本郷奏多

本郷奏多について

本郷奏多は、幼稚園の時に母親の勧めで、『仙台SOSモデルエージェンシー』という、仙台の芸能事務所に入った。最初は、地元のスーパーの折り込みチラシのキッズモデルなどをやっていたそうだ。

中学生にあがる頃に、現在の事務所に入った。事務所に入ってすぐ、2002年公開の映画『リターナー』で、俳優デビューを果たす。子役として活動し、仕事の度に地元と東京を行き来していたらしい。中学卒業後に、上京した。

その後は、若手俳優として活躍し、2005年公開の映画『HINOKIO』で、初主演を果たす。

基本プロフィール

芸名 本郷奏多 (Kanata Hongou)
本名 本郷奏多 (Kanata Hongou)
国籍 日本
性別 男性
身長 174cm
体重 50kg
血液型 O型
誕生日 1990年11月15日 (29歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 スターダストプロモーション
デビュー年 2002

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

本郷奏多と噂となった相手、栗原菊野は、両親が堺正章と岡田美里という、芸能一家の女性で、ファッションブロガーとしても知られている。そんな栗原と本郷の熱愛の噂が出たのは、2006年の時である。

当時、同じ日本大学の同級生であった2人だったが、きっかけは、栗原が掲載したブログの写真であった。共通の友人がいたようで、本郷含む男性4名と、栗原含む女性3名で「お泊り会」をしたようだ。

そのブログに載せた写真に、本郷が写っており、熱愛の噂が出たようだ。しかし、実際には付き合っていたという確信は無く、噂止まりだったようだ。

本郷奏多と噂となった相手、夏帆は、本郷と同じ事務所の女優である。本郷と夏帆は、同じ年齢で、同じ事務所ということもあってか、とても仲が良いという。

そのこともあって、熱愛の噂が立ったようだ。しかし、特にフライデーされた事実は無く、仲が良いという理由だけで、熱愛の噂が出たようである。

好きなタイプ

本郷奏多は、好きなタイプとして、「頭が良くて上品な人」と答えている。小さくて、女性らしい人も好みである。大人しい感じの女性が、好きである。

容姿的には、こだわりは無いが、できれば黒髪の女性がいいとのこと。本郷も大人しい方なので、同じような方が好みのようだ。「もし彼女ができるなら」というインタビューに対して、本郷はガンダムが好きなようだが、「その趣味を一緒に楽しんでくれる彼女が理想だ」と話している。

性格

本郷奏多の性格と言えば、有名なのが「極度の潔癖症」ということである。「電車に乗りたくないのは、誰が座ったか分からないから」「他人の手料理が食べられない」など、その潔癖ぶりは、結構酷いようだ。

常に除菌グッズを持っており、自宅に帰っても、シャワーを浴びないと、自分の部屋に入れないなど、生活していく上で、結構大変なようだ。財布なども、持って歩かないという。小銭を触ることが嫌というのもある為、お札はクリップで持っているが、基本的には電子マネーを使用している。

外出することも、苦手な性格なようだ。外気が嫌いで、日光が苦手なので、夏場などでは、日傘は絶対必要だという。しかし、実は優しく、細かい気遣いができる性格なようである。撮影中などで、相手に気をつかわせて話すのも気が引ける為、休憩などがあると、誰もいない所で過ごしているという。

ファンへの気遣いもあり、イベントなどで、奥のファンにも見えるように、椅子には座らず、ずっと立っていたらしい。

趣味

本郷奏多の趣味は、音楽・映画鑑賞や、ギターなど様々である。

音楽は、L'Arc〜en〜Cielが好きで、歌手のhydeとは、幼少期から知り合いのようである。一緒に食事をしたりする程、仲も良いようだ。

ギターは、2006年公開の映画『NANA2』で、ギターを弾く役を務めていた。しかし、全くできなかった為、練習して、弾けるようになったことで、ハマったという。

そんな多趣味な本郷の一番の趣味は、ガンプラである。ガンダムオタクだという本郷は、プラモデルも約200体所持しており、自分からパーツも作ったり出来る程、好きなようである。

特技

本郷奏多の特技は、写真である。他には、ゲームが得意なようだ。特に好きなゲームが、サバイバルゲームだという。サバイバルゲーム用の銃を10丁以上持っており、自分で改造もしている。サバイバルゲームの為の装備品などに使った金額は、50万以上程で、相当好きなことが伺える。

大人しい性格の本郷からは、想像がつかない特技に思えるが、もう1つ意外な特技が、モノマネをすることである。大好きなガンダムのアムロ・レイや、シャアなどのアニメだけでなく、俳優の哀川翔のモノマネもできるという。

デビュー前の経歴

本郷奏多は、幼稚園の時に、母親の勧めもあり、地元の芸能事務所に入っていた。

その後は、そのまま事務所に在籍して、芸能活動を続けながら、学校に通っていた。中学卒業と同時に、母親と上京し、芸能活動が続けられる高校に入った。

すでに、俳優として注目されており、学業との両立は大変だったようだが、日本大学へ入学した。大学へは、電車で片道2時間の通学をして、無事に卒業している。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 日出高等学校
大学 日本大学芸術学部写真学科

周囲からの評判

本郷奏多は、2016年公開の映画『闇金ウシジマくん Part3』の舞台挨拶で、「家にずっとこもっていて、ゲームとかする。休みはいらない」と話し、主食も「お菓子」と答えたりしていた。

そんな本郷に対して、監督の山口雅俊は「この映画を通じて、本郷くんが面白い人間だと分かった。1ヵ月休みがあったら、観察してみたい」と答えた。その個性的な所が、魅力のようである。

整形

本郷奏多に、整形の疑いはない。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る