宮田愛萌

日向坂46(けやき坂46) AKB・坂道

宮田愛萌について

宮田愛萌は、けやき坂二期生であり、メンバー最年長でもある。

ひらがな二期生オーディションの審査時の「SHOWROOM」配信後、2017年9月に放送された『欅って、書けない?』の自己紹介企画にて初のテレビ出演を果たす。

2018年1月末に行なわれた武道館公演にも出演し、キャッチコピーは「みなさんのハートを萌えさせる和風娘」である。

基本プロフィール

芸名 宮田愛萌 (Manamo Miyata)
本名 宮田愛萌 (Manamo Miyata)
国籍 日本
性別 女性
身長 158cm
体重 0kg
血液型 A型
誕生日 1998年04月28日 (22歳)
干支
星座 おうし座

所属

参加グループ

日向坂46(けやき坂46)

事務所 ソニー・ミュージックレーベルズ

好きなタイプ

彼女がけやき坂に加入する前に受けていたインタビューでは、真面目な人が好きであると述べていた。

性格

キャッチコピーで「みなさんのハートを萌えさせる和風娘」と謳っているように、和風な感じが漂っている。『欅って、書けない?』の自己紹介前に流れる自撮り映像では、最敬礼をするシーンがあり、礼儀正しい印象が見受けられた。本当は早い段階でアイドルになりたかった彼女ではあるが、校則によりそれが禁じられていたため、高校を卒業してからオーディションを受けるなど、生真面目な一面がある。一部のファンの間では「島崎遥香に雰囲気が似ている」とよく言われるようだ。一方で滑舌が悪く、ラ行が苦手というお茶目な一面も兼ね備えている。また、普段は両親とは仲がとてもよく、最近反抗したのはオーディションを受ける際にぶつかったくらいであり、親思いである。ちなみに父親とは隣同士で寝たりすることもあるほど。また、お寿司の食べ方が非常に特殊であり、『欅って、書けない?』の新年会企画では彼女独特の食べ方を披露し、MCからは「セクシーな食べ方」と評された。

趣味

主に御朱印集め、読書、お菓子作り、アイドル鑑賞である。特に御朱印集めに関しては、相当マニアックであるようで、『欅って、書けない?』の自己紹介企画では、「乃木神社」の御朱印と「伊勢神宮」の御朱印を集めていたことが判明した。彼女曰く、「これらの御朱印を棺桶の中に入れると天国に行ける」そうで、MCの二人から、「もう死ぬときのこと考えてるの?」と盛大に突っ込まれている。読書は両親の影響を受けてよく本を読むようになったという。

特技

特技は最敬礼。自己紹介前の自撮り映像にて披露された。

デビュー前の経歴

中学高校の頃はダンスをしていた。元々彼女はアイドルに憧れており、乃木坂46や欅坂46のファンであったものの、自宅環境が厳しめで握手会やライブには参加する事ができなかった。彼女が通っていた学校は、校則が厳しく、芸能活動を固く禁止していたために、やむをえず学校を卒業してから、ひらがな二期生オーディションを受けることとなった。また、けやき坂46に加入する前は、一般人としてインタビューを受けていたことが判明し、その動画がyoutubeに挙がっている。オーディション審査時の「SHOWROOM」配信では、はきはきした口調で視聴者に話していた。このときは本名を明かしていなかったため、視聴者からは、彼女の左目が時折、三重になることから「みえちゃん」と呼ばれていた。合格した際に行われたお礼配信では、思いっきり喜びを爆発させている彼女の姿が見られる。何度も何度も視聴者に感謝の言葉を述べている部分も印象的である。

出身・家族・学歴

兄弟 いない
高校 不明
大学 國學院大學

周囲からの評判

「ひらがな二期生おもてなし会」では、全体の進行役を務め、おもてなし会における重要な役割を果たした。また、「おもてなし会」が終了した後に、ブログにて各メンバーが「おもてなし会」でしたことやメンバーごとのエピソードをまとめている。特に彼女自身は松田好花に頼りすぎた場面があり、とてもありがたかったと語っている。また、仲の良い丹生明里との絡みもこのブログにて綴られており、宮田自身の特別な癒しになっていると思われる。

整形

なし

日向坂46(けやき坂46)のYouTube Channel

日向坂46(けやき坂46)のメンバー

関連するアーティストを見る