山崎 紘菜について

山崎紘菜は、2011年の第7回「東宝シンデレラオーディション」で審査員特別賞受賞した。

翌2012年『僕等がいた(前編・後編)』(三木孝弘監督)で映画初出演し、以降、映画、ドラマ、CM、舞台など数多く出演している。近年の主な出演作には、映画『orange-オレンジ-』『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密(吹き替え)』『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』『花筐/HANAGATAMI』、朗読劇シリーズ『《恋を読む》「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」』『検察側の罪人』等がある。

俳優としての活動以外にも、ファッション誌『JJ』(光文社)でレギュラーモデルとして活躍中である。

基本プロフィール

  • 名前山崎 紘菜
  • 本名山崎紘菜
  • 英語名Hirona Yamazaki
  • 性別女性
  • 国籍日本
  • 所属事務所東宝芸能
  • 所属グループ モデル(日本)  日本の俳優 
  • 生年月日1994年04月25日(24歳)
  • 星座 牡牛座
  • 兄弟不明
  • 出身日本・千葉県
  • 高校検見川高校
  • 大学東京外国語大学
  • デビュー年2011年
  • 身長171cm
  • 体重不明kg
  • 血液型A型
  • 干支 戌(いぬ)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

いない

山崎 紘菜の交際や彼氏・彼女に関する噂や報道はない。

好きなタイプ

山崎紘菜の好みのタイプは、夢や目標を持って、一生懸命努力をしている人、キラキラ輝いている人である。口ばかりで行動が伴っていない人はかっこ悪くて好きではなく、ひ弱な感じの草食系男子よりも、がっしりとしている肉食系男子の方が好みだという。さらに、他人を気遣ったり、あいさつやマナーがしっかりしている男性もポイントが高いという。

山崎紘菜自身は「私は好きな人の目も見られないぐらい。告白なんて絶対できないです」というピュアな女性である。

性格・パーソナリティ

山崎紘菜は自身の性格を「一つのことに集中してしまう、面倒くさがり、妥協はしない」と分析している。インタビュー等では受け答えが丁寧で、しっかりした人物であることが見て取れる。見た目はクールな感じもあるが、笑い話を交えて笑顔を見せる場面もある。

また、山崎がとても真面目で頑張り屋な人物であることを示すエピソードがある。2013年、山崎は大学ラグビー選手権大会のイメージモデルを務めた。その際、どんなに寒くても観客席で観戦し、アドバイスを受けながら質問事項を考えて、勝った大学のキャプテンにインタビューしたり、監督やキャプテンの記者会見でも質問をしたりした。そして、ファンには気軽にサインや握手に応じ、大会のプログラムの販売を手伝ったりもした。

また、東京国際映画祭のフェスティバルナビゲーターを務めた際も、ノミネート作品の15本の映画を事前に全部鑑賞した。仕事に対して、とてもひたむきに取り組む人物であることがわかる。

趣味

山崎紘菜の趣味は、スポーツ全般、映画鑑賞、音楽鑑賞、中国武術である。

特技

山崎紘菜の特技は、走り高跳びであり、陸上部に所属していた高校生時代に千葉県新人陸上競技大会に出場した。他にも、英語検定準2級と数学検定3級を取得している。

デビュー前の経歴

山崎紘菜は高校時代は陸上部に所属しており、走り幅跳びで県大会に出場した経験がある。また、英語も得意で英語検定で準2級を取得するなど、文武両道の高校時代だった。

高校2年生の時に「東宝シンデレラオーディション」で審査員特別賞を受賞し、女優デビューした。応募のきっかけは、賞金100万円に惹かれた山崎紘菜の友達の推薦だったそうだ。「受かりたい」「芸能人デビューしたい」という気持ちからではなく、結構軽いノリで受けたという。

そして高校3年生の時から女優としてのキャリアをスタートさせた。芸能界入りに伴って陸上部は退部した。初出演は2012年に公開された映画『僕等がいた』である。さらにドラマは、フジテレビ『高校入試』が初出演となり、自身が尊敬している長澤まさみと共演する機会を得た。

メンバー・周囲からの評価

整形の噂

なし

尊敬する人

長澤まさみ

Instagram・Twitterアカウント

山崎 紘菜の掲示板で話す

本記事に掲載されている情報は、編集部による調査・分析に基づいて出来る限りの正確性を期しておりますが、万が一内容に関しての誤りがありましたら、こちらの情報修正フォームよりご指摘ください。すみやかに調査をおこない、訂正させていただきます。

この記事の編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者: