パク・チミについて

パク・チミは、現在パク・ガリョンという名前で活動している女優である。1999年MBCドラマ『クッキ』で子役として正式デビューして、『白丁の娘』、『継母』、『人魚姫』、『チャン・ヒビン』、『スンドク』、『かわいい彼女』、『天国の階段』、『拝啓、ご両親様』、『雪の花』、『ソル薬局の息子たち』、『千年の約束』など数々の作品に出演した。

1998年には映画『クリスマスに雪が降ると』で正式スクリーンデビューして、『スパイ、リ・チョルジン』、『総合病院The Movie千日間』、『リベラーメ』に出演した。現在では演劇舞台中心で活動している。

基本情報

  • 名前パク・チミ
  • 本名パク・シヒョン
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所不明
  • 所属グループ 俳優 
  • 生年月日1988年08月13日(29歳)
  • 兄弟妹1
  • 出身韓国・京畿道一山
  • 高校楮洞高等學校
  • 大学中央大学校演劇学科
  • デビュー年1999年
  • 身長165cm
  • 体重不明
  • 血液型A型

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

情報なし

パク・チミの交際、彼氏・彼女に関する噂や報道はありません。

好きなタイプ

性格・パーソナリティ

パク・チミの性格は、もともとは静かな性格であったが、放送関係の仕事に関わったことでハキハキとした性格に変わったと語っている。

それについては、1999年のキョンヒャン新聞でも彼女の特集が組まれた際に、放送という仕事がきっかけとなり性格が明るくなったと紹介している。

趣味

パク・チミの趣味は、グルメを楽しむことである。そのため彼女のインスタグラムには、お弁当、おやつなど食べ物の写真が多く掲載されている。

また、ジムで運動をすることも趣味としており、ジムの様子もインスタグラムに投稿されている。

特技

パク・チミの特技は、中国語を話すことである。きっかけは高校の時に、中国語塾に通い勉強したことだが、その後も独学で学んだことで流暢な中国語を使えるようになっている。

デビュー前の経歴

パク・チミのデビュー前の経歴としては、もともと学生時代に放送関係の仕事もしたことがあったが、本格的なデビューは12歳の時に出演したドラマ『クッキ』であり、それがきっかけとなり芸能界への一歩を歩み始めた。

その後は、1995年映画『男はつらい』、『誰が私を狂わせか』、1997年には『プアジョン』などの作品に出演した経験もある。

メンバー・周囲からの評価

パク・チミの周囲からの評判としては、子供役として出演した『天国の階段』にて、共演していたパク・シネが当時の彼女の様子について語っている。

親子役として共演した二人だが、子役のパク・チミの頬を叩くシーンがあり、そのシーンが怖くてなかなか撮影ができなかったと当時の裏話をしている。

また、頬を叩くつもりが、誤って顎を打ってしまい、怪我したことなど、撮影のハプニングも語り、笑い話として回想していた。

整形の噂

尊敬するアーティスト

パク・チミの尊敬する人は、コ・ドゥシムである。

Instagram・Twitterアカウント

パク・チミの応援や雑談の掲示板

ここでは作品に関する雑談を楽しむことができます。簡単な質問もこちらでどうぞ。

シン・スンファン

パク・テイン

ハン・テユン

シン・ドンウク

シン・グ

コン・スンヨン

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: