イ・ヘヨン(1971年)について

1992年に3人組の混成ダンスグループ1730として歌手デビュー。1994年にユン・ヒョンスクと女性デュエット、ココを結成し活動。1995年にはドラマ『風の息子』の脇役として出演することにより女優としてデビュー。以後、ドラマ『申告します』『予感』『王祖』『僕の妻はスーパーウーマン』『タルジャの春』等に出演。

また、オンラインショッピングモールのミシン・ドロシーのデザイナー兼CEOとして活動している。

基本プロフィール

  • 名前イ・ヘヨン(1971年)
  • 本名イ・ヘヨン
  • 英語名Lee Hae Young
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所エスティム
  • 所属グループ 韓国・韓流俳優 
  • 生年月日1971年12月22日 (46歳)
  • 星座 山羊座
  • 兄弟兄 姉2人
  • 出身韓国・仁川広域市
  • 高校信明女子高等学校
  • 大学仁川専門学校 経営学科(中退)
  • デビュー年1990年
  • 身長168cm
  • 体重48kg
  • 血液型AB型
  • 干支 亥(いのしし)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

イ・サンミン

女優イ・ヘヨンと歌手イ・サンミンは2004年に結婚し、約1年後の2005年8月に離婚した。2歳差カップルの二人は9年間付き合っていた長寿カップルとして有名で結婚、離婚ともに話題を集めた。

しかし離婚後イ・ヘヨンは「モバイル画報用のヌード写真撮影を強要された」として契約金5億ウォンと利益金3億ウォンの一部を騙し取った疑いでイ・サンミンを詐欺容疑で訴えた。

これに対し文化評論家は「イ・サンミンが記者会見を開き、イ・ヘヨンに画報を強要した覚えはなく、契約金5億ウォンのうち3億5千万ウォンはイ・ヘヨン本人が事業資金の足しにしたもの」であると解明した。

ブ・ジェフン

イ・ヘヨンは2011年ハワイで今の旦那であるブ・ジェフンと再婚した。

二人は2009年にイ・ヘヨンが周囲の人たちに合コンをセッティングしてもらい、その時にブ・ジェフンに出会う。その後、2年の交際を経て結婚した。ブ・ジェフンはソウルのハンナム洞に46億ウォンの高級邸宅を購入するほどの資産家である。イ・ヘヨンより1歳年上の1970年生まれで、アメリカのペンシルベニア大学の経済学科を卒業した。

ブ・ジェフンと前妻の間には娘がおり、アメリカの名門高校に在学していたという。イ・ヘヨンは番組の中で娘のソヒョンとは良好な関係を築いていると誇示した。

好きなタイプ

不明

性格・パーソナリティ

イ・ヘヨンは歌手だけでなく、女優、事業家、デザイナーそしてアーティストとして活動している。その他、絵の実力もあり国内外で展示会を開くなど多才な人物である。明るく活発に活動している彼女だが、父親や愛犬の死に対するやり場のない悲しみや虚無感などを絵にぶつけるという繊細な一面もある。

彼切な者を失ったことに対する感情をも芸術に活かしプラスに変えることの出来る人物である。また、今まで経験したことのない事柄にも積極的に取り組んでいく性格である。常に成長しようという気持ちをもっており目標を決め、その目標に向かって努力を怠らないという。

その他、五本の指に入るほどのファッショニスタで、彼女が着た服やアクセサリー、ヘアスタイルは‘イ・ヘヨンスタイル’としてヒットしている。おしゃれをするのが大好きで、ストリートファッションからブランド品まで着たことのない服が無いという。服を買いに行っても30分あれば自分の服と旦那の服まで選ぶことが出来るというセンスと決断力をも持ち合わせている。

趣味

絵を描くこと:学生時代に美術のコンクールで賞をとったこともあるという。女優のオム・ジョンファはイ・ヘヨンの絵の実力は趣味のレベルを超えていると評価した。幼い頃から絵を描きたいと思っていたが母親に反対され絵画教室に一度も通ったことがなかった。

結婚後、相次ぐ父親の死や愛犬の死による虚無感から絵を描き始めた。その後、韓国で絵の個展を開くだけでなく、ニューヨークでも展示会を開催した。
その他の趣味に映画鑑賞や空想などがある。

特技

イ・ヘヨンの特技はスキーと水泳である。

スキーをしに北海道のニセコにまで訪れるほどのスキー好きである。普段はスキーウェアではなくジャンバーを着用してスキーをしている。

現在の旦那とハワイで挙式を挙げたイ・ヘヨンは休暇のたびにハワイにいき、海やホテルのプールで水泳を楽しんでいる。

おしゃれ好きのイ・ヘヨンは色々な水着やアクセサリーを着用し、楽しんでいる様子をSNSに掲載している。掲載されている彼女の写真は、歳を感じさせない程生き生きとしている。

デビュー前の経歴

イ・ヘヨンは歌手としてデビューする前、雑誌のモデルとして活動していた。幼い時からファッションに対する関心が高く、人形に紙で作ったビキニを着せたり、新しい服を作って着せたりしていた。その後、歌手グループ‘1730’や‘ココ’などの活動を経て女優としても活動した。

代表作は『王祖』『風の息子』『タルジャの春』『内助の女王』など女優として活動を広げた。その後、オンラインショッピングモールを設立しデザイナーとして働く一方CEOとしても活動した。そして結婚後、アーティストとしても話題になった。

メンバー・周囲からの評価

イ・ヘヨンは女優としてだけでなくアーティストとしても活躍している。幼い時に、学校で絵を描き賞を受賞したことがあり美術の先生も絵の勉強をするように勧めたという。結婚後、絵を描き始めたが絵の勉強や絵画教室に通ったわけではなく独学で書き始めた。イ・ヘヨンの絵を見た友人は彼女の絵の実力は素人の域を超えていると話したそうだ。

また脚に12億ウォンの保険をかけたことでも有名である。当時、人々の間では保険をかけるのに値する脚だと話題になった。

整形の噂

不明 母親から人中(鼻の下)を短くする手術を奨められるがしなかった

好きなアーティスト

不明

尊敬する人

父親

Instagram・Twitterアカウント

イ・ヘヨン(1971年)の応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

イ・ヘヨン(1971年)の掲示板を見る

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: