イ・イネ

韓国の俳優・韓流スター

イ・イネについて

イ・イネは、1991年MBC児童合唱団でデビュー。最優秀賞を受賞をきっかけに子役への道を歩み始める。1992年『屋根の上のヴァイオリン弾き』に子出演。続いてMBCドラマ『天使たちの歌』、KBSの時代劇『韓明澮』、SBSの時代劇『大王の道』に出演した。

1999年にはEBSの青少年向けドラマ『君の夢を拡げろ』にチャン・ユジン役で出演。2000年には『学校シーズン3』にユ・ダイン役として出演した。2005年には『快傑春香』では主人公の親友を、2009年にはKBS『千秋太后』で穆宗の王妃宣正王后(韓国語版)役を演じた。

2010年には『戦友』で反北ゲリラの一員チョンファ役を演じ、同年度KBS演技大賞最優秀演技賞候補となる。その後出演した『ファン・ジニ』では主人公ファン・ジニの幼馴染役に抜擢され、海外でも幅広く顔が知られるようになった。また、俳優業だけではなく、学業成績も常に優秀な成績を収め、大学では演技の幅を広げようと東国大学校映画演劇科に入学したが、同大学のシステムが俳優業と両立させることが困難であり、大学1年の夏から再度受験勉強をはじめ、高麗大学校政治経済学部に入学し直した。後にメディア学部に進路を変え、同学部新聞放送学科を卒業。

2009年2月、韓国芸術総合学校に兼任教授として任用。同年6月に高麗大学校大学院言論科修士課程に合格。韓国芸術総合学校専任教員として1年間勤務し、2012年に修士課程を修了後、同学科博士課程に入学。、同課程を修了後、2013年から2015年までソウル総合芸術実用学校で専任教授として勤務した後、同年9月より慶星大学校デジタルメディア学部専任教授に就任した。28歳で大学教授を務めたのは韓国では最年少であり、当時大きな話題となった。

また、敬虔なカトリック信者として知られている。洗礼名はテレサ。

基本プロフィール

芸名 イ・イネ (LEE In-hye)
本名 イ・イネ (LEE In-hye)
国籍 韓国
性別 女性
身長 165cm
体重 43kg
血液型 A型
誕生日 1981年02月21日 (39歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 デイモイストエンターテインメント
デビュー年 1991

好きなタイプ

イ・イネは過去のインタビューで、SHINeeのミンホが理想だと語っている。理想の男性像は「面白くて友達同士のような男性がいい」と明かし、「中でもSHINeeのミンホがのような容姿が非常に好みだ」と話して注目を集めた。

現在では「今は外見よりも、相手の魅力を優先的に見ることになる」とし「包容力があり器が大きい人がいい」と言っている。

性格

イ・イネは芸能界の生活、学業、信仰生活において特別な物議やスキャンダルがなく、静かに着実成長する姿を見せており、すべての方面に誠実な努力派という評価だ。

子役出身の女性演技者らが子役のイメージを抜け出すために露出を敢行したり、性的なコードでアクセスする場合が多いが、彼女はそのような試みをしたことがない珍しいタイプの女優といわれている。

趣味

イ・イネの趣味は、カヤ琴、ボーリング、ギターである。

特技

イ・イネの特技は乗馬と水泳である。

デビュー前の経歴

イ・イネは学校5年生から児童合唱団に在籍し、数多くの舞台に立っていた。合唱団在籍中に周囲から子役俳優になることを薦められていた。

デビューは1992年KBS主催『創作童謡祭』で「新しい道」を歌い、最優秀賞を受賞。1992年、中学三年生のときには、韓国では初上演となるミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』に末娘ビルーケ役で出演。これが大きなきっかけとなり俳優の道を歩み始めた。

出身・家族・学歴

高校 果川女子高等学校
大学 高麗大学校大学院言論科博士課程

周囲からの評判

大学同窓である歌手ソン・シギョンがFM音楽都市で話していた内容によると、イ・イネは当時母校の芸能人卒業生の中から「一般学生よりも熱心に勉強した芸能人2人のうち1人」と呼ばれていた。

整形

イ・イネの整形の噂はない。

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る