ハン・ソッキュ

韓国の俳優・韓流スター

ハン・ソッキュについて

ハン・ソッキュは、声優時代に鍛えた、しっかりとした演技力で知られる、韓国の俳優である。

1993年のドラマ『パイロット』では、ドラマの中心的な存在として、活躍していた。この作品は後に、日本でも放送され、日本での知名度を上げた。

1995年には、映画『ママと星とイソギンチャク』で、映画デビューを果たす。1999年には、当時の韓国における、最高興行記録を打ち立てる大ヒットとなった映画『シュリ』に、出演した。

ソフトな役からチンピラまで、幅広い役柄をこなす演技力は、ドラマに出演していた時から定評があり、映画界にデビューしてからは、韓国の看板俳優として活躍してきた。

基本プロフィール

芸名 ハン・ソッキュ (Han Suk-kyu)
本名 ハン・ソッキュ (Han Suk-kyu)
国籍 韓国
性別 男性
身長 178cm
体重 64kg
血液型 AB型
誕生日 1964年11月03日 (55歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 KM culture
デビュー年 1990

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ハン・ソッキュは、声優時代に会ったイム・ミョンジュと、10年の恋愛を経て結婚し、2人の息子と2人の娘がいる。4人目の子どもが誕生した時には、妻の出産を病院で付き添い、次男の誕生に大喜びしたという。

プライベートを一切公開しないことで有名で、子供の写真や情報などは、マスコミに公開しなかったという。周りからは、「この低出産率の時代に、4人も出産したことは、政府から賞を貰えるようなこと」と言われたそうだ。

2017年3月のインタビューで、ソッキュのライフスタイルについて、俳優のキム・レウォンが「家族や周りの人々に、本当に良くする。妻には『今なにをしていますか?会いたいです。子供たちはなにをしていますか?』など、毎日30分ずつ、電話をされる」と発言をしている。

好きなタイプ

ハン・ソッキュは、理解力がある女性が好みである。

理想のタイプの質問に、一度も年齢や背、顔などについて、具体的に話したことはなく、ただ「タイプは理解力のある女性」としている。

自分が俳優の仕事をしているため、理解をしてくれることに、重きを置いているらしい。

性格

ハン・ソッキュは、情にもろく、まっすぐな性格である。

作品選びはとても慎重に行うタイプで、これまでにヒットした映画作品は、どれも新人監督であり、ソッキュ自身でシナリオを選んだそうだ。1999年以降は、自ら公募して、新人脚本家の発掘もしている。

無名時代には、わずかなセリフしかない役どころでも、自分が演じる実際の職業の人を観察しに行ったりと、徹底した役作りを行っていた。声優、演技、バラエティなど、多方面で活動している。

趣味

ハン・ソッキュの趣味は、釣りとゴルフである。

ソッキュは、「ゴルフは、韓国で否定的な意味を持つ運動である。海外では、ゴルフは子どもたちも楽しんでいる運動にすぎない」とし、趣味であるゴルフをドラマの作品に例えた。

「ゴルフは、18ホールを回ってするものだ。私は『二階の悪党』まで、ぴったり18作に出演した。『ベルリン』は19回目の作品だ。18ホールをすべて回って、もう一度最初のホールに立った気分だ。その作品が、『ベルリン』で幸いであり、嬉しい」と伝えた。

特技

ハン・ソッキュの特技は、歌である。

デビュー前の経歴

ハン・ソッキュは高校時代、合唱団に所属しており、音楽大学に進学するつもりであった。しかし「自分がどんな仕事をして、生きていけばいいのか。どんな職業が合っているのか」と悩み、最終的に俳優になろうと考えた。

その後、演技の学校に通い、学校では才能を認められていた。しかし卒業後は、演技をする機会がほとんどなかった。劇団に入ろうとしても、自分のすべてを諦めて、何の補償もなしに、いつ光を見られるか分からない生活をする意欲はなかったという。

そのため、母から一日1000ウォンを貰いながら、生活していた頃もあった。「声優の経験を通して、声の重要さと発音、言葉の正しい使い方を習うことができ、歌を通じて、発声を習った」と考えるようになる。

その後、うまくできるか不安になりながらも、MBCの公開採用タレントに応募し、見事合格した。

出身・家族・学歴

高校 龍汶高等学校
大学 東国大学演劇映画科

周囲からの評判

ハン・ソッキュは、2014年に2年ぶりにイ・ジェフンと再会した際、次のように感想を伝えている。

『秘密の扉』で再び共演することになったことに対して、ソッキュは「本当に嬉しい。映画『パパロッティ』では、先生と教え子の役であった。僕は、人生で尊敬できるような先生には、出会えなかった。師と仰げる人がいることに、憧れていたけれど、そういったものをやってみたいと思い、出演を決めた」と明かした。

一方ジェフンは、「入隊前に、ハッキュ先輩と一緒に撮影していたのが、昨日のことのようだが、除隊してからも、また共演できるとは、思ってもいなかった。こうやって、再び共演できるということ自体が、ご縁のように感じる」と、再会の感想を明かした。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る