ジホン

fromis_9

ジホンについて

ジホンは韓国のアイドルグループfromis_9に所属するアイドルである。fromis_9ではサブボーカルを担当している。

2017年にMnetで放送されたガールズグループ養成サバイバルプログラム『アイドル学校』で様々な試練を乗り越え、8位で通過した。

2017年10月19日から、Mnetの番組『プロミスの部屋』に出演している。その他には健康食品『ガルシニア緑茶カテキン』、制服メーカーテウォン『アイビークラブ』のイメージモデルとして活動している。

2017年11月30日にプレデビューシングル「ガラスの靴」発売後、fromis_9として2018年1月アルバム『To Heart』を発売し正式デビューした。

基本プロフィール

芸名 ジホン (Baek Ji Heon)
本名 ペク・ジホン (Baek Ji Heon)
ニックネーム
国籍 韓国
性別 女性
身長 163cm
体重 41kg
血液型 B型
誕生日 2003年04月17日 (16歳)
干支
星座 おひつじ座

所属・分類

グループ名 fromis_9
レコード会社
事務所 PLEDISエンターテイメント
事務所入所年
カテゴリ

出身・家族・学歴

兄弟
出生地域 全羅南道宝城郡
高校 現在中学生(スンピョン中学校)
大学

公式サイト・SNS

公式サイト
Insta https://www.instagram.com/baekjiheon.kr/?hl=ko
Twitter
Weibo

好きなタイプ

ジホンは「外見はそれほど重要ではなく、常識をわきまえた男性が良い」と語っている。また「ネセクナム(脳がセクシーな男)が好き」とも答えている。

性格

ジホンは努力家な性格である。芸能活動をしていても学業は決して怠らず、寮に引っ越す時も問題集をどっさりと持ち込んだという。

デビュー当時は中学生であり、メンバーの中で一番幼いにも関わらず、歌手を続けていきたいという欲望と熱意はとても頑なで、厳しい練習に涙を流しながらも、ブラウン管の前では笑顔を絶やさず疲れたところをまったく感じさせない。

デビューする際には「ファンの皆さんに自分たちの完璧な姿を見てもらいたい」と語っている。

趣味

ジホンの趣味は家でゴロゴロしながらドラマ鑑賞、読書をすることである。

映画よりもドラマを見るのが好きで、映画館には行かない。理由は映画館の重低音が怖くて苦手だからである。また、好きなドラマのジャンルはアニメーションである。

本は推理小説、歴史関係の本を読むのが好きで、fromis_9の寮に入る時も、韓国史に関する本を持参した。推理小説を読みながら危険な場面になると、実際に近くで音が聞こえるような錯覚に陥るため、耳をふさぎ薄目にして読む。

特技

ジホンの特技はギター、ピアノである。

デビュー前の経歴

ペク・ジホンは韓国のアイドルの中で最年少の中学3年生で、10代女の子の間で人気がある。

幼い頃から少女時代のユナテヨンに憧れ、アイドルになる夢を持ち始めた。しかし勉強もできて生徒会長になるほどの優等生だったため両親が勉強をさせたくて、芸能界への道を猛反対した。それでもどうしてもアイドルになりたいという情熱が冷めることはなく、両親をやっとの思いで説得し、全羅道からソウルまでの長距離を通いながら練習に励んだ。

過去には、CFやショッピングモールのモデルなどの経験がある。

イフアイ・トレーニングセンター放送演技学院にて演技を学び、前TIエージェンシー、KAエンターテイメントに所属し練習生をしていた。そこを退社後、Woolimエンターテイメント非公開オーディションに合格したが、練習生としての契約はしなかった。

その後、『生放送トントン!ボニーハニー』の「Newハニーを探せ」に出演し、最終10人まで残ったが、最後に脱落してしまい、大きなショックを受けたがなんとか立ち直り、『アイドル学校』へ入学できることとなった。

家族

解散・引退について

周囲からの評判

ジホンは、『アイドル学校』へ出演するために学校の期末試験を受けられなかったり、撮影のために学校を3ヶ月も欠席することがあった。しかし、成績が悪くなると芸能人になることを両親がもっと反対すると思い、一生懸命勉強して試験では全校1位になったことがある。

また、運動があまり好きではなく、メンバーがみんな外出しても、ジホンとソヨンだけは家でゴロゴロしている。

他には、無意識に全羅道(韓国南部)の方言が口から出てしまうことがある。

整形

好きな食べ物

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

所属グループ

fromis_9

fromis_9のメンバー