山本彰吾

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

山本彰吾について

山本彰吾は、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのパフォーマーである。

小さい頃からEXILEに憧れており、中学時代から本格的に地元の岡山県で、ストリートダンサーとして活動を開始した。ダンスのジャンルは、HIPHOPである。THE RAMPAGE内でのキャッチフレーズは、「岡山のテクニカル桃太郎」である。

メンバーからは、「ヤマショー」や「ヤマショウくん」、「ヤマショーさん」と呼ばれているそうだ。

基本プロフィール

芸名 山本彰吾 (Shogo Yamamoto)
本名 山本彰吾 (Shogo Yamamoto)
ニックネーム
国籍 日本
性別 男性
身長 0cm
体重 0kg
血液型 AB型型
誕生日 1995年10月06日 (23歳)
干支
星座 てんびん座

所属

参加グループ

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

レコード会社
事務所 LDH JAPAN
事務所入所年

好きなタイプ

性格

山本彰吾は人見知りで、初対面の人とはあまり話せない性格である。また、自分を動物に例えると「犬」という程の犬好きで、好きな理由としては、「犬は、どストレートな反応が返ってくる。犬は『わ~』ってやったら、『ワンワンワン』って、寄ってきてくれる」ところだという。

また、「ストレートな愛が好きな人は、犬が好き」や、「『よしよし可愛いな』ってやって、向こうも『大好き』ってやってくれるのがいいのは、犬好きな人。逆に『可愛いね』ってやっても、『ふん』ってなったり、デレってなったり、読めないのがいいのは、猫好きな人」と話しており、独自の考えを持っているようだ。

趣味

山本彰吾の趣味は、絵を描くことである。加えて、キャラクターが好きで、特に映画『モンスターズインク』に登場する、マイクが好きである。

また、学生時代の休み時間は、ゲームをしていたなど、インドア派の一面もあるようだ。

特技

山本彰吾の特技は、ダンスである。子どもの頃からEXILEに憧れ、ダンスの世界に身を置き、独学でストリートダンスを始めた。

マイブームとしては、絵を描くことも好きなようだ。また、THE RAMPAGEのメンバーになる前は、飲食店の経営に興味があったという。

デビュー前の経歴

山本彰吾は、幼少期からEXILEに憧れており、中学時代から本格的に地元の岡山県でストリートダンサーとして活動を開始した。2004年には、姉とダンスユニットを結成し、岡山を中心に活動していた。

ユニット名は、「blood」であった。姉弟HIPHOPダンスユニットで、山本自身は、「show-5」という名前で、活動していた。

また、2011年10月に、Warner Music Japanより公開された、CHARICEのミュージックビデオ「One Day」のJapan editionに出演し、バックダンサーとして、ジャパンツアーにも参加した経験がある。

出身・家族・学歴

兄弟
出生地域 岡山県倉敷市
高校 岡山県立倉敷工業高等学校
大学 大学は出ていない

解散・引退について

周囲からの評判

山本彰吾は、周囲のメンバーから、「ヤマショー(=山本)は、とにかく頭が良くてキレるので、(中略)自分じゃ考えつかないことも、ヤマショー視点なら、アイデアがポンポン出て来ると思います」と、評されている。聡明で、頼り甲斐のある存在のようである。

整形

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバー