宮下かな子

宮下かな子について

宮下かな子は、内野聖陽主演の映画『罪の余白』に、エキストラ出演したことがきっかけで、事務所からスカウトされた。

アニメ『艦隊これくしょん -艦これ-』の主題歌である、「海色」のPVに抜擢され、注目を集める。そして、舞台『転校生』では、倍率70倍の中、最終的に21人のキャストの内の1人に選ばれた。

現在は、2018年3月に公開された、福士蒼汰が主演の映画『曇天に笑う』にも出演している、注目の女優である。

基本プロフィール

芸名 宮下かな子 (Miyashita Kanako)
本名 南佳奈 (Minami Kana)
ニックネーム
国籍 日本
性別 女性
身長 162cm
血液型 O型
誕生日 1995年07月14日 (24歳)
干支
星座 かに座

所属

レコード会社
事務所 アミューズ
事務所入所年

好きなタイプ

宮下かな子は、家族を大事にし、目標に向かって頑張っている人が、好みのタイプである。

また、「好きになったら、自分から積極的にいく方だ」とも答えている。

性格

宮下かな子は、週刊プレイボーイで、初グラビアを披露している。自分から、「やりたい!」と頼んだそうで、仕事に対して積極的な性格のようである。

「私、お芝居をする度、いつも『恥ずかしい』と思いながらやったんですね。自分の感情をむき出しにして、人に見てもらうわけですから。でも、その気持ちのままだと、今後女優としてやっていけないと思って。その時、思いついたのが、グラビア。水着になれば、自分の中で、何かが変わるんじゃないかって思ったんです」と語っている。

真面目で、何事にも積極的に挑戦する性格であることがわかる。

趣味

宮下かな子の趣味は、読書とイラストを描くことである。

また、絵を描いて、インスタグラムにあげたり、妹と一緒に買い物に出かけたりもする。映画も好きで、よく鑑賞しに行っているようだ。

特技

デビュー前の経歴

宮下かな子は、1995年の福島県生まれである。幼い頃から、ドラマや映画、舞台に影響を受け、「人の心を動かす演技のできる女優になりたい」と、芸能界を目指していた。

地元の福島県で、高校に通っていたが、2014年の夏に、芸能活動が軌道に乗らず、悩んでいた。そんな時に、思い切って映画『罪の余白』のオーディションに参加した。

その映画出演がきっかけとなり、その後、見事女優デビューを果たした。また、高校時代は、チア部に所属していたという。

出身・家族・学歴

兄弟 妹が2人。
出生地域 福島県
高校 福島県の公立高校
大学 和洋女子大学

解散・引退について

周囲からの評判

整形

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram https://www.instagram.com/miya_kanako/
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正