ホン・スアについて

ホン・スアは、2004年のMBCシチュエーション・コメディ(シットコム)『ノンストップ5』で、正式に俳優デビューした。

2006年SBSドラマ『101回目のプロポーズ』、2007年KBSドラマ『空くらい地くらい』、2008年KBSドラマ『愛しの金枝玉葉』、2011年MBCドラマ『男を信じた』、2012年KBSドラマ『康哲本色』、2013年KBSドラマ『大王の夢』、中国CTV1『 オンジュリャンガイン(溫州兩家人)』、2014年中国Hunan Television『 オクマンイェスンイン(亿万继承人)』などに出演した。

2004年の映画『フェイス』でスクリーンデビューし、2005年『恋の潜伏捜査』、2013年『恋愛の技術』、2016年『マリス』と『傍観者』、2017年『 逆謀:反乱の時代』に出演した。2005年にMBC放送演芸大賞・ベストドレ賞、2015年に韓国映画を輝かせたスター賞・ライジング韓流スター賞、2015年に第19回富川国際ファンタスティック映画祭・韓中文化交流賞、2015年に第4回APAN Star Awards・韓流上、2016年に第11回アジアモデルフェスティバル・アジア特別賞(俳優部門)など、多数の賞を受賞した。

基本プロフィール

  • 名前ホン・スア
  • 本名ホン・グニョン
  • 英語名Hong SooAh
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所DreamTエンターテインメント
  • 所属グループ 韓国・韓流俳優 
  • 生年月日1986年06月30日 (31歳)
  • 星座 かに座
  • 兄弟弟1
  • 出身韓国・京畿道華城市
  • 高校永新女子高等學校
  • 大学建国大学映画芸術学科
  • デビュー年2003年
  • 身長166cm
  • 体重44kg
  • 血液型O型
  • 干支 寅(とら)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

リュウ・ヒョジン

ホン・スアは、2011年2月22日に、リュウ・ヒョジンと交際中であるとの報道が出た。

この報道には、ヒョジンも悔しかったのか、「何回かご飯を一緒に食べて、電話すれば、交際することになるのですか」と話した。

スアは、過去tvNバラエティー番組『現場トークショーやタクシー』に出演して、ヒョジンとの熱愛説について、「事実ではない」との熱愛説を説明した。さらに、「親しいお姉さんと弟のような間柄だ。 キム・ソクリュとキム・テギュン選手の結婚式で、祝歌を歌うことになり、練習をしながら一緒に撮った写真のせいで、誤解された」と説明した。 また、「我々が本当に付き合っていたら、隠しただろう」と話した。

好きなタイプ

ホン・スアは、2010年04月の『日刊スポーツ』インタビュー記事によると、ホン・スアの実際の理想型は、「見れば見るほど情が行く人だ。柔らかくて、楽なイメージ、自分の仕事に誠実な人がいい」と記載された。

2015年3月の『韓国経済』の記事によれば、「理想のタイプは、ひたすら守ってくれる男で、映画『ボディーガード』のケビンコストーや、ドラマ『星から来たあなた』のド・ミンジュンのような、スタイルの男性が好き」と伝えた。また、「普段から漢江(ハンガン)近くで、キャッチボールすることが好きだが、ボールをよく受けてくれる男ならいい」と明らかにした。

性格・パーソナリティ

ホン・スアは2017年11月4日に、SBS芸能プログラム『Little Too Crazy』で、料理を作り、中国の友達らは、それをおいしく食べた。友達らは、ご飯を二杯ずつ食べながら、下手な韓国語で「おいしい」と賞賛し、「これを本当に、お姉さんが作ったのか」と言い、驚いた。彼らは、自分たちを世話してくれるスアを「ホン・オムマ(ママ)」と呼んだ。

2016年2月10日に、「MAXIM Dnily New」の記事に、「元々、イメージがすごく明るい方だが、180度違うイメージで観客に近づくと、『ホン・スアは、本当に演技幅の広い俳優なんだ』と認めてくれようだった」とインタビューした。

また、「仕事とは別に、中国の関係者らが、私の性格をとても好いてくれる。中国は、女子があまりいないので、姫のようになる人が多い。ところが私は、ラフな姿を見せるので、好きがってくれるようだ。例えば、『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョンさんのようなイメージを好きがる」と話した。

2009年に放送された、KBSjoyのテレビ番組『美男屋台』の収録で、「多くの人は、私が活発な性格だと思って、各種の芸能番組からラブコールを送られますが、実際の性格は恥ずかしがり屋で、おとなしいから、芸能番組に出演すれば、胸が高鳴り、どうすればいいか分からなくなる」と伝えた。

趣味

ホン・スアの趣味は、写真撮影と映画鑑賞、読書である。

2017年10月に、SBS芸能プログラム『Little Too Crazy』初放送で、スアは中国で、スケールが違う、モク放(食べる放送)を披露した。

北京空港に到着して、すぐに彼女が買ったのは、食べ物であった。清純なイメージの外見では想像できない、休みのない見事なモク放をみせた。

特技

ホン・スアの特技は、料理、ジャズダンス、韓国舞踊である。

2017年11月4日に、SBS芸能プログラム『Little Too Crazy』で、スアが中国の友だちに出すために、韓国から用意して来た材料を基に、参鶏湯、ブルゴギ、きゅうりづけ、チャプチェや中国料理マラシャングォまで作った。

手が大きなスアは、薬味をたっぷり入れ、自分が作った料理を食べさせながら、幸せそうな表情を見せた。反面、自分が食べる時は、休む暇もないモク放を披露して、視線を集めた。

デビュー前の経歴

ホン・スアは、京畿道華城市で生まれ、水原市で成長した。

高校生の時、偶然街でスカウトされ、2003年のファッション雑誌「CeCi(セシ)」の専属モデルとして、活動した。また、2003年のSBSドラマ『パンチ~運命の恋~』や、映画『狐怪談』『花嫁はギャングスター2』などで、短役や脇役としても出演した。

2004年に、シチュエーション・コメディ(シットコム)『ノンストップ5』を通して、本格的に芸能活動を始める。過去バラエティー番組『Xマンを探せ』に出演した時、「ホン・グンヨンも、きれいな名前なのに、どうして芸名を使っているの?」と、ユ・ジェソクから質問された。それに対し、スアは「同時期に子役だった、ムン・グンヨンが先に売れていたから、芸名をホン・スアに決めた」と明らかにした。

最初、雑誌モデルとして活動する時は、本名を使用していたが、芸能界に入ってからは、ホン・スアとして活動した。

一時、「スアが不良グループ主審で、いじめっ子だ」という書き込みが広がった。しかしそれは、友達が自分たちのミニホームページに思い出を上げたことをアンチファンが、悪用して作った話であった。学生生活記録簿にも、「真面目で交友関係がいい」と記載されており、高等学校の時にデビューしたため、いじめっ子説は、事実上時期的にも合わない。

メンバー・周囲からの評価

ホン・スアは、野球チームの「トゥサン・ベアーズ」の大ファンで、彼女の球を投げる姿が写真で公開され、反響を呼んだ。綺麗な服を着て、笑いながら、適当にボールを投げる他の女性始球者たちとは違い、女優だからといって、綺麗に見せるための表情管理や衣装もなく、始球式に最適な服装と、早い直球でストライクを抑えるという、意志の強い印象で、好評であった。

しかも、当時キム・ソンウ選手と、同じ水準の投球フォームの比較の写真が上がり、話題になった。始球練習を重ねて来た、スアの実際の始球式速度は、時速85キロ程度で、普通の男性よりも早い水準である。

「トゥサン・ベアーズ」側で、名誉の先発投手牌を授与することもあった。この時もスアは、「ブルペンで待機している」と、機転の効く返答をした。「トゥサン・ベアーズ」のホームページの選手団コーナーにも、名誉先発投手タブに、堂々と登録された。

整形の噂

ホン・スアは、目の整形が疑われている。

尊敬する人

ホン・スアの尊敬する人は、チョン・ドヨンである。

Instagram・Twitterアカウント

ホン・スアの応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: