シン・エラについて

シン・エラは、1989年のMBC特別採用タレントで、ドラマ『天使の選択』にてデビューした、韓国の俳優である。

1995年には、MBCドラマ『愛をあなたの胸に』で共演した、チャ・インピョと結婚した。2人は、積極的に奉仕活動や寄付活動を行い、2017年10月には、美しい芸術人賞を受賞した。

エラは、その演技力の高さで、様々なキャラクターを熱演し、2011年MBC演技大賞連続劇部門において、最優秀演技賞を受賞した。2014年7月26日からは、子供たちと共に、学業を目的としてアメリカに発った。

基本プロフィール

  • 名前シン・エラ
  • 本名シン・エラ
  • 英語名Shin Ae Ra
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所バンドオブアーティストエージェンシー
  • 所属グループ 韓国・韓流俳優 
  • 生年月日1969年03月07日 (49歳)
  • 星座 魚座
  • 兄弟兄1人
  • 出身韓国・ソウル特別市
  • 高校淑明女子高等学校
  • 大学中央大学校演劇映画画科(学士)、HIS大学校大学院教育学専攻(修士)、HIS大学校大学院教育学専攻(博士課程在学)
  • デビュー年1989年
  • 身長163cm
  • 体重47kg
  • 血液型O型
  • 干支 酉(とり)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

チャ・インピョ

シン・エラとチャ・インピョは、ドラマ『愛をあなたの胸に』で、メインの男女役として出会い、プライベートでも、恋人として交際を始めるようになった。

2人が恋人に発展し、結婚にまで至ったのは、エラの告白がきっかけだったという。当時、ドラマのミーティングを終え、エラが「帰り道だから、乗せてあげる」とインピョに声をかけた。家へと向かう途中、「私、片手でも運転できるんだけど…」と口にしたことで、エラとインピョの距離が、一気に縮まったという。

イ・スンファン

シン・エラは、1990年代序盤に、イ・スンファンと恋人同士であったとされている。当時、芸能人の恋愛が、明るみに出るということは、芸能活動に大きなダメージを与えるものであった。そのため、公式に認めた事実はないが、否定もしなかったため、周知の事実であった。

エラは、スンファンのセカンドアルバムに参加しており、スンファンもまた、エラがMCを務める、深夜のラジオ番組に出演した。

破局後スンファンは、1995年の自身のアルバムタイトル曲として、本人が作詞した「千日の間」を発表した。歌詞の内容と前後の状況を考えて、エラとの恋について、歌ったものであると考えられている。

好きなタイプ

シン・エラは以前、SBSの『ヒーリング・キャンプ』に出演した際、「(チャ・インピョは)私の理想のタイプではない。私は、濃いタイプより、薄いタイプが好きだった」と話し、チェ・ブラムを理想のタイプとして挙げた。

また、同放送内で、チャ・インピョと初めて出会った頃を振り返り、「すぐ親しくなれる人が良いが、インピョは格式を重んじる、礼儀正しい人だった」と発言した。

性格・パーソナリティ

シン・エラは、子供を愛する、非常に温かい性格の持ち主である。実の子供と、養子として迎え入れた子供たちを分け隔てなく心から愛し、慈しんでいる。

また、寄付活動も積極的に行い、子供たちへの惜しみない愛情を見せている。更に、子供たちへの愛を具現化するため、KIDS12という施設も運営している。KIDS12は、新しい概念を持った、教育施設である。名前からも分かるように、同施設は、12歳未満の子供たちのための空間として、舞踊、バレー、音楽、体育、美術、英語など、多様なプログラムが提供されている。

趣味

シン・エラの趣味は、ジムに通うことや水泳、音楽鑑賞などである。エラは、体を動かすことを好むようである。

特技

シン・エラの特技は、ポケットボールである。

ポケットボールとは、ビリヤードの一種で、ポケットの無いビリヤードであるキャロムとは異なり、ポケットが6つあるビリヤード台で、1から15までの数字が書かれている球を使用するものである。日本ではこれをビリヤードと呼ぶことが多い。

デビュー前の経歴

シン・エラの両親は、ソウル大学出身のエリートである。これについて「両親が、どちらもソウル大出身である。両親は、(物質的な)支援を受けたわけではなく、自らの力で勉強し、ソウル大に入った」と話している。

また、エラが大学に通っていた頃、父親の事業が失敗し、家の経済状況は思わしくなかったことも明かした。そのため、お小遣いが少なく、友人らとあまり遊ぶことができなかったそうだ。カフェに行っても、価格が一番安い飲み物を頼んでいたという。

しかし、当時あった借金は、エラが少しづつ返していったそうだ。

メンバー・周囲からの評価

シン・エラは以前『おバカちゃん注意報~ありったけの愛~』で、共演した子役、カン・イソクチョン・ダビン、ナム・ダルムは、インタビューで、次のように語っている。

イソクは、「エラは、劇中のキャラクターよりもっと優しい。移動する時に、寒いだろうとカイロを出して下さった」と話した。また、ダビンもこれに付け加え、「ジャンパーも一緒に着させうとして下さったり、美味しいものも奢って下さったりする」と話した。

整形の噂

シン・エラは、鼻の整形が疑われている。

尊敬する人

シン・エラが尊敬する人は、ナ・ムニである。

Instagram・Twitterアカウント

  • なし
  • なし

シン・エラの応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

シン・エラの掲示板を見る

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: