ヤン・イクジュン

韓国の俳優・韓流スター

ヤン・イクジュンについて

ヤン・イクジュンは、映画監督兼俳優として広く知られている人物である。ソウルで生まれ、コンジュ映像大学演芸演技科を卒業して、2002年の映画『品行ゼロ』が映画初出演となった。

最も有名な作品としては、2009年の独立映画『息もできない』がある。ヤン・イクジュンは、脚本、監督、主演の三役をこなし、この作品を契機に名前が知られるようになった。同年、第7回太平洋映画祭大賞、第10回東京フィルムエックス映画祭では史上初となる大賞、観客賞を同時に受賞した。

その他にも多数の映画やドラマに出演した。2017年には新たな分野、バラエティ番組『燃える青春』に出演して関心を集めた。

基本プロフィール

芸名 ヤン・イクジュン (Yang Ik June)
本名 ヤン・イクジュン (Yang Ik June)
国籍 韓国
性別 男性
身長 170cm
体重 72kg
血液型 B型
誕生日 1975年10月19日 (44歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 なし

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

2013年、リュ・ヒョンギョンとその1年前から熱愛中だという報道が流れたことがある。当時の報道によると、2人は2011年、短編映画『ディパーチャー』の中で主人公と演出家という間柄で出会い、恋人関係に発展したとされている。その後も映画を媒介として更に関係が深まり、互いの信頼関係を築いていったという。映画界の中では2人の関係を知らない人はいなかったほどである。

しかし、リュ・ヒョンギョンの所属事務所であるプレーンTPC側は、2人の熱愛を否定し、リュ・ヒョンギョン本人も「ヤン・イクジュン氏とはただの仲が良い知り合いなだけだ」と否定した。一方、ヤン・イクジュンは「この噂のおかげでずいぶん有名になった」と冗談っぽく明かした。

好きなタイプ

ヤン・イクジュンは昔は外見が美しい女性が好きだったが、今は若い頃に気づかなかった部分に女性への魅力を感じるという。そして、人生の中で様々な困難を自分の力で乗り越えて来た勇気のある女性、自分のことをリードしてくれる女性に惹かれるという。

また、自分自身がいつも固い役柄ばかりをしているため、プライベートでは一緒にいて平穏で気楽になれるような人と出会いたいという。自分に頼るばかりの女性ではなく、逆に自分を甘えさせてくれるような人が理想である。

性格

ヤン・イクジュンは自身の性格を「親しい人たちにすら自分の気持ちを素直に表現できない」と分析しているが、その反面ユーモアセンスに溢れ、独特の笑い声で周囲の人たちを和ませることでも知られる。

SBSバラエティ番組『燃える青春』に新メンバーとして合流したヤン・イクジュンは、みんなと初めての食事を終えた後、ビデオレターを送る時間になり、父への思いをこめた手紙を読み上げた。初めは恥ずかしそうにしていたものの、手紙を読み始めると急に力がこもり「お父さんにはいつも感謝の気持ちでいっぱいです。特に『息もできない』の映画を作るときには3500万ウォン(日本円で約350万円)を貸していただき真にありがとうございました!」などと話してから一人でガハハと大笑いをした。その後こぶしを握り締め、「お父さん、がんばって生きていきましょう!」と叫び、メンバーたちを笑いの渦に巻き込んだ。さらに母親、妹、甥っ子たちにもユーモアと愛情あふれたビデオレターを送り、家族の愛に溢れたヤン・イクジュン自身の人間的な魅力があふれた。

趣味

余り知られていないが、ヤン・イクジュンはダンスが得意である。中でも一番得意なダンスは「オジンオ(いか)ダンス」である。

2016年5月に放送されたKBS2TV『ハッピートゥギャザー3』の中で、その踊りを披露したところ、それがただのダンスではなくブレイクダンス並みだったため、共演者たちからは感嘆の声が上がり、俳優・監督ではなく、職業がダンサーかと思ったと大絶賛の嵐だった。

ダンスはストレス解消にもなるらしく、自宅ではパンツ一枚で思う存分踊っているとのこと。

特技

ヤン・イクジュンの特技は、趣味と同じくダンスである。

デビュー前の経歴

ヤン・イクジュンの生まれ故郷はソウル。中区の中林洞で生まれたが、蘭谷洞という貧しい住宅街で幼少期を過ごした。中学校の時にはすでに自分の将来の夢として俳優を選んでいたという。商業高校へ進学し、最終学歴はコンジュ映像大学(現在の韓国映像大学)演芸演技学科である。

商業高校在学中、家庭の事情もあり大学進学は考えておらず、卒業後軍隊に入った。軍隊で先輩軍人たちが、除隊後に大学に復学するという話をしているのを耳にし、自分も大学へ入り役者になるという夢をかなえたいという気持ちが強くなっていった。除隊後、大学入試に備えて猛勉強をし、コンジュ映像大学(現在の韓国映像大学)を志望しめでたく合格し、自らの夢をかなえる大きな一歩を踏み出した。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 商業高校
大学 韓国映像大学 演芸演技科

周囲からの評判

ヤン・イクジュンは、自らが監督、出演した2009年の独立映画『息もできない』で大ブレイクし、38個もの賞を手にし、世界中から注目を浴びることとなったのだが、このブレイク後、無感症となり、やるきを喪失してしまったという。演技をすることに何の感慨もなくなり、監督という仕事が大きな負担となり、4~5年ほどスランプだった。

その後2017年、バラエティ番組『燃える青春』に出演することとなり、同年代かつ芸能人という同じ職業を持つ人々と交流することにより、また元気を取り戻してきた。そして共演したメンバーたちと、いつか映画を撮りたいという気持ちが生まれたそうだ。

整形

なし

関連するアーティストを見る