クァク・シヤンについて

クァク・シヤンは、2014年ドラマ『気分の良い日』で俳優デビューした。

中学2年生の頃にSMエンターテインメントのスカウトを受け、練習生として所属していたことがある。クァク・シヤンの父親は、クァク・シヤンが軍人や公務員など、安定した職業に就くことを願っていたため、クァク・シヤンは父親に、練習生であることやモデルとして活動していることを言えずにいた。

ところが、ある日父親がテレビに映っているクァク・シヤンを発見し、クァク・シヤンは素直にすべてを話したが、父親は怒鳴ることも認めることもなかったという。

練習生時代、SUPER JUNIORのカンインキム・ヒチョルらと一緒に練習していた。毎日放課後は練習に取り組んでいたという。

大学生の頃にモデルをしたことがキッカケでモデルとしてデビューすることになったが、居眠り運転により事故を起こしたことや怪我などが重なり、モデルとしての道を諦めることになった。そして、ミュージックビデオに出演したことがキッカケで、演技の面白さを知り、俳優を目指すことになる。

基本プロフィール

  • 名前クァク・シヤン
  • 本名クァク・ミョンジン
  • 英語名Kwak SiYang
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所スターハウスエンターテインメント
  • 所属グループ 韓国・韓流俳優 
  • 生年月日1987年01月15日 (31歳)
  • 星座 山羊座
  • 兄弟姉3人
  • 出身韓国
  • 高校
  • 大学檀国大学(中退)
  • デビュー年2014年
  • 身長186cm
  • 体重72kg
  • 血液型B型
  • 干支 卯(うさぎ)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

情報なし

クァク・シヤンは、交際したことはあるようだが、相手については不明である。

好きなタイプ

クァク・シヤンの理想のタイプは、笑顔が魅力的な女性である。

バラエティ番組『私たち結婚しました』の出演後、「年上の女性との恋愛も大丈夫なのか?」という質問に対し、「実際は年上だろうが年下だろうがあまり関係ない」と話していて、恋人の年齢は気にしないようである。

性格・パーソナリティ

クァク・シヤンの性格は、少しツンデレである。

自分の気持ちを正直に話す方で、お酒は意外にもほとんど飲めない。

恋愛においては、一人の女性と長く交際する方であり、親しくなる前は愛情表現が素直にできない。元々はイタズラ好きなところもあるため、親しくなれば愛嬌をふりまくこともあるようだ。

趣味

クァク・シヤンの趣味は野球である。

実力もあり、芸能人野球団にも所属して活動している。こうした経緯から、2015年4月26日にソウル蚕室総合運動場の野球場で行われたドゥサンベアーズ対KIAの試合で、始球式に登場したことがある。

特技

デビュー前の経歴

クァク・シヤンは、中学2年生の頃、SMエンターテインメントのスカウトを受けたことがあり、数ヶ月間を練習生として過ごしていたことがある。

当時はただ歌が好きだという程度であり、歌手になるにはまだ足りないところもたくさんあったとしながらも、学校が終わると練習に明け暮れていたようだ。

俳優活動をする前はモデルとして活動していた経験がある。当時、父親が公務員や軍人などの安定した職業に就くことを願っていたため、父親の前では本当の夢を隠し、練習生生活もモデルとしてデビューしたことも話さなかったようだ。

ある日、テレビに出ているクァク・シヤンを父親が見てしまい、その時に本当の夢を打ち明けたが、父親は怒鳴ることも、認めてくれることもなかったという。

個人的な事情のため、SMエンターテインメントの練習生を辞め、モデルとしてデビューすることになるが、交通事故に遭ったことでモデルの道を諦めてしまった。しかし、モデルとして様々な広告やミュージックビデオに出演したことで、演技に対する面白さを感じたとしている。

モデル活動はほとんどできないまま兵役のため入隊した。

メンバー・周囲からの評価

クァク・シヤンは、実際は一人の女性と長い期間交際するタイプであるにも関わらず、注目されたいがために「恋愛をたくさんしてきた」と話したことがある。結果的に良い影響はなかったようだ。

映画『夜間飛行』に出演した際は、「韓国映画界の星」と言われて、実力を認められ、人気を集めた。

整形の噂

好きなアーティスト

クァク・シヤンの好きなアーティストは、2NE1のボムである。

Instagram・Twitterアカウント

クァク・シヤンの応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: