カン・スヨンについて

カン・スヨンは、1969年にわずか3歳で映画デビューし、その後も子役として、数十本の映画や演劇に出演している。1971年には、『トルトリの冒険』でドラマにも出演し、役名の「イップニ」があだ名になる。

1985年に出演した『Wの悲劇』では、満足のいく反応を得られなかったものの、これを機に、演技について真剣に考えるようになり、子役スターから、大人の俳優としての道を歩みはじめる。

1987年には、『シバジ』でヴェネツィア国際映画祭、三大陸映画祭で主演女優賞を、1989年には『ハラギャティ』でモスクワ国際映画祭、大鐘賞映画祭で主演女優賞を受賞する。ドラマには1985年の『母の部屋』以来、長く出演していなかったが、2001年に『女人天下』で主人公を演じ、大ヒットした。また、釜山国際映画祭の共同執行委員長としても、活動している。

基本情報

  • 名前カン・スヨン
  • 本名カン・スヨン
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所S.F.A.
  • 所属グループ 俳優 
  • 生年月日1966年08月18日(51歳)
  • 兄弟兄2人、妹
  • 出身韓国・ソウル特別市
  • 高校東明女子高等学校
  • 大学高麗大学大学院言論学部 修士課程(高卒から院へ入学したもよう)
  • デビュー年1969年
  • 身長162cm
  • 体重45kg
  • 血液型AB型

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

不明

カン・スヨンは、2015年にインタビューで「地球の外にでも私に合う人がいるなら、結婚したい」と語っているが、その後も結婚報道はされていない。現在も、独身のようである。

女優として40年以上過ごした中で、大きな熱愛スキャンダルは、一度も報じられたことがない。1996年に、映画『至毒の愛』のインタビューで、「過去に恋人はいたが、当時は幼くて、まだ愛が何かを分かっていなかった」という内容の発言はしているが、相手は不明である。

また本人は、「『映画と結婚したんだ』という見方は、誤解。結婚をわざと遅らせたわけでも、しないつもりだったわけでもなく、働きながら、家庭を築いて子供を育てたいという夢もあったが、できなかったのだ」と語っている。

好きなタイプ

カン・スヨンは、1996年に映画『至毒の愛』のインタビューにおいて、「愛は頭で計算するものではなく、感覚でするものなので、理想のタイプや、結婚についての計画のようなものはない。愛は、私にとって全てであり、もしも愛する人が現れたら、どんな困難も恐れずに、ぶつかっていくつもりだ」と語っていた。

2011年にバラエティ番組で、理想のタイプを聞かれた際には、「この年になって、ダメだと言えるものなどない」と答えたが、JYJのジェジュンが、彼女を理想のタイプに挙げたことについては、「とても有難いが、さすがにこの年の差は、法に触れるのでは?」と語って、笑いを誘った。

性格・パーソナリティ

カン・スヨンは、2008年の釜山国際映画祭で、イム・グォンテク監督の作品に出演した過去を振り返り、「私はせっかちな性格なので、監督のゆっくりとした口調に、耐えられなかった」と語っている。

韓国内で、トップのキャリアを誇る女優であり、気位が高く、怖いイメージを持たれがちだが、実際はとても気さくで、温かい人とのこと。

過去に共演した、キム・ヒョンジャやチャン・ユンジョンは、バラエティ番組で、「お酒が強く、飲みの席では、とても優しく気遣って接してくれた」と語った。スヨン本人も「私のイメージは、演じた役やメディアに作られたものであり、自分自身のことを『強い』と思ったことは、一度もない」と、インタビューで答えている。

趣味

カン・スヨンは、2007年のインタビューでは、「演技以外には特に関心がなく、知りたいと思ったこと以外は、敢えて無視するようにしている。旅行と運動が唯一の趣味で、プライベートな時間だ」と語っている。

「飲みの席も好きな方だが、撮影に入っている期間は、お酒も絶つようにしている」とのこと。

特技

カン・スヨンは、1987年の映画『燕山君』では、韓服を着て、伽椰琴の演奏を披露している。

何よりも、女優としての経歴が華々しく、チョン・ドヨンが2007年にカンヌ国際映画祭で、主演女優賞を受賞するとまでの20年以上もの間、世界3大国際映画祭で受賞した韓国人俳優は、カン・スヨンただ一人であった。

私生活では料理も得意で、よく友人に手料理をふるまうとのこと。

デビュー前の経歴

カン・スヨンの子役デビューのきっかけについては、「3歳頃に、家の近くで遊んでいたところ、道を歩いていた男性に『家はどこ?』と話しかけられた。その人と手をつないで家に向かったあと、両親から映画に出演する許可を得た。今思えば、スカウトのようなものだった」と語っている。

「自分で意思表示をするより、前の年齢から演技を始めたため、当時はただ言われた通りに真似をして、『可愛いね』と褒められたり、お菓子をもらえるのをただ楽しんでいた」とのこと。

メンバー・周囲からの評価

カン・スヨンとヤン・イクチュン監督が、雑誌のコーナーで対談した際、「取材依頼をするために連絡をして、候補日を言い終わらないうちに、スヨンが即決したことに驚いた」と語っている。またイクチュンが、過去に精神的に不安定だった時期には、スヨンが「病院に行きなさい」と言って、直接大学病院の予約までしてくれたというエピソードを公開し、その決断の速さと行動力に、尊敬の意を表した。

彼女に対しては、どんな俳優も立場が弱くなってしまうといい、ソル・ギョングのような大ベテランも、「ヌナ(お姉さん)」と呼んで、慕っているとのこと。

整形の噂

なし

尊敬するアーティスト

カン・スヨンの尊敬する人は、イム・グォンテク監督である。

Instagram・Twitterアカウント

カン・スヨンの応援や雑談の掲示板

ここでは作品に関する雑談を楽しむことができます。簡単な質問もこちらでどうぞ。

イ・ヒョジョン

イ・ビョンジュン

イ・チャンフン

イ・ドヨン

イ・ドゥイル

イ・テソン

この記事の編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者: