手塚とおる

手塚とおるについて

手塚とおるは、日本で活躍する俳優である。1985年に、舞台「黒いチューリップ」でデビューした。

その後、1986年から劇団健康に参加し、1992年の解散まで全作品に出演した。シリーウォークプロデュース「お茶と同情」の演出を手掛ける。2013年に、1話限りの出演ながら「半沢直樹」で演じたイヤミな役柄が評判になって以降、映像作品にも多く出演し、活躍している。

基本プロフィール

芸名 手塚とおる (Toru Tezuka)
本名 手塚とおる (Toru Tezuka)
国籍 日本
性別 男性
身長 175cm
体重 51kg
血液型 B型
誕生日 1962年06月27日 (58歳)
干支
星座 かに座

所属

事務所 トライストーン・エンタテイメント
デビュー年 1983

好きなタイプ

手塚とおるの好みのタイプについて、情報はないのだが、自身で「自分自身がネガティヴで奥手な性格である為、結婚すると面倒くさいと思う。」や、「俳優業に集中しすぎて、恋愛は二の次。」または、「彼女ができても、彼女から振られる。」と語っており、恋愛はできないタイプであると言える。

性格

手塚とおるは、本人曰く「超ネガティブで、プレッシャーに弱い」性格との事である。ネガティブ志向の固まりで、「自分に関心を持つ人など誰もいない」とまで考えてしまうそうである。

また、彼女と一緒の部屋にいるだけでも、そのプレッシャーに耐えることができず、理由をつけて外出し、そのまま外で読書をしながら、数時間してから帰宅するという話があるという。この事から女性に対して、かなりシャイな性格である事が伺える。

趣味

手塚とおるの趣味は、アメリカンポリスのグッズ収集である。

周囲からの評判

手塚とおるは、『アウト×デラックス』に出演した時に、「僕の気持ちもよくわからないのに、役の気持ちなんて言われてもよくわからないな」や、「セリフは、忘れるのが前提ですからね」と話し、同じ俳優坂上忍から「くそ論理」や、「くそ野郎」と言われた。ネット上でも、「クズ過ぎる」「不思議な人」と言われ、周りの評価はあまり良くないようである。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る