寺島しのぶ

寺島しのぶについて

寺島しのぶは、父は歌舞伎役者の尾上菊五郎、母は女優の富司純子、弟は歌舞伎役者の尾上菊之介という芸能一家に生まれ育った。高校在学中に女優デビューし、その後舞台やテレビドラマを中心に活躍している。主な出演作は『ヴァイブレータ』『愛の流刑地』『人間失格』など。

2010年には映画『キャタピラー』でベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞した。私生活では2007年にアートディレクターであるユダヤ系フランス人のローラン・グナシアと結婚し、2012年に男児を出産している。

基本プロフィール

芸名 寺島しのぶ (Shinobu Terajima)
本名 寺島 グナシア しのぶ (Shinobu Ghnassia Terajima)
国籍 日本
性別 女性
身長 162cm
体重 0kg
血液型 B型
誕生日 1972年12月28日 (47歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 アプティパ
デビュー年 1992

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

寺島しのぶは、市川染五郎と小さい頃からの幼馴染で、文学座に入団した後に交際をスタートさせた。1997年に2人の関係が発覚するが同じ年に染五郎に隠し子がいることが発覚した。

染五郎が認知していることまで明かしたが、それを受け入れて順調に交際を続けていた。しかし、2003年に染五郎が高校時代からの友人女性との婚約を発表し破局することに。当時のことを赤裸々に綴った暴露本も出版されている。

好きなタイプ

寺島しのぶの好みのタイプは、尊敬できる男性である。年下の男性や男性の背中に魅力を感じるという。

性格

寺島しのぶの性格は、極度にせっかちで仕事が終わるとすぐに帰宅するほどだそう。また、父親に似て楽天的な性格をしている。男性社会である歌舞伎業界で産まれた寺島しのぶは、その家庭環境からか幼い頃から男勝りな性格であった。

趣味

寺島しのぶの趣味はひとり旅で、航空券だけ購入し、ホテルを決めずに1人で海外へ行くこともある。ウィーンで1人で年越しをしたり、成田空港に人を見送りに行った際に、急にどこかに行きたくなりそのまま沖縄旅行に行ったことがある。

寺島しのぶはストレス解消のためにフラッと海へドライブに行き、そのままホテルに泊まったりする。また、インディーズバンドのライブをよく見に行く。身体を動かすのが好きで、スカイウォーキングを愛用している。

特技

寺島しのぶの特技はスキーで、スキー検定2級を持っている。

デビュー前の経歴

寺島しのぶは小学校時代、クラス劇では毎回演出・主演を担当していた。女であるため、歌舞伎俳優になれないもどかしさから歌舞伎から遠ざかっていたことがある。

そんななか、父親の親友であった太地喜和子の勧めで女優を志し、1992年に文学座に入団した。文学座は1996年に退団している。

出身・家族・学歴

兄弟 弟(尾上菊之助)
高校 青山学院高等部
大学 青山学院大学文学部

整形

寺島しのぶの整形の噂はない。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る