柴咲コウ

日本の俳優 日本の歌手

柴咲コウについて

柴咲コウは14歳の時、友達と池袋にいた所をスカウトされた。しかし、両親が芸能界に入ることを反対し、すぐには事務所に入らなかった。

高校生になってから事務所に所属し、芸能活動を始めた。雑誌『ポパイ』のグラビアに載って活動を始め、1999年に出演したCMで、一躍注目を集めた。翌年の2000年に公開された映画、『バトル・ロワイアル』では、約800名の中からオーディションで選ばれた。この映画で、女優として評価された。

基本プロフィール

芸名 柴咲コウ (Kou Shibasaki)
本名 山村幸恵 (Sachie Yamamura)
国籍 日本
性別 女性
身長 160cm
血液型 B型
誕生日 1981年08月05日 (39歳)
干支
星座 しし座

所属

事務所 スターダストプロモーション
デビュー年 1998

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

柴咲コウとISSAは、2001年日本テレビドラマ、『レッツ・ゴー!永田町』で共演している。この共演がきっかけとなり、翌年2002年から交際をスタートさせた。

この頃に、週刊誌でお泊り愛が報道された。家族ぐるみで、柴咲の父親も公認の仲であったという。しかし、交際から2年後の2004年に、破局を迎えたようだ。

原因は、ISSAが宮沢りえと、浮気報道をされたことであるとされている。しかし、別れた後も2人は仲が良く、連絡を取り合っていたという。後に、ISSAは「柴咲と結婚しなかったことを後悔している」と話している。実名は話していないが、年齢や時期などから、柴咲のことのようだ。

柴咲コウと妻夫木聡と言えば、2004年のTBSドラマ『オレンジデイズ』での共演である。このドラマは、柴咲にとって、難役であった。聴覚障害者の役であった柴咲に、妻夫木が優しく接してくれたことで、急接近したという。

2005年に、妻夫木の住まいから、柴咲が出てきた所を報道され、熱愛だといわれた。双方の事務所は、「友人の1人」とコメントしたが、実際妻夫木の誕生日を一緒に過ごしていた。

家族ぐるみでの交際と報じられ、真剣交際だったとされている。しかし、2008年に柴咲が別の男性との熱愛を報じられ、破局説が流れた。交際歴も4年と長かった為、結婚も視野に入れた、真剣交際だったのかもしれない。

2013年6月、週刊誌『女性セブン』で熱愛が報じられた。記事によると、2人は深夜にタクシーで柴咲の自宅マンションに向かい、車を降りるとマンションへと入っていったという。それから1時間ほど経った後、三宅は一人でマンションから出たとされる。

2人は、音楽番組で共演することも多く、旧知の仲だった。その後、2014年に柴崎コウは、中田英寿との熱愛を報じられたため、三宅とは既に破局していると思われる。

2010年5月の『女性セブン』に2人の交際がスクープされた。都内のダイニングバーの最上階にあるVIPルームでの密会が報じられている。チャージだけで7万ほどもするその店を出たあとは、別々のタクシーで松本の家に向かったそう。

2010年放送のドラマ「我が家の歴史」での共演をきっかけに仲を深めた。しかしこの報道がされたあとはぱったりと情報が止まってしまったため、破局したと思われる。松本も柴咲もこの時期は熱愛報道が絶えずあったため、お互い遊びのつもりだったのではと言われている。

好きなタイプ

柴咲コウがインタビューで答えている、男性のタイプは人気漫画『ドラゴンボール』に出ている「ピッコロ」がタイプだという。

「ストイックで孤高。元々優しいのではなく、徐々に愛情が育っていく」そういう恋愛が良いようだ。若い頃は、結婚願望もあったようだが、現在ではあまり結婚願望は無いらしい。

しかし、彼氏ができると、好きになった人に尽くすタイプである。

性格

柴咲コウは、とにかく人見知りが激しいようだ。そのこともあってか、人混みなどは苦手だという。人と打ち解けるのに、とても時間がかかるそうだ。しかし、一旦仲良くなると、気さくな性格になるようだ。

しかし、「睨まれている」と、勘違いされることも多いという。柴咲は目が悪いが、コンタクトをしないという。その為、薄目で見ることがあり、それが睨んでいるように見えて、勘違いされるようだ。

人見知りが激しい事で、性格がキツイと勘違いされることも、多々あるようだ。その他にも、柴咲は男っぽい性格だという。サバサバしており、モノ事をハッキリ言うタイプなようで、友人も女性より男性が多い。

1人で、ラーメン屋などにも行けるらしい。しかしその反面、女性らしい一面も持っている。ゴミの分別もきちんとするくらい、家事が好きで、洗濯が一番得意らしい。節約なども、得意なようだ。

趣味

柴咲コウの趣味は、読書、音楽鑑賞やカラオケである。

読書は昔から好きで、自分の好きな本をブログに掲載したりしている。特に、このジャンルが好きというのは無く、アニメや経済本まで、幅広く読んでいる。

音楽も、クラシックからロックまで、何でも聞くという。カラオケも大好きで、アニメソングやセリーヌ・ディオンなどを歌うそうだ。その中でも必ず歌うのは、小田和正や椎名林檎の曲である。小田の歌は、自分で歌って、泣いてしまうこともあるという。

特技

柴咲コウの特技は、料理である。料理に関しては、こだわりがあるようだ。レシピ本を自分で作るなどしている。

キッチンは、いつも綺麗にしているらしい。米も炊飯器は使わずに、土鍋で炊くそうだ。ゆっくり土鍋でご飯を炊いて、その間におかずを作るという。ほぼ毎日料理をするそうで、コンビニのお弁当などは、ほとんど買わないようだ。おせち料理なども、1から作るなど、本当に得意なようだ。

デビュー前の経歴

柴咲コウは、小さい頃から人見知りの激しい子供であった。父親は厳しく、母親は優しい家庭で育ったらしい。小学生の頃から、男勝りな所があったようで、そのこともあって、年上に見られることもあったそうだ。

中学生になると、バレーボール部に入り、エースとして活躍していた。勝気な性格からか、この時の夢は、トラックの運転手であった。そんな中学時代に、芸能界にスカウトされている。

しかし、厳しかった父親に反対された。それでも、芸能界に興味があったのかは分からないが、芸能事務所に入る為に、まずは母親と事務所に行き、心させてから、父親を説得したらしい。

その甲斐もあって、「高校受験が終わったら考える」と言われた。その後高校に入り、芸能活動を始めたようだ。その頃も、男勝りな性格は健在だったようで、家出をすることもあった。

芸能活動が忙しくなったこともあり、高校2年生の時に中退している。その後は、女優として一躍有名になり、活動の幅を広げた。

出身・家族・学歴

兄弟 一人っ子
高校 東京都立板橋高校(中退)
大学 進学していない

周囲からの評判

柴咲コウの印象について、ドラマなどで共演したスタッフは、「人見知りが激しい方」というのが、一番にあるようだ。しかし、人見知りながらも、現場のスタッフへの気遣いや気配りが、とても良いという。

「性格がキツイ」という噂もあるようだが、柴咲は人見知りで、人と打ち解けるのに、時間がかかることもあって、そういう噂が広がっているのかもしれない。

整形

柴咲コウは、目の二重について、整形の疑いがあるようだ。

公式サイト・SNS

柴咲コウのアルバム

すべてのアルバムを見る

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

柴咲コウの楽曲

すべての楽曲を見る

柴咲コウが作詞した楽曲

すべての作詞した楽曲を見る

関連するアーティストを見る