ホン・リナについて

ホン・リナは、1991年の映画『人生は何客観式試験か』でスクリーンデビューし、その他『我すでにお前を忘れり』や、『お父さん』に出演した、韓国の俳優である。

1987年のMBCドラマ『青い教室』でブラウンデビューし、『秋にきたお客さん』『野望の歳月』『チョグァンジョ』『夫の女』『一月』『愛するあなた』『総合病院』『息子の女』『未妄』などに出演した。

1996年のMBCドラマ『山』の撮影中、不幸にも大きな事故に遭った。北韓(ブッハン)山の70m程の高さの岩場で、ロープを切って、自殺する場面を演技していた所、体を縛っていたザイルが突然切れてしまい、約30mの高さのある崖下に転落した。全身に、ひどい打撲傷を負い、芸能活動を続けることは、難しいように思えたが、10ヵ月ぶりにMBC時代劇『大王の道』の恵嬪洪氏役で、復帰した。

『姉の鏡』『それでも好き』『まじめに生きろ』『帝国の朝』『大大長今』『妻の反乱』など、多数の作品に出演している。

基本プロフィール

  • 名前ホン・リナ
  • 本名ホン・リナ
  • 英語名Hong Rina
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所なし
  • 所属グループ 韓国・韓流俳優 
  • 生年月日1968年02月07日 (50歳)
  • 星座 水瓶座
  • 兄弟妹2
  • 出身韓国・ソウル
  • 高校啓星高等學校
  • 大学水原女子大學校・放送芸能学科
  • デビュー年1987年
  • 身長170cm
  • 体重49kg
  • 血液型A型
  • 干支 申(さる)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

ベ・ジョンウォン

2005年8月『マイデイリー』の記事では、ベ・ジョンウォン氏との結婚が以下のように報じられている。

「ホン・リナと結婚予定の、4歳年上のベ・ジョンウォンさんは、米国カリフォルニアのサンホセのシリコンバレーで、企業体を一つ運営しているCEOだ。リナは、SBSドラマ『妻の反乱』が終わった後、友人に会うために、米国サンフランシスコを訪れた時、友達の紹介で出会い、6ヵ月間の交際の末に、結婚することになった。リナは、本紙との国際電話を通じて、『静かに聖堂で、結婚式を挙げようとしたが、両家の両親と親戚達が、形式を備えなければならないとして、結婚場所を物色している』と伝えた。『結婚式は、彼が勤務しているサンホセで挙げる予定であり、新居はサンフランシスコより、やや下の地域にあるプレゼントに自宅を用意する予定だ」と記載された。

2006年2月18日に、米国で結婚式を挙げ、9月に女の子を出産した。

好きなタイプ

ホン・リナは2015年12月、娘が1歳の時、韓国での『スターニュース』とのインタビューで、「夫のどんな点が気に入って、結婚を決心したのか」という質問を受けた。

その際、「結婚を決めた、特別なきっかけはなかった。年を重ねると、計算するし、条件もたくさん増えるが、一ヶ月ぐらい会ってみると、変に信頼感が生まれた。私も年だったので、これまで他の出会いがなかったわけではないが、この人を見ていると、一生一緒に暮らせる信頼が生まれた。言葉で説明することはできないが、一緒にいると、とても楽だ。笑う姿が好きで、善良に見える所が好き。私たち二人は、性格がよく合う。そんなにユーモアが、たくさんある人ではないけど、一緒にいる時、話題がなくても、楽しくて面白い」と答えている。

性格・パーソナリティ

ホン・リナは、国内最大のウェディングサービス会社である、(株)アイウェディングネットワークスを運営している、キム・テウクの助けを受けて、乾坤式の準備を行っていた。

リナは、「米国で、米国商品を使うより、私がたくさんの愛を頂いた、韓国で準備することの方が、意味が大きいと思って、韓国で結婚準備することにした」と、米国で結婚することにもかかわらず、韓国で結婚準備をする理由を明らかにした。韓国への大きな感謝を感じている、謙虚な性格が垣間見える。

テウク代表も、「普段、リナさんの謙虚な性格、質素な生活習慣をよく知っていたが、米国で外貨の無駄遣いせず、結婚の準備に向けて、韓国に来たリナさんの姿は、本当によかった」と話した。

趣味

ホン・リナは、一週間に2回ずつ、規則的に水泳をしている。

「朝食を取らない状態で、1時間程水泳をすると、体も軽く、顔のむくみもなくなる」と、インタビューで話している。

特技

ホン・リナの特技は、舞踊である。

デビュー前の経歴

ホン・リナは、いずれもカトリック系ミッションスクールである、啓星小学校、啓星女子中学校、啓星女子高校出身である。

デビュー作のMBCドラマ、『青い教室』で大きな注目を受けたが、交通事故で活動を中断し、1990年の『秋にきたお客さん』で復帰した。

メンバー・周囲からの評価

ホン・リナは、女優のチェ・シラと親しい友人関係で、リナの結婚式を、シラと彼女の夫のキム・テウクが手伝った。リナの娘の1歳誕生パーティーに、臨月の身で参加するほど、親しい関係である。

2015年のバラエティ放送、『ラジオスター』に出演したパク・ウネは、ドラマ『大長今(テジャングム)』のおかげで、中国で人気を得るようになったという、エピソードを公開した。

「運が良かったのは、一緒に撮影したイ・ヨンエさんが、同じ年齢ではなく、ギャラが本当に高いし、リナさんは外国にいた。その次が私だった」と、率直に打ち明けて、周囲の笑いを誘った。

整形の噂

Instagram・Twitterアカウント

  • なし
  • なし

ホン・リナの応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

この記事の編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者: