シンシア・エリボ

イギリスの俳優 イギリスの歌手

シンシア・エリボについて

シンシア・エリボはイギリスの女優、歌手、シンガーソングライターである。2016年にブロードウェイでリバイバル上演された『カラーパープル』でトニー賞主演女優賞を受賞し、作品自体もエミー賞やグラミー賞を受賞したことで一躍有名となった。2019年には『ハリエット』に主演し、同年のゴールデングローブ賞やアカデミー賞にノミネートされている。

『4Stars 2017』で初来日をはたしており、2020年1月にはマシュー・モリソンや三浦春馬とともにミュージカルコンサートをおこなう。

基本プロフィール

芸名 シンシア・エリボ (Cynthia Erivo)
本名 シンシア・オニェディンマナス・チナサオク・エリヴォ (Cynthia Onyedinmanasu Chinasaokwu Erivo)
国籍 イギリス
性別 女性
身長 154cm
誕生日 1987年01月08日 (33歳)
干支
星座 やぎ座

所属

デビュー年 2011

好きなタイプ

性格

カトリック系の女子校を出ていることもあり、信心深い。『ガーディアン』紙のインタビューでも、『ハリエット』で演じたハリエット・タブマンと自身との共通点として宗教を挙げている。

趣味

特技

デビュー前の経歴

イースト・ロンドン大学で音楽心理学の学位を取得して1年後、王立演劇学校に応募し、演劇の訓練を積んでいった。2011年からイギリスで舞台に立ち始め、2015年からはコメディやドラマシリーズなどでイギリスでのテレビ出演も始めた。転機が訪れたのは、2015年にブロードウェイデビューとなった『カラーパープル』で主役のセリー役に抜擢されたことである。

実は2013年にもイギリスのオフウエスト・エンドで『カラーパープル』のセリー役を務めたことがあった。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 イギリス
出生地域 London, City of
高校 La Retraite Roman Catholic Girls 'School
大学 イースト・ロンドン大学→王立演劇学校

家族のエピソード・詳細

南ロンドンのストックウェルでナイジェリア人の両親のもとに生まれた。母は看護師をしている。父については16歳から1度しかその姿を見ていないと語っており、疎遠である。

解散・引退について

周囲からの評判

小柄な体ながら力強く、メッセージ性の強い歌声を持っており、トニー賞授賞式でも披露された「I’m Here」を彼女が歌うとスタンディング・オベーションが沸き起こり、ショーがストップする「ショーストッパー」として名を知らしめた。

『ワシントンタイムス』紙は「彼女のセリー役は驚異だ。彼女の歌声は劇場の屋根を持ちあげるくらい圧倒的だった」、『ニューヨークタイムス』紙は「彼女の力強い声は天にまで届き、真実のスターとなった」と、彼女のパフォーマンスを高く評価した。

整形

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る