レティーシャ・ライト

イギリスの俳優

レティーシャ・ライトについて

レティーシャ・ライトはガイアナ系イギリス人の女優。マーベルの「アベンジャーズ」シリーズの重要人物ブラックパンサーの妹シュリ役で有名。南米のガイアナ共和国に生まれ、7歳の時に家族でロンドンに引っ越し、現地の学校に通い育つ。

2011年に「トップボーイ」「Coming Up」などのイギリスのTVドラマシリーズに出演するようになる。2018年に「ブラック・ミラー」でエミー賞のリミテッド・シリーズ部門の助演女優賞にノミネートされる。

基本プロフィール

芸名 レティーシャ・ライト
本名 (Letitia Michelle Wright)
ニックネーム
国籍 イギリス
性別 女性
身長 165cm
血液型
誕生日 1993年10月31日 (26歳)
干支
星座 さそり座

所属

レコード会社
事務所
事務所入所年
デビュー年 2011

好きなタイプ

過去に付き合った人物やスキャンダルなどに関する話題はない。強い目的意識を持って女優業と向き合っており、複雑な恋愛関係に巻き込まれるよりも現在はキャリアに集中したい様子がうかがえる。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のフィン役で有名なジョン・ボイエガとともに2018年のMETガラのレッドカーペットに登場したときは、友達以上の関係ではないかと注目された。しかし彼らはロンドンの演劇学校の時からの友人で、メディアでもお互いのことを褒めているが、それ以上の関係ではない。信仰心の強い家庭で育ったことも共通点のようだ。

性格

信仰心が強く、まじめな性格である。20歳の時にうつ病を発症し、「つらいことが重なり闇の中にいるようだった。」と2018年「ヴァニティ・フェア社」のインタビューに答えている。ロンドンの俳優のための聖書を読む会に参加し、うつを乗り越えられる希望の光が見えた。治療のために何度か降板もした。「演技を休み、自分の神との関係性を見つける旅に出て、クリスチャンになった」と話している。

とてもこだわりが強いあることを認めている。自身や自身のコミュニティの成長につながらないのであれば役を断る。何かを伝えたくて作品を作る人と仕事がしたいため、意義と目的がしっかりしている役であれば全力を尽くすという目的意識の強い女優でもある。

趣味

美容にこだわりがある。ベアミネラルの化粧品が好きでよく妹の目を盗んで妹のものを使っていた。ベアミネラルの会社と仕事がしたいと思っていたら連絡があり、それから毎日ベアミネラルのファンデーション、マスカラ、リップを使っている。ドレスアップする際は、自身のチャームポイントを際立たせるために、リップよりアイメイクに力を入れ、アイシャドウや派手な付けまつ毛をするときもある。角質の除去が好きで、モリンガオイルを愛用しており、髪の毛や肌に使っている。日々のルーティンは、角質除去、モリンガオイル、水分を沢山取ること、メイクが上手くできているか確認すること。

TwitterやInstagramで情報発信をしているが、SNSとは適度な距離を保ちながらも、自分が現在何をしているかを知ってもらえ、他のアーティストの活動を知ることもできるためその価値は認めている。

特技

フリースタイルのラップが得意である。「ブラックパンサー」で共演したルピタ・ニョンゴが、彼女がシュリの衣装でラップをしている様子をtwitterにあげている。同じく共演者のウィンストン・デュークのビートボックスに乗せたラップを披露したこともある。同映画で共演したダナイ・グリラがラップをしている際の彼女に「MC Baby Underbite」というニックネームを付けている。ただ楽しんでやっているだけと話している。

彼女の演技にはアドリブも含まれている。シュリのセリフや衣装には彼女のアイディアを監督が気に入り反映されたものがいくつかある。

デビュー前の経歴

ライトはガイアナ共和国のジョージタウンで生まれた。7歳の時に家族でロンドンに移り住み、現地の学校に通う。トッテナムで育ち、デューク・オルドリッジ・アカデミーに通っており、「いつでも北ロンドンの女の子っぽく振舞っていた」。

子供の頃から学校で演技をしていたが、2006年に映画「ドリームズ・カム・トゥルー」を観て女優になりたいと確信した。キキ・パーマーの演技を見て刺激を受けた彼女は、後に、その役に「共鳴した。私がここにいる理由だと思った。」と振り返っている。16歳の時にロンドンの演劇学校に通い始め、2011年にイギリスのドラマでデビューする。

出身・家族・学歴

兄弟 双子の妹
出生国 ガイアナ
出生地域 Demerara-Mahaica
高校
大学

解散・引退について

周囲からの評判

映画「ブラックパンサー」のシュリ役でティーンチョイス賞のSF映画女優賞、NAACP(全米黒人地位向上協会)イメージ・アワードの映画部門助演女優賞、全米映画俳優組合賞の映画部門キャスト賞、2019年に英国アカデミー賞のライジング・スター賞を受賞している。

当時16歳のレオナルド・ディカプリオの才能を見出し、映画「ボーイズ・ライフ」の主役に抜擢した、映画監督のマイケル・ケイトン=ジョーンズは、映画「Urban Hymn」に彼女をキャスティングした際に「このような感覚を得たのはレオナルドの時以来」と評価している。

整形

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram https://www.instagram.com/letitiawright/
Twitter https://twitter.com/letitiawright/
Weibo
YouTube

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る