ユン・ジュサンについて

ユン・ジュサンは、1970年に劇団『世代』を設立し、代表を務め、舞台俳優としてもデビューをしている。

そんな中、1971年には、TBC東洋放送第6期公開採用として、声優デビューを果たした。1985年には、民衆劇団へ入団し、1994年に公開された『太白山脈』で、映画デビューを果たす。

そこから、活躍の幅を広げ、主に俳優業に重きを置いて活動するが、ドキュメンタリー番組や、司会もこなす、マルチな才能を発揮している。代表作には、1998年公開の映画『シュリ』や、2010年公開の『アイリス・ザ・ムービー』、2007年のMBCドラマ『エアシティ』などがあり、数えきれない程多くの作品に出演している。

基本プロフィール

  • 名前ユン・ジュサン
  • 本名ユン・ジュサン
  • 英語名Yun Ju Sang
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所不明
  • 所属グループ 韓国・韓流俳優 
  • 生年月日1949年06月25日 (69歳)
  • 星座 かに座
  • 兄弟不明
  • 出身韓国・京畿道楊平群
  • 高校不明
  • 大学ソラボル芸術大学
  • デビュー年1970年
  • 身長175cm
  • 体重70kg
  • 血液型AB型
  • 干支 丑(うし)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

不明

ユン・ジュサンの交際や彼氏・彼女に関する噂や報道はない。

なし

好きなタイプ

不明

性格・パーソナリティ

ユン・ジュサンは、とてもアーティスティックな性格で、根っからの映像作品好きである。

自身で劇団を立ち上げ、代表も務めていたが、民衆劇団にも入団し、声優としても活動した。その後、活躍の場をテレビドラマや映画だけに留まらず、司会やドキュメンタリー番組にまで、仕事の幅を広げている。

そして、周囲の人間が何と言おうと、彼自身が「良い」「演じてみたい」と思った作品には、気持ちを込めて出演している。作品が酷評を受けたり、失敗作となって終了したりしても、「出演し、その役どころを演じた事に、後悔はない」と話し、堂々とした、芸能界の重鎮らしい迫力を感じさせた。

趣味

不明

特技

ユン・ジュサンの特技は不明であるが、声優活動や司会者としての活躍で、聴き心地の良い声色を評価されおり、様々なナレーションの仕事をしている為、声を使うことが得意なのではと読み取れる。

デビュー前の経歴

不明

メンバー・周囲からの評価

ユン・ジュサンの出演作の中に、韓国では大変酷評を受け、興行失敗作となったが、日本では大ヒットとなったものがある。それは、映画『トマ 安重根』であり、劇中で彼は、伊藤博文を演じている。

映画の内容というよりは、伊藤博文が出てくるという時点で、反日感情を買い、韓国で酷評を受けたのも納得がいく。そんな酷評の中でも、ジュサンは堂々としており、「映画に出演したことを後悔などしたことがない」と話す姿から、俳優魂が感じられ、日本人から多くの称賛を浴びた。

劇中の伊藤博文は、ほとんど韓国語で話す人物という演出がされており、日本人からしたら、「ちょっと不思議でしかない」、「伊藤博文は、こんなに流暢な韓国語を話せたのか」という意見も見受けられたが、ジュサンの重々しい演技が、視聴者に深く印象付けられたことに、変わりはない。

整形の噂

なし

好きなアーティスト

不明

尊敬する人

不明

Instagram・Twitterアカウント

  • なし
  • なし

ユン・ジュサンの応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

ユン・ジュサンの掲示板を見る

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: