シム・ジホについて

韓国俳優シム・ジホは、10代から活動するイケメン俳優である。シム・ジホは、経歴からいうとベテランと呼べるほどで、中国ドラマの放送中止やドラマ制作破棄など俳優としてさまざまな苦労を経験してきた。

シム・ジホは、2008年に公開され大ヒットを記録した映画『霧花店』で、チョ・インソン演じるホンリムと対立する人物スンギ役を熱演し、スポットライトを浴びた。

また、ペ・ヨンジュンと同じBOFに所属している彼は、ペ・ヨンジュンのトレーナーの指導を受けて”モムチャン(モム=体、チャン=最高)”姿を披露して話題になった。

基本プロフィール

  • 名前シム・ジホ
  • 本名シム・ジホ
  • 英語名Shim Ji Ho
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所エッチエイトカンパニー
  • 所属グループ 韓国・韓流俳優 
  • 生年月日1981年05月02日 (37歳)
  • 星座 牡牛座
  • 兄弟弟1人
  • 出身韓国・ソウル特別市
  • 高校江西高校
  • 大学世宗大学映画芸術科
  • デビュー年1999年
  • 身長183cm
  • 体重63kg
  • 血液型O型
  • 干支 酉(とり)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

一般女性

シム・ジホのドゥクニョのニュースが伝わった中、シム・ジホの妻にも注目が集まっている。

シム・ジホは、2013年7月現在の妻と結婚式を挙げた。 当時、シム・ジホは一般人である妻のために非公開で結婚式を開催し、妻の顔も公開しなかった。シム・ジホの所属会社の関係者は「新婦は、一般人で、大学院生である。 予備新婦が一般人なので、秘密裏に結婚を進めてきた」、「ー般人である恋人を配慮する心からこれ以上詳しい内容を公開することはちょっと大変だ。」と説明することも。

なし

なし

好きなタイプ

シム・ジホは、対話がよく通じる女には心が開かれる。 シム・ジホはいくら魅力があっても疎通することから問題が生じる女性は長く会えないようと明らかにした。

シム・ジホは、「私と考えが似ている人だったらいいと思う。 対話する上で何も知らないなら言葉が通じないじゃないか。 そんな部分で教養もある程度あったらいいなと思い、関心分野も同じならもっといいな。 映画好きで、運動も好きだ。 本を読むのも本当に好きだ。痩せた人をあまり好きじゃない。 健康な人がいい」と明らかにしている。

性格・パーソナリティ

シム・ジホは、『カラー・オブ・ウーマン』の製作発表会で「冷たくて礼儀のない姿で人たちが私を見るのに私を知っている人は全く冷たく感じない。 そのような役割をたくさんしたようだ。」、「私の中にある明るい姿を見せたい。 いたずらをするのが好きで、もともと愛嬌も多い。」と釈明した。

シム・ジホは、ドラマ「カラー・オブ・ウーマン)は全く違う価値観や生き方、魅力を持った二人ビョン・ソラととワン・ジンジュが化粧品会社を背景に、仕事と愛を繰り広げる話だ。シム・ジホは劇中の暖かくて繊細さと柔らかさを備えたカン・チャンジンの役割を引き受け、ビョン・ソラと、ワン・ジンジュと友情と愛をつなげていく。

また、シム・ジホは、「程度の差はあると思うのですが、気難しく完璧主義です。一緒に遊ぶ友達の中でも、何かを企画して計画を組むことは、僕が一番うまいんです。もちろん、他の人がやってもいいんですが、自分でやらないと満足できないんです。」俳優たちはみんな敏感なのでそういう部分が似ていると話す中でも、結局、結論は、シム・ジホが考えるシム・ジホになるほど、自分自身をよく知っている。

趣味

シム・ジホは、チャンネルA開局特集月火ミニシリーズ『カラー・オブ・ウーマン』(脚本イ・シヒョン、チェ・ヨンジ、チョン・ヨンソン展開、演出キム・スヨン)6回分の撮影で、俳優シム・ジホがちょうどシャワーを終えて出てきたさわやかな姿で登場した。シャワーガウンの間からほの明らかになったシム・ジホのしっかりした胸の筋肉とシックスパックで男性的魅力を存分発散した。

シム・ジホがシャワーのガウンを着て登場するやいなや、スタッフたちは「普段、本当に管理を熱心にしたようだ」、「筋肉がとても格好よい」と賛辞を送ったという話だ。

特技

デビュー前の経歴

シム・ジホのデビュー前の経歴は不明である。

シム・ジホは、1999年, ドラマ『学校2』に出演してクールに微笑む華麗な貴公子役を演じ、一躍“ハイティーンスター”の仲間入りをした。

シム・ジホは、新鮮なマスクと安定した演技力で、KBSの看板ドラマに連続キャスティングされるという幸運に恵まれた。続いて2004年には映画『緑の椅子』でスクリーンデビューを果たし、衝撃的な彼の変身に多くの人々が驚いた。

また、同年に撮影したドラマ『ガラスの靴』が日本でも放映されて、彼のマスクを好む日本ファンが急増した。続いて日本現地から幾つかのラブコールがあったが、その当時スケジュールの調整がつかず、残念なことに日本の作品出演が叶わなかった。

シム・ジホは、2005年には、MBC TVドラマ『別れの法則』でプレイボーイ役を立派に演じこなし、視聴者から好評だった。あまりにもはまり役なので実際にもプレイボーイにも思えるが、「現実では、ウソをつかずに正直な姿を見せるタイプ」だと語り、プレイボーイ役が難しいという反応を見せた。

一方、ペ・ヨンジュンと同じBOFに所属している彼は、ペ・ヨンジュンのトレーナーの指導を受けて“モムチャン(モム=体、チャン=最高)”姿を披露して話題になった。

メンバー・周囲からの評価

シム・ジホは、自分のインスタグラムを通じて故キム・ジュヒョクと一緒に撮った写真を公開した。

シム・ジホは、「勇気を出してやっと写真とったもので、これが最初で最後ってお兄さん会いたいですね。 兄と一緒に作業した瞬間を長く大切にします。。 兄がいてもっと楽しい現場でした。 ジュヒョク兄さんお休みなさい。」という文を書いた。

公開された写真の中にはキム・ジュヒョクがシム・ジホの横で明るく微笑んでいて悲しさを増している。シム・ジホとキム・ジュヒョクは過ぎた9月に終映したtvNのドラマ『アルゴン』で一緒に呼吸を合わせた。ドラマの中ではキム・ジュヒョクがマスコミの探査報道チーム『アルゴン』のチーム長役を、シム・ジホがチーム員であり、経済記者役で熱演を繰り広げた。

整形の噂

なし

尊敬する人

チェ・ミョンギル

Instagram・Twitterアカウント

シム・ジホの応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

シム・ジホの掲示板を見る

この記事の編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者: