カン・ドハンについて

カン・ドハンは、2003年の映画『シルミド』でドハン役を演じ、スクリーンデビューした俳優である。

2004年に、『バレエ教習所』のオム・ジョンヒョク役を演じた。2004年には、KBSドラマ『フルハウス』で、トンウク役を演じてブラウンデビューした。

以降、2004年SBSドラマ『乾パン先生とこんぺいとう』のイ・ユジン役、2005年『結婚しよう!-Let’s Marry-』のホン・ガンス役、2006年MBCベスト劇場『鳥は』のキム・サンジン役、2006年KBSドラマ『スノキ』のチョン・ヨンチル役、2009年MBCドラマ『ロマンス ゼロ』のユン・テス役を務めた。

基本プロフィール

  • 名前カン・ドハン
  • 本名カン・ドハン
  • 英語名Kang Do Hang
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所オンエアエンターテイメント
  • 所属グループ 韓国・韓流俳優 
  • 生年月日1982年07月22日 (36歳)
  • 星座 かに座
  • 兄弟兄1
  • 出身韓国・ソウル特別市
  • 高校ソウル芸術高等学校
  • 大学韓国芸術総合学校現代舞踊専攻、檀国大学大衆文化芸術大学院公演芸術学科
  • デビュー年2003年
  • 身長183cm
  • 体重72kg
  • 血液型O型
  • 干支 戌(いぬ)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

キム・リフェ

カン・ドハンは、2013年9月22日に、TVデイリーに「バレリーナのキム・リフェと俳優カン・ドハンの結婚の知らせが、伝えられている中、ドハンに対する関心が高まっている。複数の放送関係者によると、ドハンとリフェは、韓国芸術総合学校時代の同級生で、以前から親交を築き、今年初めから恋人へ発展し、約1年で結婚をすることになったと言われた」と記載された。

好きなタイプ

性格・パーソナリティ

カン・ドハンについて、2009年7月16日の『デイルリアン』で、ある芸能関係者が、「とても気さくな性格の持ち主で、裕福な環境で育ったが、かなり素朴な面がある友達だ。演技に対する素質もかなりあるそうだ」と話した。続けて、「ただし、事業家の家なので、ドハンが一人で、演技に集中する状況ができなかった。そんな彼を見守っている、回りのほとんどが『結局、俳優よりも、事業家の道に歩むことになるだろう』と推測をしたりしていた」と話したことが、記載された。

2013年12月6日の『日刊スポーツ』に、ドハンが映画『バレエ教習所』のオーディションで準備した、涙ぐましい「努力フール・ストーリー」が、記載された。

準備の為、1ヶ月半で、およそ20kgも痩せた。盤浦(バンポ)にある家から、汝矣島・漢江の水辺まで、毎日走ったという。1次オーディションで監督に、『その体でバレエするのか』と叱咤されたが、3次オーディションではむしろ、『どうか、体重をもう落とせないで』と頼まれたそうだ。

また、『バレエ教習所』で、ジャージャー麺の配達員ジョンソクを演じるため、ドハンは研究のために、色んな中華料理店へ通っていた。その為、盤浦で行っていない中華料理店は、ないと言うほどであった。

直接配達員に会って、インタビューもし、2ヵ月間、バイクを身に付けるために、毎日乗ったという。ドハンは、「後で、『新しい配達人が出てきたようなので、警戒しようという噂が、盤浦洞一帯のジャージャー麺配達員の間に広まっていた』と聞き、笑った」と話した。

趣味

カン・ドハンの趣味は、乗馬である。

ドハンのある側近は、2009年7月16日に、『マネートゥデー・スターニュース』と電話通話で、「ドハンはソウルに泊まっており、一週間に一回程度、週末に乗馬クラブに来て、会議を主宰して業務を処理する」と伝えた。

また、「長い間、趣味で乗馬を楽しんでおり、乗馬の実力も一品だ」とも話した。

特技

カン・ドハンの特技は、現代舞踊、バレエ、乗馬、ゴルフ、水泳である。

デビュー前の経歴

カン・ドハンは、韓国芸術総合学校で、現代舞踊を3年間専攻した。ソウル芸術高校に通っていた時から、様々なコンクールで入賞し、実力を認められた舞踊学徒であった。

しかし、国立舞踊団の客員バレリーナであった2001年に、公演途中、膝の関節が破裂する大きな怪我を負い、舞踊を続けることが難しくなり、やめなければならなかった。

ただし卒業公演は、演技と踊りが混ざった、ダンス・シアターだったため、幸い舞台に立つことができた。他の人たちは踊りの担当で、ドハンはじっと立って、小さな動作で絶叫する演技を担当し、見事に公演を終えた。

何一つ不自由ない環境で、立派に育ったドハンは、俳優になるため、一人で放送局を転々としながら、オーディションの知らせを聞いて回っていた。

テレビ局に、プロフィールを回しながら、2003年の映画『シルミド』のトーハン役で、本格的に俳優デビューした。俳優になってから、怪我を負った関節がかなり回復した状態だったため、いつかは踊りと演技をすべて兼ねた、ミュージカル俳優として活躍するという、新しい夢を育んでいた。

メンバー・周囲からの評価

カン・ドハンについて、女優ハン・ヒョジュは、2011年12月号の『新東亜(シンドンア)』のインタビューで、「ドハン(29)さんとは、どんな関係ですか?インターネットで資料を探してたら、二人の熱愛説が浮かんだことが、あったんですが」という質問に、「ただのお兄さんと、妹の関係です。一緒に働いたことはないが、親しいお兄さんです」と伝えた。

2013年9月22日、「俳優出身の事業家ドハンと、国立バレエ団最年少首席バレリーナ、キム・リフェが、ウェディング写真と共に、感動的なプロポーズストーリーを公開して、話題になった」と報道された。

映画館プロポーズに、リフェは感動して、涙が止まらなかったという。アイウェディング関係者は、『リフェをこのように大泣きさせたのは、映像ではなかった。負傷のせいで、バレエの中止を悩むほど絶望的な瞬間にも、いつもその側をしっかり守ってくれた、ドハンの献身的な愛があったからだ』と、二人の切ない愛を伝えた。

整形の噂

なし

Instagram・Twitterアカウント

  • なし
  • なし

カン・ドハンの応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

カン・ドハンの掲示板を見る

この記事の編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者: