伊藤健太郎(健太郎)

日本の俳優 日本のモデル

伊藤健太郎(健太郎)について

伊藤健太郎はモデル、俳優である。旧芸名は健太郎。

14歳からモデルとして活動し、17歳でテレビドラマ「昼顔」で俳優デビューを果たした。

問題を抱える高校生役として体当たりで演じたキスシーンは話題を呼び、女性を中心とした視聴者に鮮烈な印象を残した。

その後も俳優として成長を続け、2017年NHK連続テレビドラマ「アシガール」の戦国時代の若君役とタイムスリップした現代の男子高校生役の演技には、礼儀正しくて品のある清潔感があふれ、幅広い年齢層に人気を博した。

2019年第42回日本アカデミー賞で新人俳優賞と話題賞 俳優部門のダブル受賞したことでも知られる。

現在は俳優業のみならず、テレビのバラエティー番組やCM出演、ラジオ番組のDJを務めるなど活動の幅も広がっている。

基本プロフィール

芸名 伊藤健太郎(健太郎) (Ito Kentaro)
本名 伊藤健太郎 (Ito Kentaro)
ニックネーム 健太郎
国籍 日本
性別 男性
身長 179cm
誕生日 1997年06月30日 (25歳)
干支
星座 かに座

所属

参加グループ
事務所入所年 2010

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

『週刊FLASH(2020年1月28日号)』が、2人のデート写真を報じたことにより、交際が発覚。同誌には、スーパーで買い物をしている姿や笑顔で走っている姿など、お正月を一緒に過ごしている仲睦まじい写真が掲載された。

映画の共演を機に意気投合し、2019年の秋頃から交際をススタートさせ、伊藤の家で同棲しているとのことだ。

好きなタイプ

年上の女性としか付き合ったことがないと言うくらい、居心地を良くしてくれる大人の女性がタイプのようだ。

美味しい和食を作ってくれる家庭的な面とサバサバした性格を持ち合わせた女性がいいと言う。

またあるインタビューでは「例えば一緒に住んでいたとして、仕事から帰ってきて玄関のドアをガチャッと開けたら抱きついてきてくれるとか。
きっと疲れが吹っ飛びますよね。そういうのはいいなと思います。そんな無邪気な一面もあるといいなと思います。」と語っている。

自然体の自分でいさせてくれる、癒し系の女性が理想で、疲れない普通の恋愛がしたいのだそう。

今のところ付き合っている女性についての情報はない。

性格

礼儀正しい、気取らない、天然、真面目、自分を変える意志の強さなどが伊藤健太郎のこれまでの言動から伺える性格だ。

中でも「自分を変える意志の強さ」は特筆すべき長所だ。

モデル活動をしていた頃は「嫌になったら辞めたっていいんだしな。」と軽いノリで仕事をしていたそうだが、今は亡き演出家:蜷川幸雄の舞台オーディションに落ちた悔しさが大きな転機となった。

何よりオーディションで出会った同世代の舞台にかける「強い情熱」に圧倒され、衝撃を受けた。

直後に決まったドラマ「昼顔~」出演当時は、現場でしごかれ怒られ続けながら、芝居ができるようになりたいと強く思ったそうだ。

その後の俳優としての活躍を見れば、いかに強い意志を持って自分を変える努力をしてきたかは想像に難くない。

趣味

スノーボード、人間観察、革製品に油を塗りこむことである。

実は趣味のスノーボードは仕事でも発揮されているようで、「この雪には熱がある」のキャッチフレーズ「JR SKISKI」コマーシャルのロケ撮影で、スノーボード初心者の松本穂香に手ほどきをしたと言われている。

人間観察は小さい頃から好きだったそうで、カッコイイ人を観察したりしていたそう。

人間を演じる俳優となった今では、「役作り」をするためには人間観察は欠かせないので趣味が仕事の一部になっているとも言えるようだ。

革製品に油を塗りこむ趣味は、無心で塗り込む作業をすることで気持ちが落ち着き、多忙な仕事の合間にリフレッシュできる効果があるのかもしれない。

特技

ドロップキックとバスケットボールである。

主演を務めた映画「デメキン」で高度の高いドロップキックを何度もさく裂する乱闘シーンを披露している。

いじめられっ子だった主人公が喧嘩に勝ち上がって暴走族の総長になるストーリーの映画だ。

演技のためドロップキックの練習を重ね、特技の域になったのかもしれない。

高校時代にバスケ部に所属していたこともあり、バスケットボールが得意であることは納得できる。

179cmの高身長に恵まれ、身体能力も高いことは俳優業をする上で大きく役立っていると言える。

デビュー前の経歴

東京都に生まれ、共働きの両親と9歳年上の姉の家族のもとで育つ。

親の仕事中は姉と二人で過ごすことが多かったらしく、仲がいいと言われる。

母も姉も美人の美形家族のもとで美男子に生まれ育ち、モデル、俳優への道を歩む素質に恵まれる。

14歳で現在の所属事務所「aoao」が「ボン イマージュ」の名前だったときに入所し、モデル活動をはじめた。

聖徳学園中学校卒業後、聖徳学園高校に内部進学。

俳優業のかたわら、高校時代はバスケットボール部に所属し、運動会では応援団長も務めた。

蜷川幸雄の舞台のオーディションを軽い気持ちで何の準備もなく受けて落ち、悔しさを感じると共に、同世代のオーディションにかける情熱の強さに衝撃を受ける。

大学進学も海外留学も取り止め、芝居のできる俳優になるため努力を続ける。

出身・家族・学歴

兄弟 姉が1人
出生国 日本
出生地域 東京都
高校 私立聖徳学園高校

家族のエピソード・詳細

父、母と一人の姉がいる

周囲からの評判

「カッコイイ」、「礼儀正しい」、「天然で気取ってないところが好き」、「ツッパリ高校生役から爽やかな若君役まで、幅広い演技ができる注目若手俳優」などの好意的な評価が多い。

人柄への好感度の高さに加え、俳優としての能力も認められていることが伺える。

好きな食べ物

豚の生姜焼きが好物である。料理を作ることも得意で、カレーが得意である。

公式サイト・SNS