若村麻由美

日本の俳優

若村麻由美について

若村麻由美は、高校3年生の頃に偶然観に行った無名塾の舞台を見て演劇の世界に興味を持つ。無名塾のオーディションに応募し、見事合格する。舞台女優として活躍後、無名塾を卒業。

直後にNHKの朝ドラ『はっさい先生』のヒロインオーディションに合格し、女優デビューを果たす。当時無名だったにも関わらず、その演技力で大ブレイクした。その後も女優としてドラマや映画に出演する他にも、『料理バンザイ!』のリポーターや声優など、活躍のジャンルの幅を広げた。

基本プロフィール

芸名 若村麻由美 (Mayumi Wakamura)
本名 小野麻由美 (Mayumi Ono)
国籍 日本
性別 女性
身長 162cm
体重 45kg
血液型 A型
誕生日 1967年01月03日 (53歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 トライストーン・エンタテイメント
デビュー年 1987

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

若村麻由美は、1995年ドラマ『御家人斬九朗』で共演した渡辺謙との熱愛報道があった。渡辺謙は宗教団体の釈尊会に所属していたが、若村麻由美も坂東三津五郎の紹介で同じ宗教に入会。共演と同じ宗教という事で親密になったとされていた。

当時、渡辺謙は結婚しており不倫だと騒がれたが、若村麻由美だけでなく、何名か女優の名前が挙がっていたが、相手は若村麻由美という噂に一番信憑性があった。2003年渡辺謙の離婚が成立したが、2人の関係は続いていたとされている。結婚まで考えていたなど様々な報道が出たが、真相は不明。

若村麻由美は小野兼弘とも恋愛の話があった。小野兼弘は宗教団体、釈尊会の会長である。若村麻由美と知り合ったのは1994年頃。日本舞踊をしていた事から、坂東三津五郎と親しくなり坂東の紹介で入会したのが釈尊会だった。

交際を始めた時期は不明だが、2002年辺りから結婚を意識し、2003年9月に結婚を発表。当時、渡辺謙と不倫報道が出ていた為、渡辺の離婚が成立した同じ年に結婚していたという事で、世間では「偽装結婚だ」と噂された。

その後、小野兼弘との結婚生活は4年という短い期間だった。2007年4月、小野兼弘は肝不全で亡くなり、まだ40歳という若さで若村麻由美は未亡人になった。

好きなタイプ

若村麻由美は、好みのタイプに特に外見や年齢差などにこだわりはない。とてもおしゃべりな男性が好き。

恋愛相手で見ると、小野兼弘と結婚した時、若村麻由美自身が「僧侶の妻になるわけで、自分の事を次にして人の事をしなければならない」とコメント。実際に結婚してから、完全に家庭に入り芸能活動も休止状態だった。好きになった方には尽くすタイプのよう。

性格

若村麻由美は、同時に2つ以上の事をやるのが苦手である。中学時代は3年間生徒会役員を務めるなどしっかりしている半面、おてんばでおっちょこちょいな所があった。

若村麻由美はよく転んで怪我をする事が多い。本番中に舞台から落ちたりしている。ある時は、稽古中に転んで腰を怪我。数ヵ月亀裂骨折しながらも、舞台に立っていた。他にも紅茶の中に砂糖を入れようとしてコップではなく、自分の口に入れたこともある。

若村麻由美は、電車が好きで移動などは電車を使うが、切符を無くす事も多く、乗り換えが苦手。40歳を過ぎてから、電車の乗り換えの練習を始めた。

若村麻由美は無類のお風呂好きで、休日には何回も入る程。部屋に飾っていた枯れる間際のバラなども、花びらとバラの香りのエッセンスを入れて、入浴を楽しんでいる。

趣味

若村麻由美は多趣味で、乗馬やネイルアート、美術館巡りなど趣味の幅も広い。特に登山は特別。きっかけは番組の企画で、エベレストを望むカラ・パタールに登った時の経験が「人生観が変わった」と本人も語っている。

若村麻由美は日本に戻り富士山の美しさに感動したが、登山家・野口健から「富士山は外から見ると綺麗だけど、中は汚い」という言葉にショックを受け、「美しい富士山にしたい」と、2002年よりボランティアで富士山の清掃などしている。

特技

若村麻由美は、運動神経には自信が無いが、体を動かす事は大好きで、3歳から日本舞踊とクラシックバレエを始めた。2つ同時に習う事は難しかった為、クラシックバレエは辞めた。

日本舞踊は週3日着物を着て、礼儀作法から習っていた。稽古は厳しかったが、日舞の才能が開花し、15歳の時に坂東流の名取に当時最年少でなった。その頃はこのまま舞踊家になりたいと思っていた。結果的にはこの経験が女優としての道へつながっている。

デビュー前の経歴

若村麻由美は、長女で下に弟、妹が4人いる。しっかり者のおてんばだった。小学5年生の時には、一人で長野県の山奥の小学校へ山村留学している。農家の家へホームステイしており、農作業を手伝いながら、3㎞以上離れた小学校まで本を読みながら通っていた。

中学にあがると3年間生徒会役員を務める。真面目なようだが、高校生の時はよく学校をさぼっていた。高校生活は勉強と日舞と両立させていて、舞踊家を目指しながら、大学進学へ進もうと思っていた。

人生の転機になったのは高校3年生の時。偶然観た無名塾の舞台に強く感銘を受けた。無名塾のパンフレットに掲載してあったオーディション情報を見て、応募。見事合格して、大学進学は辞めて舞台女優として新しい夢に向かった。高校卒業後無名塾へ入り、劇団を主宰する仲代達矢に褒められ育てられた。無名塾を卒業後、朝ドラのヒロインに抜擢され、人気女優の仲間入りを果たす。

出身・家族・学歴

兄弟 弟1人・妹3人
出生国 日本
出生地域 東京都
高校 淑徳高等学校
大学 進学していない

周囲からの評判

若村麻由美の女優としての評価は高い。撮影中に一般の方へも、気さくに応対する。もちろんスタッフからの評判もいい。

その評判の良さは演技にも伝わっているようで、視聴者の方もその演技力に高い評価をしている。辛口で知られる黒柳徹子が「あんな性格の良い女優さんはいない」と若村さんを絶賛している。現在ドラマ、映画以外にも、バラエティ番組にも出演し、「発言が可愛い」と評価されている。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る