露されることが期待されている。

デビュー前の経歴

赤楚衛二の父親は、言語学の研究者で、大学の准教授を務める赤楚治之である。勉強に関しては、厳しく育てられてきており、2~3歳の頃には、海外の学会にも連れてい行かれた事もある。

そんな厳しい赤楚衡二の父親だが、週末は公演でキャッチボールなどをした思い出もあり、オンとオフのどちらも、全力で取り組む赤楚衡二の性格は、父親譲りだと言える。

また、出身校や大学の進学など、詳しい情報も公開されていないが、「名門を卒業されたのでは?」と噂されている。

出身・家族・学歴

兄弟 なし
高校 正確な情報無し
大学 正確な情報無し

周囲からの評判

赤楚衡二は、これまで舞台や映画、ドラマなど様々な話題作に出演してきたが、やはり今注目されているのは、現在放送中の『仮面ライダービルド』で演じている、「万文龍我」役である。そこで注目されているのが、赤楚衡二の演技力である。数多くの経験を積まれているだけに、周囲からは「引き込まれる」や、「身体で表現するのがうまい」や、「ナチュラルで飽きない演技」と絶賛されている。この役がきっかけで、俳優オーラが増す赤楚衡二に、魅了されるファンが増えているのである。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る