ハン・ジョンス

韓国の俳優・韓流スター

ハン・ジョンスについて

ハン・ジョンスは、2003年の映画『チューブ』でデビューした、韓国の俳優である。

ドラマ『推奴』のチェ将軍と『検事プリンセス』のユン検事役で、「2010最高の獣男」、「ソフトなカリスマの代表走者」、「大韓民国男性のセクシーシンボル」などと呼ばれ、話題となった。

他にも、ドラマ『王と私』や、『アラン使道伝』などに出演している。父親は、WC韓国代表サッカー選手、故ハン・ジャンファである。ジョンスは、父親が50歳の時に生まれた子どもである。

セクシーなイメージが強いが、おちゃめな一面も魅力的な俳優である。

基本プロフィール

芸名 ハン・ジョンス (Han Jung-Soo)
本名 ハン・ジョンス (Han Jung-Soo)
国籍 韓国
性別 男性
身長 185cm
体重 79kg
血液型 B型
誕生日 1973年11月20日 (46歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 ナムアクターズ

好きなタイプ

ハン・ジョンスは、バラエティ番組に出演した際、スキンシップについて話している時、「自分のふところに、ぐいっと入ってくるような、小さくて可愛い女性が理想」と打ち明けた。

これに対して、俳優のチョ・ドンヒョクも、ジョンスの理想のタイプを「小さくて、かわいい容貌の幼い女性の方が好きだ」と明かした。しかし、これに対しジョンスは、「年齢は重要ではない。小さくて、かわいい容貌ならば、理想も関係ない」と反論した。

更に、番組内で一緒になった、「歌手のパク・ボラムが、理想のタイプに近い」とも明らかにした。

性格

ハン・ジョンスは、顔立ちとしては、アクション俳優としての雰囲気が強いが、話すことと人を笑わせることが好きな、明るくて前向きな性格である。

撮影現場では、ムードメーカーを担当したこともある。人を笑わせることが好きだというジョンスは、トークショーのレギュラーゲストを務めたこともある。

「機会があれば、いくらでもトークショーやバラエティ番組に、挑戦してみたい」と話している。

趣味

ハン・ジョンスの趣味は、バスケット、サッカー、ウェイトトレーニングである。

ジョンスは、「芸能人バスケットボール大会」にも出場したことがある。ジョンスは「コートの皇太子」と呼ばれる、ウ・ジウォンが監督を務める、「芸」チームに所属している。メンバーは、パク・チニョン、キム・テウ、オ・ジホ、チョ・ドンヒョクなどがいる。

デビュー前の経歴

ハン・ジョンスは、高校を卒業する頃に、ロックバンドをしていた。大学路で、演劇の世界に足を踏み入れ、大学で本格的に演技を学び始めた。

1996年に、2人組HIPHOPダンスグループ、DE-MIXのメンバーとして、デビューした。「二人の恋人」、「You Go We Go」の曲をリリースしたが、成功できず、まもなく解散した。

その後、モデルとして活動し、大韓生命や、SKテレコムなどのコマーシャルにも出演した。

2003年に、映画『TUBE』で、演技者デビューを果たす。

出身・家族・学歴

大学 暻園大学経済学学士

周囲からの評判

ハン・ジョンスは、ドラマ『王と私』で王の護衛武官を演じた際、5種類の武器を操る、「武芸の達人」という設定であった為、武器の扱いが難しく、苦労をしたという。

また、最初は護衛武官の細かい設定が知らされておらず、どのような感じで演じればいいのか、戸惑ったそうだ。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る