アリアナ・グランデ

アメリカの俳優 アメリカの歌手

アリアナ・グランデについて

アリアナ・グランデはアメリカ合衆国の女性シンガーソングライターである。また、女優としての経歴も併せ持つ。「ホイットニー・ヒューストンとマライア・キャリーに影響を受けた」と話し、実際に4オクターブを出せるその歌唱力から「ネクスト・マライア」とも言われている。

インスタグラムのフォロワーは2019年6月現在で約1億6千万で、クリスティアーノ・ロナウドに次いで世界で2番目。世界中のファンに愛され、「世界で最も影響力のある100人」の一人に選ばれている。

基本プロフィール

芸名 アリアナ・グランデ (Ariana Grande)
本名 アリアナ・グランデ・ブテーラ (Ariana Grande-Butera)
ニックネーム アリ、リトルレッド、エージ―
国籍 アメリカ
性別 女性
身長 153cm
体重 47kg
血液型 B型
誕生日 1993年06月26日 (26歳)
干支
星座 かに座

所属

レコード会社 リパブリック・レコード
事務所入所年 2011
デビュー年 2008

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ブロードウェイ・ミュージカル『13』での共演をきっかけに2008年から2011年まで交際しており、アリアナのファーストキスの相手である。2019年2月にはアリアナの家で開催されたパーティーの後、一緒にミュージカルソングを歌う動画がアップされた。2019年3月に2人でニューヨークのイタリアンレストランへディナーに出かける様子がパパラッチされた。

2013年の「The Way feat. Mac Miller」で共演して以来の親睦があり、2016年から2018年まで交際していた。

破局から8日後、ミラーが薬物を摂取した状態で交通事故を起こしたことや、アリアナが『サタデー・ナイト・ライブ』に出演していたコメディアンのピート・デヴィッドソンと婚約したことからネット上で批判された。これに対し、アリアナは薬物依存症の恋人に持つことの恐怖を訴えつつ、彼女の力では救うことのできなかったミラーの身を案じる文章をSNSに投稿した。また、遺作『Swimming』リリース前のラジオでミラーは「彼女が人生の次のステップに進むことができて本当にうれしい」と、彼女の婚約を祝福していた。

ミラーの死後、アリアナを揶揄する声がSNS上に溢れる事態もあったが、彼らのファンの多くはアリアナを擁護した。2019年、ミラーの故郷であるペンシルベニア州ピッツバーグでのライブで、アリアナが涙を流したり声をつまらせて歌えなくなる場面があったと報じられた。

2018年5月の交際開始からわずか1ヶ月で婚約を発表したものの、10月には婚約を破棄して世間を驚かせた。アリアナから別れを切り出しており、理由は元恋人であるマック・ミラーの急逝が大きいのではないかとされている。

交際中、ピートはアリアナをモチーフにしたタトゥーを2点入れていたが、破局後に上書きしている。

アリアナのアルバム『Sweetener』にはピートについて歌った「Pete Davidson」が収録されている。この曲にまつわるエピソードとして、ファンからTwitter上で「『ピート』の(曲の)長さはどれくらい?」と聞かれた際に「10インチ(約25cm)くらいかな?」と回答するという珍事件が起こっている。この事件をふまえつつ、「Thank U, Next」のMV中でピートの非常に大きな「アソコ」のサイズについて言及している。なお、これに対して本人は「彼女が小さいからなんでも大きく見える」と否定している。

ショーンがナヤ・リヴェラと婚約していた頃から交際しており、2014年に公となった。同年発売の「Problem」というアリアナの曲では、クレジットのないショーンもカメオで音源およびMVに出演している。2015年にわずか8ヶ月で破局している。別れはショーンから切り出したとされており、当時のアリアナのわがままな態度や金遣いの荒さにショーンが耐えかねたことが原因と言われていた。一方で『Dark Sky Paradise』の収録曲「Stay Down」の過激な歌詞に、アリアナが自身の名誉を傷つけられたと感じたことが原因とする説もある。

アリアナの「Thank U, Next」ではショーンへの言及もなされている。

2019年、ロサンゼルスのレコーディングスタジオの外で一緒に車へ乗るところを目撃されている。ショーンはジェネイ・アイコと破局した直後であり、復縁説も噂されている。

好きなタイプ

少し悪い男風の男性がタイプで「タトゥーがたくさんある人が好き」というアリアナ本人の発言もある。自身の身体にもたくさんのタトゥーが彫られている。

これまで付き合ってきた男性には、イギリス人歌手のネイサン・サイクス、オーストラリアの音楽家ジャイ・ブルックス、アメリカ人ラッパーのビッグ・ショーン、アメリカ人ダンサー兼写真家のリッキー・アルバレス、そしてアメリカ人コメディアンのピート・ダビッドソンが挙げられる。

