ソ・インソク

韓国の俳優・韓流スター 韓国のタレント

ソ・インソクについて

ソ・インソクは1975年にKBSドラマ『山鳩』でデビューした。

1976年にはKBS公開採用第3期タレントになった。俳優としては、特に時代劇で活躍し、主役級の役も多い。

歴史ドラマ『太祖王建』のキョンフォン役でKBS演技大賞最優秀演技賞を受賞した。また、第15代放送演技者協会会長および第2建国汎国民推進委員を歴任した。

現在は、俳優業だけでなく、韓瑞(ハンソ)大学校演劇映画学科で、若手の育成にも力を注いでいる。俳優ソ・ジャンウォンは息子である。

基本プロフィール

芸名 ソ・インソク (Seo Inseok)
本名 ソ・インソク (Seo Inseok)
国籍 韓国
性別 男性
身長 0cm
体重 0kg
血液型 B型
誕生日 1949年02月22日 (71歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 プリーピエンドエム

趣味

ソ・インソクの趣味は、水泳、サッカー、ゴルフである。

デビュー前の経歴

ソ・インソクは幼い頃から演技に興味あり、徐羅伐高校演劇部にて演技を始めた。

中央大学演劇映画学科卒業後、劇団「実験劇場」に入団した。そこで看板俳優として活躍し、スカウトされてテレビドラマの世界に入った。

出身・家族・学歴

兄弟 情報無
高校 ソラボル高等学校
大学 中央大学

関連するアーティストを見る