木村文乃

木村文乃について

木村文乃は、2004年のDHC協賛の映画、『アダン』のヒロインオーディションにて、応募者3,074人の中からヒロインに選ばれ、2006年公開の同作品にて、女優としてデビューした。

同年5月公開の映画『風のダドゥ』では、映画初主演を、同年11月には、NHK大河ドラマ『功名が辻』で、テレビドラマ初出演を果たす。更に、2008年秋から2009年春に放送された、NHK連続テレビ小説『だんだん』では、三倉佳奈演じるヒロインのライバル舞妓役を演じる。

その後、仕事に恵まれず、アトピー性皮膚炎が悪化し、カメラの前から遠ざかり、芸能活動を一時休止することになる。しかし、23歳の時に、現所属事務所トライストーン・エンタテイメントにスカウトされ、芸能活動を再開した。CMで知名度を上げ、今ではドラマや映画など、引っ張りだこの女優である。

基本プロフィール

芸名 木村文乃 (Fumino Kimura)
本名 千葉文乃(結婚後) (Fumino Chiba)
国籍 日本
性別 女性
身長 164cm
体重 0kg
血液型 AB型
誕生日 1987年10月19日 (32歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 トライストーン・エンタテイメント
デビュー年 2004

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

木村文乃と松坂桃李は、ドラマ『サイレーン』で、カップル役で共演した際に、とても自然な2人の様子に「実際に付き合っているのではないか」と勝手に噂されたが、実際にはただのネット上での噂で、事実無根である。

木村文乃は、2016年11月に千葉大樹と結婚した。千葉は、木村の所属事務所の演技講師をしており、木村がトライストーンに所属した時から、演技を指導していた。

始めはただの師弟関係であったが、2014年〜2015年あたりから、徐々に親密な関係になっていったとされている。結婚日は11月11日であり、あえて「1」が並んだ特別な日に、婚姻届を出したと言われている。

好きなタイプ

木村文乃は、まっすぐなひと人がタイプ。「自分がそうなりたいと思える人と一緒に、向上していきたい」と言っていることから、尊敬できる相手が良いとされる。

また、「自分の好きなことをやっている人を見守っていることが、好きかも知れない」とも話しており、自分の好きなことに向かって、一生懸命な人を支えたい性格の為、好きなことにまっすぐに打ち込む人が好みである。

そして木村が得意としている料理を「たわいもない話をしながら、美味しく食べてくれる人が良い」とも話している。

性格

木村文乃の幼少期は、とてもおてんばで、活発な性格であり、弟と一緒に木登りや鬼ごっこなどをして、外で遊んでいた。また、心優しい性格で、木村自身が猫アレルギーであったにも関わらず、捨てられた猫を拾って、家に持ち帰る程であった。

しかし、人と関わることが苦手で、サバサバした性格であった為、1人行動が好きで、気が向いたら1人旅などにも行っている。人見知りな部分も少しあった為、デビューした当初は、オーディションを受けに行っても、うまくいかず、ダメな日が続いたという。

更に自ら、「『ちょっと変な子』と、周りから思われることが多い」
と話していた。学生時代も、グループには入らず、輪に入っておしゃべりをするようなタイプではなく、「不思議ちゃん」扱いされていた。

しかし、芸能界に復帰してしばらくした時に、「このままではだめだ」と思うようになる。今まで自分が弱くなってしまうような気がして、言えなかった「ありがとう」や「ごめんなさい」をちゃんと言うようにし、周りのスタッフや関係者を信じ、初めて自分と向き合うようにし、感謝の気持ちを忘れず、色々な人に感謝をしながら、行動をするようになった。

趣味

木村文乃の趣味は、料理、映画鑑賞、散歩、写真、スキューバダイビングである。料理は、プロの腕前であり、「ふみ飯」と言われる程世間でも有名で、自身のインスタグラムでは、度々自分が作った手のこった料理や、景色の写真を載せている。

スキューバダイビングは、年間で35本潜る程、とてもハマっている。ダイビングに行った帰りに、温泉に入ることも多く、多くて週1回のペースで、温泉に入る程温泉も好きである。

また鉄道ファンであり、『笑っていいとも!』に出演した際、タモリと鉄道の話で盛り上がっていた。将来の夢は、「電車を乗りつくすこと」とも語っている。とても多趣味であることがわかる。

特技

木村文乃の特技は、乗馬、スキー、剣道である。

剣道は初段を持つほどの腕前である。また、テレビなどで見た料理を瞬時に自分で再現でき、動画でグリーンカレーを作っているシーンを見ていて、早速実践して、完成したものをインスタグラムに載せていた。

デビュー前の経歴

木村文乃は、幼少期は弟と外で木登りなどをして遊ぶ程、活発でショートカットな見た目であった為、男の子と間違えられる程、男のような性格であった。弟との喧嘩でも、「弟に普通に戦ったら、負ける」と思い噛み付く程であった。

そんな幼い頃から、実は女優に憧れを持っていたが、言い出すこともなく、更に高校生活が楽しすぎて、将来のことを考えることもなかった。そんな時に、映画『アダン』のヒロインオーディションの存在をインターネット上で見つけ、「この役をやりたい!!」と一気にスイッチが入り、応募する。

「絶対私にしかできない!」と、強い気持ちでオーディションを受けた為、審査の時に「私が稼がせます。私を選ばないと後悔しますよ」と、監督の前で発言したことが、監督に強烈なインパクトを与えた。その後、3074人の応募者の中から合格し、女優デビューをすることになる。

しかし、このオーディションのことを親に話しておらず、更に木村自身が反抗期であったことから、大暴れしてカセットレコードを壊したり、自分の部屋の壁に、穴をあける程の親と大げんかすることになった。しかし、最終的には親を説得し、無事映画出演を果たす。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 国際文化学園高等部
大学 進学していない

周囲からの評判

木村文乃は、以前ドラマで共演した木村拓哉からは、「ご一緒する前は『女性らしくて、女性からも愛される女性』そういう方なんだろうなって思っていました。撮影入る前、キャストたちで、お食事させてもらう機会があって、その時に、女性らしすぎず、しっかり食らいつく方だと思いました。今回ドラマで、オペナースの柴田由紀ってキャラクターを演じられているけど、食事のその席では、半分柴田さんになっていたというか、その前のめりな感じが意外でした。もっとおっとりして、ほわっとふわっとしている方かと思っていたから。『こうっすよねえ』って『こうしてった方がいいと思うんすよ』って『こうですよね』というより『こうっすよね』って感じ。僕はそういう方の方が、すごく嬉しいです」と木村を評価していた。

整形

木村文乃は、目を整形しているという噂がある。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る