ピート・ダビッドソンとは2018年5月に交際から1か月で婚約し多くの人を驚かせたが、同10月に破局し、同時に婚約も破棄となった。「今は交際を発展させるタイミングではないと判断した。まだお互いに愛情はある。」と円満破局であることを明らかにしている。

性格

アリアナは、慈善活動に強い関心を持っていて、これまでも、よりよい理想的な世界を実現するために、多くの時間、お金、エネルギーを費やしてきた。真の平等主義者で、偏見や差別を嫌う。12歳のときから、「人に対する親切は自分に返って来るものである」というカバラの教えに従っている。

また、広い視野を持ち、物事を大きな絵を描いて考える。逆に細かいことを気にするのは嫌いな性格である。彼女が語る大きなビジョンは他の人を魅了し、彼女の苦手分野を補う協力者となっている。ビジネスセンスもあり、計画を立てたり、目標を設定したり、それらを達成するためのベストな方法を考えたりする能力に長けている。

趣味

アリアナの趣味は、買い物、映画鑑賞、水泳、そしてもちろん音楽好きである。

大の犬好きでもあり、トゥールーズ、オフィーリア、ココ、シナモン、シリウスという5匹の犬を飼っている。

タトゥーマニアとしても知られ、「千と千尋の神隠し」の千尋のや、「うたいましょう」という平仮名、ポケットモンスターのイーブイなど、日本に関係するタトゥーもいくつか彫られている。2019年には自身のシングル「7Rings」にちなんで掌に「七輪」と彫ったことが話題になった。

特技

日本好きを公言していて、日本語の勉強をし、平仮名を書くことができる。

学校に通っていた時には化学が得意だった。また、2010年にツイッターで「数学が好き」とつぶやいた記録も残っている。

また、もともとチアリーダーをやっていたため体が柔らかく、前後左右に180度開脚ができる。クリス・ブラウンとのコラボレーションで2014年に発表された「Don't Be Gone Too Long」のミュージックビデオでは、アリアナがバレエを踊る美しい姿が見られる。

デビュー前の経歴

歌姫として知られるアリアナだが、初めは女優としてデビューした。2008年にブロードウェイミュージカルの「13」で、チアリーダーのシャーロット役を務めたのが初舞台である。

それ以前も幼少期から歌が好きで、8歳の時にはフロリダのナショナルホッケーリーグの試合で国歌斉唱し、テレビデビューした。

また、10歳のときにはチャリティーを目的にした音楽グループ「Kids Who Care」を結成し、2007年に地元ののために50万ドルを集めた。

出身・家族・学歴

兄弟 異父兄
出生国 アメリカ合衆国
出生地域 Florida
高校 ノース・ブラワード・プレパラトリー・スクール
大学

家族のエピソード・詳細

グラフィックデザイナーである父親のエドワード・ブテーラと民間企業のCEOである母親のジョーン・グランデの間に誕生。異父兄の、フランキー・グランデは俳優をしている。アリアナとフランキーは親友のように仲の良い関係である。

解散・引退について

最初は女優としてデビューしたアリアナだが、25歳の時に女優業からは引退することを発表した。「女優と、歌手と、ダンサーをするのが楽しくなくなった」というのが理由とされているが、詳細なことは明らかではない。

周囲からの評判

友人を大切にするアリアナ。インスタグラムにも、よく友達と遊ぶ姿がアップされ、幼少期からの付き合いの幼馴染もいます。「7Rings」という曲のミュージックビデオには6人の親友が登場しますが、「7Rings」はこの親友たちにアリアナがティファニーの指輪を買ってプレゼントしたというエピソードを元に作られた曲です。

一方、アリアナとの不仲説が流れているセレブも少なくありません。アリアナが他のセレブから批判的な意見を受けることが多いのは有名です。さらに、テレビ番組のプロデューサーからも態度の悪さを指摘されたり、テレビ番組を無断欠席して司会者を怒らせたりといったエピソードもあります。元彼のビッグ・ショーンにも「幼稚で我儘だ」という噂を流されたりと、よくない評判が多すぎるため、ファンの間ではアリアナの今後のキャリアを心配する声もあります。

整形

鼻、頬、唇を整形したのではないかという憶測もあるが、確かな情報はない。自然の顔だという意見の方が多い。

好きな食べ物

菜食主義者のため、動物性の食べ物は口にしない。野菜が好きで、果物ではイチゴがお気に入りである。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る