チョン・ジフンについて

チョン・ジフンは、韓国のマルチエンターテイナーであるが、歌手や俳優としてのイメージが強い。芸名である「ピ(雨)」は、「雨のように、すべての人々のそばに降りたい」という意味であると言う。

海外では、RAINという名前で活動を行っている。2003年のドラマ『サンドゥ、学校へ行こう!』に出演し、注目を浴びた。その後、ドラマ『フルハウス』では、韓国はもちろん、アジア全域で大ヒットし、名実共にトップスターとなった。

韓流ブームに乗って海外に進出し、Rainという名前で、アジア圏、アメリカでも活動し、韓国が排出した「第1世代ワールドスター」と呼ばれた。

基本プロフィール

  • 名前チョン・ジフン
  • 本名チョン・ジフン
  • 英語名Jung Ji-hoon
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所レインカンパニー
  • 所属グループ 韓国・韓流俳優 
  • 生年月日1982年06月25日(36歳)
  • 星座 かに座
  • 兄弟
  • 出身韓国・忠清南道瑞山市
  • 高校安養芸術高等学校
  • 大学慶熙大学校・檀国大学校
  • デビュー年1998年
  • 身長184cm
  • 体重75kg
  • 血液型O型
  • 干支 戌(いぬ)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

チョン・ジヒョン

チョン・ジフンとチョン・ジヒョンは、2009年から1年間熱愛中であったが、その事実が知られる事はなかった。前にジフンが「恋人ができても、公開しない」と言っていたからである。

取材チームが、ジフンとジヒョンの熱愛事実を撮るために、100日もの間つきまとったが、彼らは完璧に隠れてデートをした。デートは主に、三成洞に位置するジヒョンのマンションであったという。

ジフンが直接、ジヒョンの家に尋ねる方法で密会を重ね、人々の目を避けるために、デートは主に夜遅い時間であったり、日曜日に主に会っていた。「露出への警戒から、ドライブもせず、徹底的に周辺を確認した」とも話している。

しかし、ジフンが公の場で、ジヒョンとのペアリングをつけて登場し、結局ばれてしまった。

キム・テヒ

チョン・ジフンの結婚相手は、キム・テヒである。

2012年、とある広告の撮影を通じて、縁を結んだジフンとテヒは、2013年1月1日に、恋人の仲であることを公にした。このカップルは、5年間という長い恋愛期間の末、2017年1月19日に結婚した。

2017年 10月 25日には、「娘が生まれた」という出産報告を行い、幸せな時間を過ごしている。しかし、2017年1月19日に結婚式をあげたことから、「授かり婚ではないか」と言われている。

2歳年上の姉さん女房であるテヒは、出産と育児に専念するため、活動をストップしている。

好きなタイプ

チョン・ジフンは、自分の好きな女性について、「理想としては、二重人格を持った女性がいい。具体的に言えば、昼には慎ましやかな女性だが、夕方になると、派手な女性に変わるような人がいい」と明らかにした。

続けてジフンは、「こんな事を話せば、変態みたいだと思われるかも知れないが、昼には幼稚園の先生のように清楚で、可愛くて初々しいが、夜になると、セクシーで積極的になる女性が好みだ」と付け加えた。

またジフンは、年上の女性が好きで、結婚相手であるテヒも、2歳年上である。

性格・パーソナリティ

チョン・ジフンは、「私は、とりあえず美味しいものが大好きで、人がたくさんいるような所も大好きで、ただ楽しむ事が大好きだ」と、実際の性格を語った。

つづけて、遊園地へ行ったエピソードを語り始めた。「この前、ジェホン兄さんに、『遊園地へ一緒に行こう』と誘った事がある。その日は平日だったので、あまり人がいないかと思い、ジェホン兄さんとペッカと3人で、一緒に遊園地へ行った」と語った。

それからジェホンが、「はっきりと思い出す。ジフンが、マフラーで自分の目を全て隠し、帽子もかぶった状態だったのに、アイスクリームを販売する職員に、『すべて分かっていますよ』と言われた」と告白して、大きいな笑いを呼んだ。

この記事を目にした人々は、ネット上で、「ジフンの性格は、本当に面白い」「実際の性格のジフンには、遊園地に行くと会えるのか?」「ジフンの実際の性格は、意外に気軽だね」「ジフンも、普通の人々とまったく同じだ」などの反応を見せた。

趣味

チョン・ジフンの趣味は、インテリア鑑賞である。

ジフンは、SBSパワーFM『チョン・チャヌ、キム・テギュンの2時脱出カルトショー』で、「趣味の生活がスタートした。その趣味とは、インテリアだ」と語った。そして、「インテリアをただ眺めるのがいい」「いままで購入したことはない」と、付け加えた。

ジフンは、「家具と衣類は、すぐに飽きる。ただ眺めるだけの、ウィンドーショッピングが一番良い」と伝えた。

特技

チョン・ジフンの特技は、歌手としてのパフォーマンスである。

努力で作り上げた、ジフンのダンスレベルは、歴代国内歌手の中でも、最高と言われている。特に、ダンスをよく踊る歌手たちの中でも、身体条件がよく、より引き立つ特徴を持っている。

歌って踊れる歌手としての興行力は、韓国だけでなく、アジアでもトップクラスだと言える。ジフンがよく言う、「ヘイ!ホ!スパスパ!」のリズムに、「好きではない」と批判を受けることもあるが、そのリズムがむしろ、舞台をパワフルに見せている。

また、魅力的で、すばらしい歌唱力も見せてくれる。ボーカリストと呼ばれるほどではないが、ハスキーな歌声が魅力的で、その魅力を自分の曲で生かす事が、得意である。

デビュー前の経歴

チョン・ジフンは、1998年にFan Clubという、グループのメンバーとして登場したが、これといった活動がないまま、消えていった。

その後も、歌手の夢を抱きながら、安養芸術高等学校に通っていたが、極貧生活のために、母親の治療費を出す事が出来ず、結局母親は亡くなってしまう。

悲しみの中、かろうじて生きていたが、パク・ジニョンの目に留まり、JYPの演習生となる。ジニョンが、後に明かしたキャスティング理由は、「無伴奏で、ダンスを何時間も踊ってみろ」と言う無茶な要求にさえ、すぐに実行するほど、切迫したものがジフンから見えたからだという。

ジフンは、お金がなくて、牛乳にふやかしたラーメンで、朝・昼・晩の三食を済ませたり、服を買うお金がなくて、汗の匂いがするトレーニング服を一か月着て、通っていたというエピソードは、有名である。

この時の記憶からなのか、「未だに、自分にご飯を買ってくれる人が、とても好きだ」と話す。その後、パク・チユンなどのバックダンサーとして活動し、舞台の感覚を慣らして行き、2002年に『悪い男』で、歌謡界に復帰した。

メンバー・周囲からの評価

チョン・ジフンの性格について、俳優シン・セギョンが暴露した。

セギョンは、9日に放送されたtvN『現場トークショータクシー』に出演し、映画『R2B:リターン・トゥ・ベース』で、相手役であったジフンに係わる話を出した。

この日、セギョンは「ジフンと、とても親しくなった」と言い、「私にとってジフン先輩は、8歳もの年の差があり、難しい存在であったが、最初から親しく接してくれた」と説明した。続けて、「普段、舞台では男らしいスタイルだが、実際は人懐っこくて、おばさんのようだし、いたずら好きで、愛嬌がある」と暴露した。

整形の噂

あり

好きなアーティスト

チョン・ジフンの好きなアーティストは、マイケル・ジャクソンである。

尊敬する人

チョン・ジフンの尊敬する人は、マイケル・ジャクソンである。

Instagram・Twitterアカウント

チョン・ジフンの掲示板で話す

本記事に掲載されている情報は、編集部による調査・分析に基づいて出来る限りの正確性を期しておりますが、万が一内容に関しての誤りがありましたら、こちらの情報修正フォームよりご指摘ください。すみやかに調査をおこない、訂正させていただきます。

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: