パク・シウンについて

パク・シウンは、1999年ドラマ『学校』でデビューした、韓国の俳優である。

『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』『みんなキムチ』『棘<トゲ>のある花』『愛してたみたい』『親愛なる者へ』『今日みたいな日なら』『愛情万々歳』『かぼちゃの花の純情』『Dr.ギャング』『快傑春香』『名家の娘ソヒ』『ベストカップル~天生縁分~』『プレゼント』『止まらぬ愛』『母よ姉よ』『ワンルンの大地』『三人の友達』『ノンストップ』『いい男』『ジャンプ』など、多数の作品に出演した。

映画は、2009年の『秋の話』でスクリーンデビューした。

基本プロフィール

  • 名前パク・シウン
  • 本名パク・ウニョン
  • 英語名Park Sieun
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所GNGプロダクション
  • 所属グループ 韓国・韓流俳優 
  • 生年月日1980年01月06日(39歳)
  • 星座 山羊座
  • 兄弟姉3
  • 出身韓国・ソウル
  • 高校西門女子高校
  • 大学同徳女子大学校・放送演芸学科
  • デビュー年1998年
  • 身長163cm
  • 体重43kg
  • 血液型B型
  • 干支 申(さる)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

ジン・テヒョン

パク・シウンの夫ジン・テヒョンは、デビュー前からシウンのファンで、SBSドラマ『かぼちゃ花の純情』で、恋人役として共演したことをきっかけに、デートを1度もせずに告白した。その後、3年の交際を経て、2015年7月に2人は結婚した。

なし

なし

好きなタイプ

パク・シウンは、笑う顔がきれいで、二重まぶたが厚くない男性が、好みである。

性格・パーソナリティ

パク・シウンは、「実際、自分は内向的で、静かな性格だ」と自身の性格について言った。
しかし、ドラマ『ワンルンの大地』で、一緒に出演したソ・ジソブチャン・ヒョクは、「シウンは多情多感な性格で、頭が良く、演技をしている時は、応用も出来るし、自己の設定が優れている」と話した。

趣味

パク・シウンの趣味は、歌を歌うことである。

特技

パク・シウンの特技は、歌を歌うことと、ジャズダンスである。

デビュー前の経歴

パク・シウンは、1998年にKBSの『キム・チャンワンのお話3』に出演した。

1999年、19歳の時に事務所に入り、SBS『いい友達』で放送活動を始める。1999年のドラマ『学校』で、本格的に俳優デビューした。

メンバー・周囲からの評価

パク・シウンは、ドラマ『勲章オスンナム』を通じて、ク・ボンスンと5年ぶりに再会した。相手役のク・ボンスンに、『再びパートナーが私で、申し訳ない』と謝罪をしたという。

また、ファン・グァンヒは『ジャングルの法則 inバヌアツ』の記者懇談会に出席した際、「『女優が来て、何をするのかな?』と思ったが、いたずらにデビューして、10年目の俳優ではなかった」と切り出した後、「寝る時蚊が多く、かまれたら手が腫れると思い、起きた。その状況で、シウンは『疲れた』と、寝る姿を見て『すごい』と思った」と、エピソードを紹介した。

整形の噂

なし

Instagram・Twitterアカウント

パク・シウンの掲示板で話す

本記事に掲載されている情報は、編集部による調査・分析に基づいて出来る限りの正確性を期しておりますが、万が一内容に関しての誤りがありましたら、こちらの情報修正フォームよりご指摘ください。すみやかに調査をおこない、訂正させていただきます。

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: