ムン・ガヨンについて

ムン・ガヨンは大韓民国の女優である。幼い頃ドイツで育ち、小学校3年生の時、家族と共に帰国し、韓国での生活を始めた。

2006年の映画『師の恩』で女優デビューし、その後ドラマ『客主-商売の神』(2015年)、『嫉妬の化身』(2016年)、『魔女宝鑑』(2016年)などで本格的に大衆に名前を広めた。

子役としてデビューしたムン・ガヨンは、現代劇・時代劇など多様な作品活動を活発に行っている。

基本プロフィール

  • 名前ムン・ガヨン
  • 本名ムン・ガヨン
  • 英語名Mun Ka-young
  • 性別女性
  • 国籍韓国
  • 所属事務所SM C&C
  • 所属グループ 韓国・韓流俳優 
  • 生年月日1996年07月10日(22歳)
  • 星座 かに座
  • 兄弟
  • 出身韓国・バーデン(ドイツ)
  • 高校豊文高等學校
  • 大学成均館大學校 演技芸術学科
  • デビュー年2006年
  • 身長169cm
  • 体重不明
  • 血液型不明
  • 干支 子(ねずみ)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

いない

ムン・ガヨンの交際や彼氏・彼女に関する噂や報道はない。

好きなタイプ

ムン・ガヨンは、2014年に放送されたMnetドラマ『ミミ』の制作発表会で、理想の男性について言及した。「背の高い人が好きである。チャンミン兄さんも背が高く、私の理想に近いが、あまりに恐れ多い」と語り、隣に座っているチャンミンは恥ずかしそうな笑顔でうつむいた。

また映画『カッター』で演じた、一途な愛を見せるウンヨン役に対して、「ウンヨンは最近では見られないほど純粋で清い女性です。自分がそのように純粋な愛を表現できないから、ウンヨンに惹かれています」と、自身の恋愛スタイルに関して述べた。

性格・パーソナリティ

ムン・ガヨンは明るい性格の持ち主である。2015年に公開された映画『アイルランド-時間の島』のパク・ジンソン監督は、「ムン・ガヨンは性格が明るい。映画自体は暗い話であったが、カメラの外では冗談を言っていたずらをしながら楽しく撮影していた」と述べた。

さらにパク・ジンソン監督は「ムン・ガヨンは見栄を張ったりする人ではない。当時は高校生だったので、中間考査の準備の話をするなど、ありのままの日常を話していた」と述べている。

2014年に放送されたMnetドラマ『ミミ』で演じた、陽気ながらも肯定的なミミ役は、まさにムン・ガヨンの明るい性格とよく似ている役だった。

こんな親しみやすい性格からか、学生時代も友達はムン・ガヨンのことを芸能人だと特別扱いしなかった。過去のインタビューでは、「子役俳優のイメージが強すぎてしまうため、子役俳優にとって、成人俳優に変わる過程が非常に重要だと思う。今後は深い演技や推理劇、スリラーなどをしてみたい。深く考えて研究する、しっかりとした演技をしてみたい」と述べ、今後のビジョンに関して、しっかりと自分の考えを持っている、一人の女優の姿が垣間見えた。

趣味

ムン・ガヨンの趣味は、本を読むことである。2017年に放送されたtvN『問題的男』に出演した際、本好きな習慣を公開した。

好きな本は、『論語』、ダンテの『神曲』を挙げた。ムン・ガヨンは「家にはまだTVがない」「両親があまりにも本が好きである。家族同士でご飯を食べたり、カフェに行けば、今読んでいる本は何なのか、お互い話をするのに忙しい」と述べた。ムン・ガヨンの父は物理学者、母は音楽家である。

特技

ムン・ガヨンは、英語・ドイツ語・韓国語の3カ国語が堪能な「脳セク女」(脳がセクシー=頭が良いだけではなく、話術に優れ、ユーモアを持っている人のこと)である。

ドイツ留学生活の中で出会って結婚した両親の影響で、ドイツで生まれ、10歳まで生活しながら、英語とドイツ語を学んだという。番組でよくドイツ語を流暢に話す姿が見られる。

デビュー前の経歴

ムン・ガヨンの父は物理学者、母は音楽家である。両親はドイツ留学生活当時、出会って結婚した。ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州カールスルーエで生まれたムン・ガヨンは、10歳まで、ずっとドイツで育った。

小学校3年生の頃、家族と帰国し、韓国での生活を始めた。2017年に放送されたtvN『問題的男』では、ドイツ語と英語の実力を誇示して楽器、バレエ、乗馬などの様々な趣味も公開した。これに対して視聴者たちは、その美貌と多様な魅力を持ったムン・ガヨンに関心を寄せた。ムン・ガヨンは、2017年の現在は成均館大学演技芸術学科に在学中である。

デビューのきっかけは、ムン・ガヨンの叔父が広告モデルコンテストに写真を送って、それが抜擢されたことである。ムン・ガヨンは、当時のことを「最初は楽しみのためだけに演技をしたが、今では多くの欲がある」と話している。その後、子役としてデビューしたムン・ガヨンは現代劇・時代劇など多様な作品活動をしてきた。2016年SBSドラマ『嫉妬の化身』では、反抗的な高校生イ・パルガン役を引き受けて愉快な10代の役割を消化して目を引いた。2015年KBS2『客主-商売の新2015』では肉屋の娘に生まれ、奴婢として売られてきたウォリ役を引き受けて史劇経験も積んだ。

メンバー・周囲からの評価

2014年に放送されたMnetドラマ『ミミ』では東方神起のチャンミンと共演し、熱演を繰り広げた。美術室で、最初のキスを交わしたムン・ガヨンとチャンミンの切ないシルエットシーンが当時話題を集めた。

チャンミンは「自分が、学生時代に成し遂げられなかった学校でのロマンスを、監督が優美に撮影してくれた」と満足そうに話した。ムン・ガヨンも、キスシーンを撮影する時にはぎこちなくなるかと心配していたが、NGもなく無事に撮影できてよかった」と述べている。

整形の噂

目の整形の噂がある。

好きなアーティスト

エリック(神話)、T.O.P(BIGBANG)

尊敬する人

アンジェリーナ・ジョリー、ハ・ジウォン

Instagram・Twitterアカウント

ムン・ガヨンの掲示板で話す

本記事に掲載されている情報は、編集部による調査・分析に基づいて出来る限りの正確性を期しておりますが、万が一内容に関しての誤りがありましたら、こちらの情報修正フォームよりご指摘ください。すみやかに調査をおこない、訂正させていただきます。

この記事の編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者: