高本彩花

日向坂46(けやき坂46) AKB・坂道

高本彩花について

高本彩花は、SKE48の松井玲奈に憧れて、自分もあの舞台に立ってみたいという気持ちが芽生え、けやき坂46のオーディションに応募した。

性格は非常にネガティブな一面があり、しばしば泣き顔を公開することもある。しかし、多絶叫マシンなどは大好きだという。反対にお化け屋敷などは苦手である。

愛称は「たけもと、てけもと」で、メンバーの東村芽依と非常に仲が良い。

基本プロフィール

芸名 高本彩花 (Ayaka Takamoto)
本名 高本彩花 (Ayaka Takamoto)
国籍 日本
性別 女性
身長 162cm
体重 0kg
血液型 B型
誕生日 1998年11月02日 (21歳)
干支
星座 さそり座

所属

参加グループ

日向坂46(けやき坂46)

事務所 ソニー・ミュージックレーベルズ

好きなタイプ

情報なし

性格

高本彩花は、物事を悲観的に捉えやすいネガティブな性格であり、感情が溢れ、人前でも涙を流すことがよくある。初期の全国握手会では、緊張のせいで泣いてしまい、握手会の進行をたびたび遅らせたこともある。

さらに、『欅って、書けない?』にて、富士急ハイランドで行われた「初めてのリアクション企画」では、ペアでお化け屋敷に入るものであったが、本人は入る前から泣き顔になっていた。

趣味

高本彩花の趣味は、ショッピング、魚屋のにおいを嗅ぐこと、アイスを大量に買うことである。

ショッピングでは、メンバーの中でも特に仲がいい東村芽依と一緒に行くことが多い。

また、魚屋のにおいを嗅ぐと元気が出る、と語っており、漁師の娘に生まれたかったと公表している。

特技

高本彩花の特技は、弓道であり、高校時代に弓道一級を取得し、かなりの腕前を持っている。

弓道を始めるきっかけは、井上真央主演の映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』にて、弓道をしているシーンに惹かれたためであるという。

また、けやき坂46のミュージックビデオ『誰よりも高く跳べ!』では、彼女が矢を放ち、的に命中させているシーンが冒頭に存在している。

デビュー前の経歴

高本彩花は、SKE48の松井玲奈の卒業コンサートでのダンスパフォーマンスの迫力に圧倒され、自分もいつかあの舞台に立ちたいと思ったことが、デビューを目指したきっかけであると話している。

審査では、書類審査が難航したこともあるが、「SHOWROOM」の顔出し配信では、積極的に自分をアピールし、ファンを着実に増やしていった。

合格後のインタビューでは、「みんな、すごく綺麗で、自分は絶対受からないと思っていた。しかし、あきらめないでオーディションを受けて本当に良かったと思います!」と嬉しそうに語った。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 曽屋高校
大学 進学していない

周囲からの評判

高本彩花は、メンバーの東村芽依と非常に仲が良く、握手会やライブ、「SHOWROOM」の配信などいつも一緒にいる様子が見受けられる。

また、東村の誕生日と握手会の日程が近い時には、自身のファンに、「東村芽依のレーンに行く方は、是非おめでとうと言葉を贈ってくださると私もうれしいです。」と綴り、彼女のことを本気で想っていることがわかる一面を見せている。

整形

なし

日向坂46(けやき坂46)のYouTube Channel

日向坂46(けやき坂46)のメンバー

関連するアーティストを見る