ジョニー・フリン

イギリスの俳優 イギリスの歌手

ジョニー・フリンについて

ジョニー・フリンはイギリスのミュージシャン・歌手・作曲家・俳優。フリンはバンドジョニー・フリン&ザ・サセックス・ウィットのリードボーカルも務めている。Netflixのドラマ『Scrotal Recall』(シットコムで放送されていた際は『恋愛後遺症』というタイトルだった)のディラン・ウィッター役などで有名。2019年に映画『Stardust』でデヴィッド・ボウイ役に抜擢された。

基本プロフィール

芸名 ジョニー・フリン (John Patrick Vivian Flynn)
ニックネーム Johnny
国籍 イギリス
性別 男性
身長 178cm
誕生日 1983年03月14日 (37歳)
干支
星座 うお座

所属

デビュー年 2005

好きなタイプ

妻のベアトリス・ミンズとはベダレススクールで出会った。「ティーンエイジャーでとても恥ずかしがりだったけど、すっかり恋に落ちた。何かつながりを感じた」と話している。ティーン~20代の時には別れたり付き合ったりを繰り返し、フリンがミンズを追ってニューヨークに行ったこともある。現在は3人の子供がいる。

性格

自身をロマンチックな性格だと話し、『エマ』のようなロマンチックなストーリーは人々の心を癒し、繋げる役割があるから好きだと答えている。『エマ』のキャストでワッツアップを使い、コミュニケーションを取っているが、彼自身はSNSに懐疑的である。Twitterはマネージャーが主に更新し、Instagramのアカウントはない。

趣味

学生時代は楽器の演奏や、歌を学び、スポーツなどもしていた。卒業後は音楽を仕事にしようとは考えていなかったが、ロンドンなどをギターとともに旅しながら演奏をしていた時代もある。

現在は3児の父であり、家族と過ごす時間を大切にしている。

特技

バンドでは作曲とボーカルを務めているが、学生の時に学んだバイオリンやトランペットも演奏できる。バンドでギターを弾くこともあり、デヴィッド・ボウイの役を映画で務めるなど音楽の才能に恵まれている。

デビュー前の経歴

ジョニー・フリンは南アフリカ共和国のヨハネスブルクに生まれた。父親はイギリスの俳優・歌手のエリック・フリン。父親の前妻との間に二人の兄と姉がいる。また、父親とございの間に妹もおり、フリンのバンドで歌っている。フリンが2歳の時にイギリスに移る。ハンプシャーにあるピルグリム・スクールに音楽の奨学金で通い、バイオリンとトランペットを学ぶ。後にギターを独学で学び、ベダレススクールへの奨学金を獲得。その後ウェバー・ダグラス・アカデミー・オブ・ドラマティック・アートで演技を学ぶ。顔の傷は南アフリカにいた際にスタフォードシャー・ブル・テリアに襲われてできたもの。

出身・家族・学歴

兄弟 兄二人、姉一人、妹一人
出生国 南アフリカ
出生地域 Gauteng
高校 Bedales school

周囲からの評判

2012年に『The Heritic(異端者)』でイブニング・スター賞、ワッツ・オン・ステージ賞の最優秀新人賞の候補となった。また同年『エルサレム』でオリバー賞にもノミネートされている。シェイクスピアの『十二夜』のヴァイオラ役ではイアン・チャールソン賞を受賞など、舞台での活躍が評価されている。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る