ワン・ジウォン

韓国の俳優・韓流スター 韓国のモデル

ワン・ジウォンについて

ワン・ジウォンは、15歳から父の仕事の都合でイギリスの全寮制学校に入学し、卒業後は韓国へ帰国。大学で舞踊を学び、国立バレエ団の団員となり舞台に立っていたが、両足首を怪我してしまいバレリーナを断念した。その後、将来について悩んでいるときに、街で撮られた写真がきっかけでモデルの世界に入り、芸能界へと進んだ。

また、財閥ランキング6位になった事もある釜山に基盤を持つ財閥「クックジェ国際グループ」会長の孫娘という、裕福でエリート家系であることがデビューと同時に大きな話題になった。

2012年には、『シットコムファミリー』で女優としてデビューを飾り、新人であるにも関らず重要な役回りを演じる機会に恵まれ、その後も2013年KBS2『グッドドクター』、2014年tvN『ロマンスが必要3』、MBC『運命のように君を愛してる』など立て続けに出演した。

基本プロフィール

芸名 ワン・ジウォン (Wang Jiwon)
本名 ワン・ジウォン (Wang Ji won)
国籍 韓国
性別 女性
身長 168cm
体重 49kg
血液型 A型
誕生日 1988年11月12日 (31歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 935エンターテイメント

好きなタイプ

ワン・ジウォンは、過去に理想の男性について「特に具体的な理想のタイプがあるわけではなく、第一印象がぴったりとはまり、好意的に感じた人がいいと考えている。」と回答している。

性格

ワン・ジウォンは、環境に甘えることなく、努力を惜しまない性格である。

デビュー当初は、財閥出身の女優として、家柄に関する質問や問い合わせが殺到したが、本人は自身の家庭環境を全く意識しておらず、むしろなぜそんなに聞いてくるのか戸惑いするら感じたという。

また、普段のスタイルは、Tシャツにデニムとスニーカーを好んで着用するなど飾らないラフな一面もある。

趣味

ワン・ジウォンの趣味は、アニメを見ること、ピアノを弾くことである。

特技

ワン・ジウォンの特技は、バレエやダンスを踊ることである。

デビュー前の経歴

ワン・ジウォンは、もともと5歳からバレエを習い始め、イギリスに留学し、帰国後は韓国芸術総合学校舞踊学科を学士で卒業した。2007年には、新人舞踊コンクール特賞を受賞し、2009年に国立バレエ団団員として活躍した経歴を持つ。

しかし、バレエダンサーとしては怪我が多く、将来について悩んでいるときに、たまたま街で写真を取られ、モデルとして仕事の依頼が殺到。そのまま芸能界の道へ進むこととなった。

出身・家族・学歴

高校 英国ロイヤルバレエスクール
大学 韓国芸術総合学校舞踏学科バレエ

周囲からの評判

ワン・ジウォンは、ドラマ撮影期間は、役作りに没頭し、空き時間ですら台本を黙々と読み込む努力をしている。

また、悩んだときは監督や演出家と配役の性格について話し合い撮影に臨むなど、女優としての仕事に一生懸命取り組んでおり、スタッフからの評判も高い。

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る