綾野剛

日本の俳優

綾野剛について

綾野剛は、1982年に岐阜県に生まれた、日本の俳優である。高校までは陸上競技に打ち込み、陸上選手として、岐阜県の大会の800m走で優勝した。2000年3月に、高校卒業と同時に上京する。

モデル、バンド活動などを経て、2003年に『仮面ライダー555』で、俳優デビューを果たす。2004年には、ドイツのpandola Film製作の長編作品『Valley Of Flowers』に出演した。音楽プロジェクトmr.aにおいて、作詞・作曲を手がけ、2005年5月3日に、表参道THE ORBIENTで行われた。

「INFECTIONNOID 05-06 AUTUMN & WINTER COLLECTION」では、音楽と演出を担当した。その後、音楽からは身を引き、以降は役者として活動に専念している。

基本プロフィール

芸名 綾野剛 (Gou Ayano)
本名 川井剛 (Gou Kawai)
国籍 日本
性別 男性
身長 180cm
体重 60kg
血液型 A型
誕生日 1982年01月26日 (38歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 トライストーン・エンターテインメント
デビュー年 2003

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

綾野剛と戸田恵梨香の熱愛が発覚したのは、2010年の夏頃に、週刊誌が2人の熱愛を報じたことであった。週刊誌は、綾野と戸田が、新幹線で旅行している様子を写真付きで報じた。

戸田は、交際している男性を父親に必ず紹介しているようで、「週刊誌が報じた旅行は、戸田の父親に綾野を紹介する為のものだったのでは?」と言われていた。

2人は、綾野の親友である、山田孝之の紹介で出会い、交際に発展した。3年ほど交際し、同棲もしていた為、結婚間近とも言われていたが、売れてきて天狗になり、偉そうな態度を取り続けた綾野に、戸田が抱えきれないほどのストレスを抱え、破局することになったという。

綾野剛と佐久間由衣は、2016年に『スポニチ』で熱愛が報じられた。2人は、俳優仲間の紹介で知り合い、趣味が似ていることもあり、また綾野が努力家な性格の佐久間のことを好きになり、アプローチしてすぐに交際に発展した。

『スポニチ』によると、小栗旬や映画関係者との食事会で、佐久間を彼女として紹介していたとのことである。また、「佐久間がスーパーで食材を購入し、そのまま綾野の自宅マンションへ行った」という情報があり、綾野の家で、手料理を振る舞ったとされている。

佐久間は、忙しい中でも、綾野のマンションへ毎日のように通っていた。しかし、双方の事務所は交際を否定しており、小栗も「佐久間と会ったことはない」と否定した。

好きなタイプ

綾野剛は、「顔に惹かれる」と話している。「その人の人生が出ていて、想像力をかき立てられる顔が、素敵だなって思います。年齢ごとに持つ顔は、違うと思うんですけど、その年齢にあった顔を持つ女性が、最大のタイプかもしれない」と語っている。

顔で好きなのは、「笑顔に関しては、新垣結衣さんは、素晴らしい笑顔だなと。100点の笑顔」と話した。また、「自分が激しいので、穏やかな人が良い」と話しているが、「喜怒哀楽のはっきりした、気持ちがよく分かりやすい女性が良い」とも話している。

性格

綾野剛は、見た目はクールで、冷静そうに見えるが、実際は優しくて天然な性格である。本名よりも芸名に慣れてしまい、病院で呼ばれていたことに気が付かず、長時間待合室にいたことがある。

ストイックに役作りに励むタイプでもある為、人気フルCG長編映像作品のアフレコで、初めて声優に挑戦した時、世界観に没頭しようと考え、部屋を暗くして台本を読もうとしたら、真っ暗で読めなかったというような、天然なエピソードがある。

このように、面白い一面もあるが、演技に対する姿勢はストイックであり、映画『怒り』で、妻夫木聡と同棲する、ゲイのカップルを演じた際、役作りの為に、実際に妻夫木と2人で、少しの間一緒に暮らしたことがある。

