パク・トンハについて

パク・トンハは、2001年に来日し、劇団四季『ジーザス・クライスト・スーパースター』で日本デビュー。2003年より東宝芸能に所属で東宝ミュージカル『エリザベート』に出演した経験を持つ。

NHK教育『アンニョンハシムニカ・ハングル講座』のパーソナリティーを2003年・2004年・2006年と務めた他、2008年4月から2011年9月まで『韓国語ジャーナル』(アルク)ヒヤリング用CD「Voice of KJ」のDJを務めていた。

2010年に韓国へ帰国した後も日本と韓国で活動をしている。出演作には『雨に唄えば(2003年・韓国)』、『エリザベート(2004年、2005年、2006年)』、『歩兵の本領(2005年)』、『グランドホテル(2006年』、『MISS SAIKON ミス・再婚(2006年)』、『ROCK☆OPERA The Who’s Tommy(2007年)』、『ラムネ(2007年)』、『初恋探し株式会社(3rd season 2007年・韓国 原題「キム・ジョンウク探し」)』、『ファントム(2008年)』、『火の鳥―鳳凰編―(2008年、2010年)』、『夏の夜のロミオとジュリエット(2008年)』、『初恋探し株式会社(4th season 2009年・韓国 原題「キム・ジョンウク探し」)』、『42nd Street(2009年・韓国)』、『ウーマン・イン・ホワイト(2010年)』、『クララ(2011年・韓国)』など多数のミュージカル作がある。

2014年には、映画『無名人』に出演した。また、2016年ドラマ『文禄・慶長の役の1592』に出演し、第15回韓国ミュージカル大賞・男優新人賞を受賞。

基本情報

  • 名前パク・トンハ
  • 本名パク・チェボン
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所不明
  • 所属グループ 俳優 
  • 生年月日1974年06月28日(43歳)
  • 兄弟兄一人、姉二人
  • 出身韓国
  • 高校安養映画芸術高校 演劇映画学科入学
  • 大学中央大学芸術大舞踊科
  • デビュー年1984年
  • 身長180cm
  • 体重68kg
  • 血液型B型

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

情報なし

パク・トンハの交際、彼氏・彼女に関する噂や報道はありません。

好きなタイプ

パク・トンハの好みのタイプは、自分を一番に考えてくれ、離れていてもたくさん思ってくれる人が好きだと語っている。

性格・パーソナリティ

パク・トンハの性格については、本人曰く「初めてのことでも、何でも一応やってみる。自分は、挑戦心が高い性格だ。また何もしないでジーとするのは出来ない。」と語っている。

また、時間厳守を大事にしているとも伝えている。

趣味

パク・トンハの趣味は、運動全般が得意であり、特に水泳、サイクリングが趣味であると語っている。

特技

パク・トンハの特技は、同級生が発表会で演奏しているのを見て、憧れたのがきっかけで始めたピアノ演奏である。現在ではプロ並みの腕前を持っている。

デビュー前の経歴

パク・トンハのデビュー前の経歴としては、1984年、韓国ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』で子役デビュー。韓国で数多くのミュージカルやドラマ、CMに出演した経験がある。

大学でも外国語でコツコツと勉強を積み重ね、ミュージカルの本場である米国、英国への留学も考えたが、肌の色など人種的に活躍することが難しいと考えていたため、近隣の日本の劇団に挑戦することに決めた。

その頃、劇団四季の正規のオーディションが開催されることを知り、応募したことが芸能人生のきっかけとなっている。

メンバー・周囲からの評価

パク・トンハの周囲からの評判としては、劇団時代の面接官であった石丸幹二が彼の演技について「潜在力が大きな俳優である。日本で公演する時はただ歌が上手だが、今回の公演ではダンスも印象的だった。いろんなことをすぐ成し遂げることができる才能がある。 次の舞台ではどんな姿を見せてくれるか、今から期待が大きい」と評価している

整形の噂

尊敬するアーティスト

パク・トンハの尊敬する人は、特定の人物はいないが、公私が区別できる人だと語っている。

Instagram・Twitterアカウント

  • なし
  • なし

パク・トンハの応援や雑談の掲示板

ここでは作品に関する雑談を楽しむことができます。簡単な質問もこちらでどうぞ。

シン・グ

コン・スンヨン

コ・ナウン

キム・ジユ

シム・イヨン

チャン・ヒョンソン

この記事の編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者: