ハン・ジニ

韓国の俳優・韓流スター

ハン・ジニについて

ハン・ジニは韓国の俳優である。

ハン・ジニは1969年にTBC公開採用タレント9期でデビューし、その後ドラマ『悲しみよ、さようなら』や『太陽の花嫁』、『3度結婚する女』などありとあらゆる作品に出演し、韓国ドラマではおなじみの顔となった。

他には映画『マイ・リトル・ブライド』や『猟奇的な彼女』にも出演した。

これまでにTBC演技大賞、最優秀男優主演賞や、演劇映画TV芸術賞人気賞、第8回KBS正しい言語賞特別賞などの受賞経歴がある。

女優のイェ・スジョンは義妹である。

基本プロフィール

芸名 ハン・ジニ (Han Jin-He)
本名 ハン・ジニ (Han Jin-He)
ニックネーム
国籍 韓国
性別 男性
身長 178cm
血液型 B型
誕生日 1949年03月14日 (70歳)
干支
星座 うお座

所属

レコード会社
事務所
事務所入所年
デビュー年

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ハン・ジニは1974年にベテラン女優の娘であり元タレントであったキム・スウクと結婚した。

ハン・ジニがデビューしてから約5年は脇役ばかりであったが、その時にキム・スウクがよく励ましており二人の仲が近くなったという。

ハン・ジニは結婚して心の支えを得たことにより演技だけに集中することができるようになった。それとさらに妻による演技指導のおかげで、周囲から徐々に演技力を認められるようになり、ハン・ジニの人気は上がった。

好きなタイプ

性格

ハン・ジニは2013年に当時7歳であった孫を白血病で亡くしている。当時ドラマ『二人の女の部屋』を撮影していたハン・ジニは、撮影を終えて急いで病院に向かったが、予定されていたスケジュールのためにすぐに撮影場に戻り撮影を終えた後に葬儀場に向かった。ドラマ関係者は「心理的につらいはずなのに、撮影現場では全くそれを表に出さず、黙々と自分の撮影を終わらせた。意外なニュースに撮影現場にいた人たちもたくさん驚いて悲しんだ」と明かした。ハン・ジニはそのような状況であっても責任感を強くもち、そのために自分の悲しみを表現せず、また乱れた姿をみせない性格のようだ。

趣味

ハン・ジニの趣味はゴルフである。

特技

デビュー前の経歴

ハン・ジニの両親は共に小学校の校長先生であり、両親から外交官になるように育てられ、高校はソウルの名門京畿高校に通っていた。しかし好奇心旺盛な性格から京畿高校で不良グループ“チェーン”に入った。その後、大学受験に失敗するも一浪してなんとか名門延世大学の哲学科に入学した。しかし大学では勉強もせず遊びまわっており、1969年にTBCタレント公募に合格すると大学を中退した。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国
出生地域
高校 京畿高等学校
大学 延世大学哲学科中退

解散・引退について

周囲からの評判

ハン・ジニは「韓国ドラマをよく見る人ならハン・ジニを1度は見たことがある」といわれるほどドラマ出演の多いベテラン俳優である。演じる役柄としては、会社の会長や、父親が多い。

これまでハン・ジニの息子や娘役を演じてきた俳優には、JYJユチョンや、女優イ・ボヨン、女優コン・ヒョジンなどがいる。

ハン・ジニは1969年にタレント公募に合格しデビューするも、178cmの高身長がネックとなり活躍の場がなかなかなかった。当時はヒロイン役の女性の平均身長が160cmに届かない時代であったため、ギャップがありすぎて採用できないということが多かった。そのため主役をまかされることがなく、背が高くて威圧感の出せる刑事やヤクザの役ばかりを演じていた。

整形

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る