「自分の演技に満足した時が、自分が芸能界を引退する時だ」とまで言っている。また、人が好きで、社交的な性格であり、初めて乗った初対面のタクシーの運転手と仲良くなり、そのまま飲みに誘った程、フランクな性格である。

その人柄には、ダウンタウン松本も絶賛している。小栗旬や山田孝之、松坂桃李や沢尻エリカなど、芸能界を中心に、交友関係が広い。

趣味

綾野剛の趣味は、映画鑑賞、写真、ギターである。

ギターは、俳優になる前にバンド活動をしており、ギターを担当していた。綾野が主演した映画『新宿スワン』で、主題歌を担当したバンド「MAN WITH A MISSION」と、挿入歌を担当したバンド「UVERworld」のライブイベントに、スペシャルゲストとして参加し、2組のバンドとギターで、セッションしたこともある。

更に2012年に出演した、ロックオペラ『サイケデリック・ペイン』では、ギタリスト役を演じた。バラエティ番組『櫻井有吉アブナイ夜会』に、ゲストで出演し、ロケで楽器屋に行った際、ギターに夢中になり、スタッフがいるにも関わらず、ギターの試奏を15分やり続ける程ギターが大好きである。

特技

綾野剛の特技は、タイピングと陸上である。

陸上は、中学・高校時代に陸上部であり、夜遅くまで自主練をやる程、陸上に力を入れていた。中学時代には、県大会の800m走で優勝し、高校2年生の時に、同じ種目で県大会2位になる程の実力者であった。

本人は、箱根駅伝を目指していた程、走りには自信があったという。箱根駅伝が憧れであり、毎年正月は箱根駅伝を観て、号泣するという。箱根駅伝が好きすぎるあまり、変な特技として、「箱根駅伝が好きすぎて、どんなことでも箱根駅伝で例えられる」と、ラジオで暴露したことがある。

デビュー前の経歴

綾野剛は、中学・高校時代は陸上部で、800m走で中学時代は県大会優勝、高校時代には県大会2位と、好成績を残している。大好きな箱根駅伝に出場することが、夢であった。

しかし18歳の時、たまたま観ていたテレビのお天気カメラで、映し出された渋谷のスクランブル交差点を見て、「ここに行かなきゃ」と思い立ち、高校卒業後に単身で、上京した。

その当時所持金は、15万円程であった為、ヒッチハイクで上京したそうだ。その時の心境を綾野はテレビで、「当時の記録で、渋谷のスクランブル交差点には、1日50万人が通るらしいんですけど、『自分は、その場所の真ん中に立たなきゃいけない』という気持ちに駆られまして」と、衝動的な動機であったことを振り返っている。

上京してからは、アルバイトをしながら、バンド活動やモデルとして活動した後に、2003年に『仮面ライダー555』でデビューを果たす。2009年に出演した映画『クローズZEROⅡ』で、小栗旬と仲良くなり、俳優としての姿勢も評価され、小栗に今の事務所に誘われ、トライストーンへ所属することとなる。

出身・家族・学歴

兄弟 いない
出生国 日本
出生地域 岐阜県
高校 関市立関商工高校
大学 進学していない

周囲からの評判

綾野剛について、バラエティ番組で共演した小島瑠璃子は、綾野とプライベートで飲んだ際に、「女としてじゃなくて、人と人として向き合ってくれるから、お酒飲んでても、すごい楽しい」と人柄を絶賛した。

坂上忍も、「綾野君が番宣で番組に来られて、共演したことがあるんですけど、いやらしいくらい、できた人間…各楽屋をぺこぺこ挨拶して回っていた。ものすごい協力的」と、綾野の人たらしを褒めていた。

また、映画『亜人』で共演した山田裕貴は、「綾野さんは肉体改造中で、食べれなかったのに、ご飯に連れてってくださった」と、綾野が肉体改造中で食べれないにも関わらず、山田ら共演者の後輩3人をご飯に連れて行ったという、エピソードを明かした。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る