瀧本美織

瀧本美織について

瀧本美織は幼い頃から芸能界に興味があり、地元は鳥取県だが、本格的にダンスを習いたくて、東京のダンススクールに小学5年生から通っていた。その事が実ってか、2003年にダンス&ボーカルユニット「SweetS」としてエイベックスよりデビュー。2006年に同グループは解散し、2008年に現在の芸能事務所に移籍した。

その後、女優としても活動するようになり、2010年にはNHK連続テレビ小説『てっぱん』のオーディションで約1200名の中から選ばれ、見事主演を務め一躍人気になった。

基本プロフィール

芸名 瀧本美織 (Miori Takimoto)
本名 瀧本美織 (Miori Takimoto)
国籍 日本
性別 女性
身長 162cm
体重 45kg
血液型 O型
誕生日 1991年10月16日 (28歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 スターダストプロモーション
デビュー年 2003

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

藤ヶ谷太輔と瀧本美織は、2011年TBSドラマで共演している。このドラマでの共演がきっかけで2人は仲良くなり、すぐに交際がスタートした。実際に報道が出たのは2015年だが、交際をスタートしたのが本当にドラマの時期であれば、交際歴4年程になる。

藤ヶ谷太輔のマンションに通う瀧本美織が目撃されており、他にも同じデザインの指輪をはめているなど写真が出回った。お互いの事務所は「本人に任せている」とコメントした。しかし、その後週刊誌の取材で、藤ヶ谷太輔には高校時代から付き合っている女性がいると報道され、その報道後破局している。

尾上松也は若手の歌舞伎俳優であり、ドラマやバラエティ番組などでも活躍している。交際のきっかけは、2016年舞台のミュージカル『狸御殿』での共演である。当時から瀧本のブログなどに何度か尾上松也との2ショット写真を掲載していた事から、仲が良いと噂になっていた。

2016年のフライデーの内容は、尾上と瀧本、ダイノジの大地の3人で食事した後、大地だけ先に帰り、その後2人きりで出かけている姿を写真に撮られたものだった。だが、付き合っているという確実なものは無く、本当に仲の良い友達ではないかとも言われている。

長田成哉は、2010年から2011年まで放送されたNHKの朝ドラ「てっぱん」での共演がきっかけで、瀧本美織との熱愛が噂された。

また、一般の人からの目撃情報でデート現場をSNS上で公開されたことから、ネット上ではこの2人の交際が本当だと大騒ぎになった。

しかし、その後は週刊誌にも撮られたこともなく、滝本は他の人との熱愛説もあったことからただの噂ということになっている。

好きなタイプ

瀧本美織の好きな男性のタイプは、年上で一緒に居て楽しい人だという。また、好きな人ができても自分からはアプローチできないと話している。

今までの恋愛では、友人関係から好きになる事が多く、外見よりも内面重視だという。お互い一緒に居る時のフィーリングが合う事が大事で、基本的には優しい人がいいという。逆に、デートで店員さんなどに横暴な態度を取る人は苦手だと話した。

性格

瀧本美織は性格が良い事で有名である。2012年には『現場スタッフが選ぶ性格の良い女優ランキング』で3位に入っている程だ。

基本的に、瀧本美織は努力家で裏表も無く、おっとりした性格である。誰よりも早く現場に入っていて、その仕事に取り組む姿勢がスタッフの評判につながっている。NHK連続ドラマ小説『てっぺん』のヒロインに選ばれた時、瀧本の役はトランペットを吹ける役で、全くの初心者だった瀧本は猛特訓しマスターしようとしていたという。

他にも、瀧本美織は天然な所もある。ある映画の撮影で腕に特殊メイクをしていたが、その事を忘れて、自分で自分の姿を見てビックリしたことがあるという。さらに、ゴミを出しに行って、オートロックなのを忘れて締め出されるなど、可愛らしい天然エピソードがまだまだ他にもあるという。

瀧本美織はおっとりとした性格の反面、ストイックな所もある。元々歌手として活動していたが、歌手として歌う為に、腹筋を鍛えていたという。それもあって瀧本の腹筋は綺麗に割れており、その努力が形になっている。

趣味

瀧本美織の趣味は読書やカラオケである。読書は主に小説が好きで、作家の湊かなえの『告白』や堀川アサコの『幻想映画館』などが好きと話している。その中でも、山田悠介の『その時までサヨナラ』という本は愛読書であり、ご自身のブログで「読み始めたら止まらず、引き込まれていた」と絶賛している。

また、カラオケは歌う事が好きな瀧本らしい趣味で、十八番はドリカムだという。実際ドラマ内でも歌声を披露しているが、とても上手だと噂になった。プライベートでは友人とご飯食べて、その後カラオケに行くというコースが好きだと話している。

特技

瀧本美織の特技はバトントワリングや短距離走、ダンスである。高校時代はバトントワリング部に入っていた。元々運動神経が良い瀧本は走る事も得意だという。

一番の特技は、ダンスで、小学5年生から始めたダンスは本格的で、歌手デビューした時も歌いながら踊っている。その実力はメンバー内でも上の方で、メインで歌ったり踊ったりしていた。現在でも舞台などで披露したりしている。また、変わった特技の一つに鼻を鳴らす事ができると話している。

デビュー前の経歴

小さい頃から活発で明るかったという瀧本美織。女の子よりも男の子と遊ぶ事が多かったようで、鬼ごっこやサッカーをしていたという。サッカーでは、男の子からボールを奪う事が得意だった。スポーツ万能な事もあって、小学生の時は毎年クラスのリレーの選手に選ばれていた。

習い事も沢山しており、新体操、エアロビ、学生塾などに通っていた。しかし一番習いたかったのがダンスだったという。それは芸能界に興味を持ち始めた時期でもあった。しかし、地元の鳥取で習える場所は無く、わざわざ東京へ習いに行っていた。それだけ芸能に関して本気だったという事が分かる。2003年にはダンス&ボーカルユニット「SweetS」のメンバーに選ばれ、念願の歌手デビューを果たした。

芸能活動しながらも学業に一生懸命で、中学ではソフトテニス部、高校ではバトントワリング部に入っており、高校卒業までは、鳥取から仕事の度に東京へ飛行機で通っていた。高校卒業後に上京し、学業にも一生懸命だった瀧本美織は、亜細亜大学へ入学している。しかし、仕事が忙しい事もあってか一時休学した時期もある。

出身・家族・学歴

兄弟 一人っ子
高校 鳥取敬愛高等学校
大学 亜細亜大学経営学部(卒業したか不明)

周囲からの評判

2017年に放送された、Amazonプライム・ビデオのオリジナルドラマ『ファイナルライフ-明日、君が消えても-』で共演した、韓国の男性アイドルグループ『SHINee』のテミンは、同作のヒロインだった瀧本美織について「本当に優しくて、配慮がとても素晴らしい方だった。一緒のシーンは少なく、あまり話も出来なかったが、武道館にライブを観に来てくれた」と話している。

整形

目元の整形の疑い

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る