パク・ヘジン

韓国の俳優・韓流スター 韓国の歌手

パク・ヘジンについて

パク・ヘジンは、2006年KBSドラマ『噂のチル姫』でデビュー。年下の彼氏役を演じ、そのイメージが強く残り、「国民的年下の恋人」と呼ばれた。同年KBS演技大賞にて新人演技賞を受賞する。2007年、KBSドラマ『空くらい地くらい』では主役に抜擢され、2008年MBSドラマ『エデンの東』などに出演し、MBC演技大賞新人賞を獲得し、誰もが知る俳優となった。

2010年、「PHj KISS」という独自のジュエリーブランドを発表。同年2月には日本でも活動を開始し、シングル「運命の轍」「君のために」を発売し、ファンクラブも結成されるほど人気を出していった。

その他、出演ドラマは『熱血商売人』『いとしのソヨン』『星から来たあなた』『悪いやつ』『チーズ・イン・ザ・トラップ』など。中でも『星から来たあなた』は日本だけでなく中国でも評判が高く、多くのファンを獲得した。

基本プロフィール

芸名 パク・ヘジン (Park Hae-jin)
本名 パク・ヘジン (Park Hae-jin)
国籍 韓国
性別 男性
身長 182cm
体重 72kg
血液型 A型
誕生日 1983年05月01日 (37歳)
干支
星座 おうし座

所属

事務所 マウンテンムーブメント
デビュー年 2006

好きなタイプ

パク・ヘジンは、自身の恋愛スタイルは、「イオン飲料」のようなさっぱりした付き合いだという。お互い適度な距離を置き、あまり干渉をしない付き合いが理想であり、恋人に甘えたり何かをプレゼントしたりというのが苦手である。

釜山出身の男性は、日本でいう九州男児のようにぶっきらぼうなタイプが多いのだが、パク・ヘジンもその一人のようだ。家庭的な女性が理想なタイプだが、俳優という職業柄、日々のスケジュールが不規則になってしまうが、長い間家を空けていても家のことをやりくりしてくれるしっかり者の奥さんがほしいという。

パク・ヘジンは、40歳前には結婚したいと思っており、子供はしばらくのあいだ奥さんと新婚生活を満喫してから作りたいとのこと。

性格

パク・ヘジンは、感情の起伏が激しいのだが、自分の気持ちを表に出さないように努めているという。繊細で他人の目を気にする性格のためか、デビュー前にうつ病と対人忌避症を患い、数年間病院に通って治療を受けていた。そんなナイーブな彼なのに、様々な悪い噂を流されてしまい、精神的にかなりの苦痛を負わされ、またいつうつ病の症状が出てもおかしくないと事務所のほうでも心配をしている。

パク・ヘジンは、かつて、うつ病になってしまった時期は、実の姉がヘジンのことを非常によく気遣い、面倒を見てくれたそうだ。病院にも一緒に付き添ってくれたり、その後兵役不正疑惑の噂で苦しめられた時、姉は臨月だったにもかかわらず自分のことを守ることに全力を尽くしてくれたそうだ。姉の子供は、お腹にいるときから辛い思いをさせてしまったという気持ちがあり、一生かけて償いたいと言っている。

パク・ヘジンは、いつも落ち着いておとなしいというイメージを与えるが、反面茶目っ気がありおやじギャグが大好き。自らも「実は僕は面白い男だ」と言っている。

大勢の人と一緒にいるよりも一人でいることを好む。姉に対してはついつい小言を言ってしまうそうだ。姉が芸術面に関してとても疎いので、我慢できずにあれこれ口出しをしてしまうという。

趣味

パク・ヘジンの趣味は、ナイキのスニーカーを集めること。これが尋常ではなく、鑑賞用と実際に履く物と分けられているのだ。合わせて1800足まで集め、「おたく」の境地だ。自宅の玄関は靴箱がずらっと並び、まるで靴屋の倉庫状態となっている。

パク・ヘジンは、スニーカーを集め始めた理由の一つに、幼い頃家庭が貧しく、履きたい靴も買えかったことがある。観賞用のスニーカーは防湿剤を入れたジッパーバックに保管され大切におかれており、世界のナイキマニア7人の中の一人として選ばれている。

特技

パク・ヘジンの趣味は、料理である。

デビュー前の経歴

パク・ヘジンは、芸能界にデビューする前に様々な苦労を味わったそうだ。tvNトーク番組の中で、デビューする前は様々なアルバイトや社会経験をしたことを明かした。

パク・ヘジンは、元々はデザイナーになりたいという夢があったのだが、裕福な家庭ではなかったため、大学に通うことも途中であきらなければいけなかった。お金を稼ぐためにテープ工場での流れ作業をしたり、ビアホールにてウェイトレスとして働いたこともあった。そこでは、主におつまみ類を作る仕事を担当していた。その後、衣類を販売する仕事をし、買い付けでソウルに寄った際、所属事務所の社長に出会うこととなったのがデビューのきっかけという。

パク・ヘジンは、デビューする前の二年間、俳優になるためのトレーニングをしていたのだが、その当時は ビルの5階の屋上にある屋上部屋(韓国では屋上部屋は家賃が安い)に住んでいたそうで、所属事務所の経営が厳しく家賃も滞納しており、大家さんにばれないように毎日しのび足をしながらこっそりビクビクと過ごしていたと、その頃の苦労話を披露した。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国
出生地域
高校 釜山情報高等学校
大学 ソウル総合芸術専門学校演劇芸術学科

解散・引退について

周囲からの評判

パク・ヘジンは、様々な悪い噂に翻弄され、気苦労の絶えない人物だ。2002年、肺結核のため再検を受け、2003年には対人恐怖症・うつ病などの神経疾患と診断された。それが理由となって2004年に兵役の義務を免れたのだが、これは兵役逃れをするための細工だったとインターネット上に誰かが曝露をし、一時波紋を呼んだ。しかしパク・ヘジンはうそではなく事実だと主張し、うつ病の通院履歴を公開した。

パク・ヘジンは兵役免除の後も、2年6ヶ月ほど通院していたカルテが残っており、晴れて潔白となったが、パク・ヘジンはホストだったこともあるという噂が流れた。2002年にホストバーで撮影されたとされるその写真は、パク・ヘジンが一緒にうつった男性たちと同じベルトをしめているのだ。2002年に肺結核だったはずの彼なのに、その年にホストバーでお酒を飲んでいたというのはつじつまが合わなくなってしまうが、このホスト説も、何者かの悪意のあるデマということで、事務所側も全面的にこの噂を否定しており、これ以上真実でない悪質なデマを流す場合、法的な措置をとると強い姿勢に出ている。

その他、2016年9月23日に起こった慶州大地震のために約500万円寄付した。

整形

なし

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram https://www.instagram.com/_parkhaejin/
Twitter
Weibo
YouTube

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

パク・ヘジンの楽曲

すべての楽曲を見る

関連するアーティストを見る