チェ・デチョルについて

チェ・デチョルは、2002年に舞踊家デビューし、同年に演劇俳優デビューした、韓国の俳優である。

本名が「チェ・ウォンチョル」である彼は、2007年から「チェ・デチョル」という芸名を使用している。無名時代が長く続き、ドラマデビュー作は2011年の『ドラマスペシャル-和平王女体重減量師』であった。

以後、ドラマ『王家の家族たち』(2013年)、『いとしのクム・サウォル』(2015年)、『雲が描いた月明かり』(2016年)、『パーフェクトカップル~恋は試行錯誤~』(2016年)などの人気作に出演した。出演作合計視聴率が、300%に迫る記録を立て、「視聴率の妖精」とも呼ばれている。

ドラマ以外にも、映画『自転車王オム・ボクトン』、芸能番組『夫更生プロジェクト』に出演するなど、多方面で活躍して存在感を示し、芸能、ドラマ、映画まで、無限的にラブコールが殺到している。

基本プロフィール

  • 名前チェ・デチョル
  • 本名チェ・ウォンチョル
  • 英語名Choi Daechul
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所不明
  • 所属グループ 韓国・韓流俳優 
  • 生年月日1978年10月16日(40歳)
  • 星座 天秤座
  • 兄弟不明
  • 出身韓国
  • 高校
  • 大学漢陽大學校
  • デビュー年2002年
  • 身長不明
  • 体重不明
  • 血液型A型
  • 干支 午(うま)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

チェ・ユンギョン

チェ・デチョルは、2006年にチェ・ユンギョンと結婚した。

彼が22歳の時、たまたま通りかかった妻ユンギョンを見て、一目ぼれしたという。彼は、偶然出会ったユンギョンに声をかけた。はじめは、ユンギョンは「彼氏がいる」と話したが、そのあとユンギョンの友人が、デチョルに「実は、彼氏はいない」と教えてくれたそうだ。

友人によって、縁を結んだふたりは、8年間の恋愛の末に夫婦となった。現在は、2人の子供がいる。2017年のMBC芸能『ラジオスター』では、苦しかった生活を告白した。「2人の子供を育てながら、演劇することは容易ではなかった。生活が苦しかったため、妻がマートで仕事をするようになったが、立ち仕事のために、下肢静脈瘤となってしまった。そのため、仕事をやめるように話した」と語っている。

好きなタイプ

チェ・デチョルと妻チェ・ユンギョンとの出会いは、デチョルの一目惚れであった。

デチョルは、「妻は、まさに理想のタイプであった」と述べている。デチョルの携帯電話には、妻を「神様の贈り物」と保存しているそうだ。

性格・パーソナリティ

チェ・デチョルは、撮影で忙しいスケジュールの中でも、お酒と人が大好きで、知人と飲むことを好む人物である。彼は飲み会が終わるまで、残ってすべての人たちの帰宅を見送った後に、家に帰っていく、責任感にあふれる性格の持ち主である。

妻チェ・ユンギョンは、仕事と知人関係に充実して、自己管理を疎かにしたデチョルに対し、KBS2芸能プログラム『夫更生プロジェクト』で、休みの計画表を組んだ。その中の一つとして、「スローライフ」の計画を実行する際に、デチョルは「性格的に、じっとしていられない。仕事をしないと、不安になる」と語った。

同番組でデチョルは、共演者の朝食の準備や、チョ・ジョンチの運動の手伝いをし、さらにはジョンチの顔に、日焼けクリームを直接塗ってあげるなど、面倒見の良い姿を見せた。デチョルは、忙しいという言い訳で、なかなかできなかった、自然の中での休暇を楽しみ、リフレッシュの機会を持った。「次は息子と来たい。」と述べているように、「スローライフ」の中で、もう一度家族の大切さをかみしめる、家族思いの一面も見せた。

趣味

特技

チェ・デチョルは、漢陽大学校舞踊学科出身であり、踊りは得意科目である。軍除隊後、口にタオルをくわえて、一日中ストレッチをしながら、舞踊を必死に練習したそうだ。

そうするうちに国際コンクールが開かれ、予選に出ると、堂々の1位を取った。その1週間後に本戦があったが、突然靭帯が3本も切れる事故に遭った。デチョルは「手術して目覚めた時は、涙が出た」と述べている。

退院してギブスをし、片方の腕を使わないコンセプトで、振り付けをすべて変えた。衣装でけがを隠したまま、大会本戦に出場したが、結果は当然最下位であった。その時から、「得意なダンスとしたかった演技を一緒にできるものはなんだ」と考え、ミュージカル俳優に、転向していったという。

デビュー前の経歴

チェ・デチョルは、幼い頃から演技者を夢見ていた。幼い頃、TVで『シザーハンズ』を見て衝撃を受け、お母さんが呼ぶ声が聞こえないほどであったという。その時から、演技がしたいという思いを持ったが、高校の頃は遊ぶことが大好きで、毎日友達と会って、ビリヤードにしょっちゅう行っていた。

高校2年生になったとき、末っ子の妹から「大学には行かないのか?」と尋ねられ、短期間で努力して行ける、舞踊科を強く勧められたそうだ。演技がしたかったが、よくよく考えてみると、舞踊も演技と相通ずる部分があると思い、狂ったように練習して、漢陽大学校舞踊学科に合格する。

軍除隊後、国際コンクールなどに出場し、良い成績を残したが、突然靭帯を切る怪我をしたことがきっかけで、舞踊から演技へとスライドしていったという。「得意なダンスとしたかった演技を一緒にできるものはなんだ」と思い、ミュージカルを思い出して、オーディションを受けに行き、始めたという。

メンバー・周囲からの評価

チェ・デチョルは8年以上も無名の時期が続き、結婚した後も、不安定な生活が続いた。35歳の時も、月に60万ウォン(6万円)しか儲けていなかった。

「当時は、演劇が終われば、芸術家たちと一緒にお酒を飲みに行っていたため、ほとんど家にはいなかった。家庭の大切さを35歳まで知らなかった」と語っている。ある日、泥酔して家に帰った時に、家族に「お疲れさま」と言われ、はっと息を呑んだという。「私はさっきまで酒を飲んでいたというのに、今まで間違って生きて来たようだ」と反省したそうだ。

それを期に、デチョルの性格も変わっていった。責任感がより一層大きくなり、現場に行って、最善を尽くすようになったという。

整形の噂

なし

尊敬する人

チェ・デチョルの尊敬する人は、イ・ボムスである。

Instagram・Twitterアカウント

  • なし
  • なし
チェ・デチョルの掲示板で話す

本記事に掲載されている情報は、編集部による調査・分析に基づいて出来る限りの正確性を期しておりますが、万が一内容に関しての誤りがありましたら、こちらの情報修正フォームよりご指摘ください。すみやかに調査をおこない、訂正させていただきます。

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: