チェ・ジンシルについて

チェ・ジンシルは、1988年のMBC『閑中録』で、本格的に女優デビューをした。『貴方の祝杯』、『シジン邑』で、テレビドラマ初主演を務めた。

『 眠らない樹』、『第5列』、『波紋』、『我らの天国』、『二冊の日記』、『追憶旅行』、『風景』、『約束』、『嫉妬』、『魅惑』、『暴風の季節』、『恋の香り』、『ジャズ』、『アパート』、『ドリーム・レーサー』、『星に願いを』、『君と僕』、『追憶』、『薔薇と豆もやし』、『 風雲』、『君を知ってから』で、芸能活動に復帰した。その他にも、『ジャズ』、『薔薇の戦争』、『バラ色の人生』、『悪い女 善い女』、『ラスト・スキャンダル』など、数多くのドラマに出演している。

1988年の映画『最後のソウル』で、スクリーンデビューを果たす。その後も、『南部軍』、『コッチタン』、『私の愛、私の花嫁』、『あのね、秘密だよ2』、『スーザンブリンクのアリラン』、『森の中の部屋 』、『ミスター・マンマ』、『愛したい女、結婚したい女』、『私は望む、私に禁じられたことを カン・ミンジュ』、『嫁さん殺し チャン・ソヨン』、『ママに恋人ができたよ』、『誰が俺を狂わせるか ジョヨン』、『ゴースト・ママ』、『ベイビー・セール』、『手紙』、『マヨネーズ』、『燃ゆる月』などに、出演した。

自分をデビューさせたマネージャーのべ・ビョンスの暗殺や、拉致未遂事件など、身の回りで起きだ出来事は、恐ろしいことが多かった。当時、ビョンスを殺害した人物が、ロードマネージャーであったことが判明し、世間に多大なショックを与えた。拉致事件の時には、マネージャーが腹を刀で切られ、大変危険な事態が起こった。2008年10月2日に、自殺で死亡した。

基本情報

  • 名前チェ・ジンシル
  • 本名チェ・ジンシル
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所なし
  • 所属グループ 俳優 
  • 生年月日1968年12月24日(48歳)
  • 兄弟弟1妹2
  • 出身韓国・ソウル
  • 高校仙一女子高校
  • 大学なし
  • デビュー年1988年
  • 身長163cm
  • 体重46kg
  • 血液型O型

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

ビョン・ジンソプ

チェ・ジンシルは、初めての恋愛説が出たのは、1989年のことであった。

90年代序盤、2人は恋愛中であることを隠さなかった。当時、2人共がトップスターであったので、波長はかなり大きかった。しかし、今のようなインターネットメディアが活発ではなかった為、世間全体に行渡るほどが、広く広まることはなかった。

テレビ放送で、お互いに関する言及はもちろん、「結婚の計画がある」と伝えるなど、長い時間交際していたが、破局した。

共にトップスターであったが、ジンシルの方が、俳優として更に有名になり、ビョン・ジンソプは、アイドル音楽が始まる時代であったので、「徐々に忘れられ、別れた」と言われている。しかし、噂によると、ジンソプの親が、離婚した片親に育てられ、少女家長のような彼女との結婚を反対し、別れたという。

チョ・ソンミン

チェ・ジンシルは、プロ野球界トップスターのチョ・ソンミンと出会い、共に一目惚れをして、2年間の熱烈な交際をしていた。しかし、結婚の話が出た時、両家の親の反対にあった。

ソンミンは、睡眠薬100粒余りを服用するという、極端な選択に出た。そんな経緯もあり、ようやく許可を得て、2000年の当時、読売ジャイアンツに所属していたソンミンと結婚した。しかし、円満な結婚生活を維持できず、2人目の子供がお腹の中にいた2002年12月に、公式的に別居を始めた。

2002年12月、結婚生活の終わりを迎え、結局2004年9月1日に、協議離婚した。

好きなタイプ

チェ・ジンシルは、理想のタイプに関する言及はなく、芸能人で言うと「神話のエリクだ」と伝えた。

性格・パーソナリティ

チェ・ジンシルについて、タレントのチョ・ヨンクは、「SBS『真夜中のTV芸能』の今までのリポートの中、特に記憶に残るスターは、故・チェ・ジンシルだ。ジンシルは、リポート上最も多く会話を交わしたスターで、直接会った彼女は、ざっくばらんで飾らない性格だった」と話した。

ジンシルは、広い対人関係を持っていて、20年以上俳優として働き、放送関係者達とも、あまねく親しくし、おせっかいを焼いていたという。結婚後、何人かの記者を家に招き、食事を振る舞うほど、人間味あふれる俳優であった。

当時、ジンシルの家に招待された、ある週刊誌の記者は、「ジンシルさんは、自分の記事を書いた記者に、『記事みました、ありがとう』と、メッセージを送るような人だった。たまに事実じゃなかったり、自分の考えと異なる内容については、電話で抗議したことも多々あった。それだけ、他人が自分をどう評価するかについて、関心が高く、何事にも積極的だった」と話した。

趣味

チェ・ジンシルのプロフィールによると、趣味は絵画を描くこと、水泳、自転車に乗ることである。

特技

チェ・ジンシルのプロフィールによると、特技は徒競走である。

デビュー前の経歴

チェ・ジンシルは、小学校中学校が同じであった、当時のスーパースター、カン・スヨンを見て、俳優になりたいと思った。17歳の時に、父親が家族の元を離れたことが原因で、大学に進学することができなかった。

ロッテリアで、時給600ウォンをもらい、2か月間アルバイトをしながら、自分で写真を持って、芸能事務所を訪ねていたという。モデルエージェンシーにスカウトされ、芸能界入りした。

エキストラモデルとして活動中していた1988年に、出演したサムスン電子のテレビコマーシャルをきっかけで、有名になった。

メンバー・周囲からの評価

チェ・ジンシルをロールモデルとして挙げたのは、俳優のヤン・ジンソンであった。「私は、幼い時からジンシル先輩のように、人を楽しませる俳優になることが、夢でした。ジンシル先輩が、亡くなったというニュースを聞いた時の感じをまだ覚えています。まるで、親戚が亡くなった時のような感じでした」とインタビューで話した。

歌手兼俳優のオム・ジョンファは、MBC『セクションTV芸能通信』に出演した際、「俳優生活を始めるようになったきっかけは、ジンシルとの出会いのおかげだ」と告白した。司会者が、俳優として、デビューすることになったきっかけを尋ねると、「ジンシルお姉さんの歌が、あまりにも下手で....」と、最後まで口を続けることができなかった。

1993年に、1集アルバムを発表したジョンファは、1994年の当時、トップスターであったジンシルが、あるバラエティー番組で歌を歌う時、歌に自信がない彼女のために、特別に彼女のコーラスを請け負った。その縁もあり、ジョンファは、ジンシルを通じてスクリーンにデビューした。

ジンシルは、ジョンファにとって、俳優としての道を開いてくれた、ありがたい先輩であり、親友であったという。また、ジンシルの死について「まだ信じられない。頻繁に会えなかったことが、すごい後悔になる」と、ついに涙を流した。

整形の噂

チェ・ジンシルは、鼻の整形が疑われていた。

尊敬するアーティスト

チェ・ジンシルの尊敬する人は、イ・ミョンセ監督である。

Instagram・Twitterアカウント

  • なし
  • なし

チェ・ジンシルの応援や雑談の掲示板

ここでは作品に関する雑談を楽しむことができます。簡単な質問もこちらでどうぞ。

イ・ヒョジョン

イ・ビョンジュン

イ・チャンフン

イ・ドヨン

イ・ドゥイル

イ・テソン

この記事の編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者: