福山雅治

日本の俳優 日本の歌手

福山雅治について

福山雅治は、歌手として「桜坂」や「家族になろうよ」などのヒット曲を生み出した他、『ひとつ屋根の下』(1993年)やNHK大河ドラマ『龍馬伝』(2010年)、『ガリレオ』シリーズなどドラマで俳優としても活躍する、日本を代表するアーティスト。

元々友人とバンドを組むほど、音楽が好きでミュージシャンを目指していた。だが、就職して安定することが親孝行になると思っていた為、高校を卒業して就職。しかし、夢を諦めきれず、上京して歌手を目指した。

上京してすぐ、アミューズ主催の『アミューズ・10ムービーズオーディション』に応募し、合格。オーディションと同じ年に、映画『ほんの5ℊ』で俳優としてデビューを果たす。その後ドラマ、映画に出演。一躍脚光をあびたのは、ドラマ『ひとつ屋根の下』に出演した時である。

基本プロフィール

芸名 福山雅治 (Masaharu Fukuyama)
本名 福山雅治 (Masaharu Fukuyama)
ニックネーム ましゃ
国籍 日本
性別 男性
身長 181cm
体重 71kg
血液型 O型
誕生日 1969年02月06日 (51歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 トライストーン・エンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

福山雅治は小西真奈美との交際を2010年に週刊誌「女性セブン」で報じられ、実際には2004年頃から交際していたとの報道。きっかけは紹介。福山雅治と仲が良い、俳優の加藤晴彦が小西を紹介したようで、福山雅治は長崎、小西は鹿児島でお互い九州出身ということもあり、意気投合したという。

他にも趣味など共通点も多く、交際に発展したようだ。結婚の情報も流れており、お互い真剣な交際だったのかもしれないが、結局は破局した。

福山雅治と吹石一恵が初めて知り合ったのは、2001年の雑誌の企画だった。当時31歳の福山雅治は人気俳優として活躍中、反対に吹石一恵はまだ18歳だった。この雑誌で知り合った吹石は、周囲に福山雅治のファンだと言っていた。

事実、福山雅治のコンサートに吹石が行っていたことが知られている。しかし、当時はプライベートでの親交は無く、お互いの連絡先も知らなかった。10年後の2011年、お泊り熱愛の報道がでた。

報道後には、破局説も伝えられていたが、結局は密かに付き合っていたようで、順調に交際を続け、2015年9月結婚が伝えられた。2016年12月に第1子が誕生している。

1993年のドラマ「ひとつ屋根の下」での共演をきっかけに知り合い交際に発展した。福山の楽曲「桜坂」は内田のために書かれた曲だとも言われている。しかし、2人の結婚観の違いから破局に至る。

好きなタイプ

福山雅治は女性のタイプについては色々と発言している。基本的には明るくて優しい人が好みのタイプで、他にも料理が上手い人や、聞き上手な人など挙げている。まとめると、福山雅治は家庭的な人がタイプのよう。

福山雅治がキレイ好きなので、掃除のできる人は絶対という。インタビューで、「もし好きになった人がキレイ好きじゃなかったらどうする?」という質問には「練習してもらう」と答えている。練習したら出来るようになるので、消極的で諦める人などは嫌いという。

性格

福山雅治は、幼少期は正義感の強い子だった。イジメられている友達がいると、敵討ちをするような子供だったという。目立ちたがりで、友達の前で面白い事をしていた。

その反面で人見知りが激しく、現在はそこまでで無いが、人と目を見て話す事が苦手。普段は無口で、一人の時間が好き。

福山雅治はとてもキレイ好きで、整理整頓もきちんとしないと落ち着かない。自宅では毎日コロコロを使って掃除をする、水回りの清掃や使い方などはMYルールを作るなど、神経質な所もある。

他にも男性としての福山雅治の魅力は、人間関係を大事にする所。嘘や人の嫌がる事をしない、友情を大切にし、人の恩を忘れないという男らしい一面もある。

俳優として歌手として、幅広く活動しているが、常にチャレンジ精神を持つ事を大事にしている。新しい事にはどんどんチャレンジしていきたいと、現在では肩書も俳優や歌手だけでなく、写真家など色んな事にチャレンジし続けている。

趣味

福山雅治の趣味はカメラである。1994年に自身のシングルのジャケット写真を撮ったのがきっかけ。当時、この撮影で知り合った、写真家の植田正治を師匠と仰ぎ、本格的にカメラにのめり込んでいった。

自身の個展などもやっている。基本的にはモノクロ写真が好き。そのカメラの腕前で、2000年のシドニーオリンピックから5大会連続で、テレビ朝日の特別カメラマンとして、アスリート達の写真を撮っている。

また格闘技が大好きで、ßźの稲葉浩志さんのオフィシャルサイトで、アメリカの総合格闘技『UFC』について対談しているのですが、その時の知識は相当のものでした。その証拠に、独身最後の日となった9月27日も、さいたまスーパーアリーナで行われていた「UFC FIGHT NIGHT JAPAN」という格闘技の試合を観戦。WOWOWでの生中継ゲストという形だったが、かなりエキサイトしていて席から立ち上がる場面も。妻の吹石も子供の頃から空手をならっていて有段者。日頃から、2人で格闘技の話で盛り上がっていると言われる。

特技

福山雅治の特技はバイクとギターである。ギターはバンドをする為、中学時代にやり始めた。現在では、50本以上も所有しており、一番大事な宝物は「1959年に1700台しか製造されていない、レスポールのギター」という。これだけの数のギターを所有しているので、自宅では保管できず倉庫を借りている。

福山雅治のもう一つの特技はバイクである。歴も長く、高校時代にすぐに免許を取っており、バイクも沢山乗り換えてきた。そのバイク好きは有名な話で、自分で『crazy horse』というバイクチームも作った。

デビュー前の経歴

福山雅治は、小学生の時はやんちゃな子供で、クラスで目立つのが大好きだった。現在のサービス精神旺盛なのはこの頃からだったよう。中学生になると、吹奏楽部に入る。楽器はホルンで3年間やっていた。中学3年生には部長をしており、結構モテていたという。

この頃吹奏楽の影響かどうかは分からないが、友人とバンドを組んだ。この時に初めてギターを買った。高校時代はバンドに励み、ミュージシャンになりたいと思うようになった。

高校卒業後、一度は地元の電機メーカーの営業マンとして就職したが、夢を捨てきれずに、会社を辞めて上京した。上京した頃は、バイト三昧で、ピザ屋や、運送会社などで生活費を稼ぎ、歌手になる為に頑張っていた。

福山雅治はすぐに現在の事務所アミューズに所属するが、歌手ではなく俳優としてのデビューだった。俳優としての才能もあった為、デビューしてからは次々と出演依頼がきたが、当時歌手になる夢が強かったので、出演依頼を断っていた事もあるようだ。俳優をしながら夢を諦めずやってきた事もあって、俳優デビューから2年後の1990年に歌手としてデビューを果たす。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 日本
出生地域 長崎県
高校 長崎県立長崎工業高等学校
大学 進学していない

周囲からの評判

福山雅治はドラマ『ガリレオ』で共演した、柴咲コウ吉高由里子から「ストイックな人」だったと言われている。福山雅治はオン・オフの切り替えが凄くて、撮影に入ると役の入り方が凄くて、共演者やスタッフだけでなく、現場の空気感が違うそうだ。

逆に撮影が休憩などに入ってオフになると、ちゃんと役から抜けて、「完全に湯川先生(福山雅治さんの役名)じゃなくなって、ピンクな話もしたりする」という。ドラマや映画では撮影終了後の打ち上げでも評判がいい。とにかく周りへの気配りが凄くて、九州男児という言葉が合うように、おおらかで気持ちがいい。大勢で飲んでいるのに気配りが完璧だという。

整形

福山雅治の整形の噂はない。

好きな食べ物

嫌いなものは特にないが、カレー、そば、サバの塩焼き、ばくだんそうめん(お母さんが作ってくれる味噌汁にそうめんを入れた物)、チョコレート、粒あんがすき。

公式サイト・SNS

福山雅治のアルバム

すべてのアルバムを見る

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

福山雅治の楽曲

すべての楽曲を見る

福山雅治が作詞した楽曲

すべての作詞した楽曲を見る

福山雅治が作曲した楽曲

すべての作曲した楽曲を見る

福山雅治が編曲した楽曲

すべての編曲した楽曲を見る

関連するアーティストを見る