G-DRAGONについて

BIGBANGのリーダーであり、カリスマ・ラッパー。13歳からYGエンターテインメントの練習生となり、6年間の準備期間を経てデビューした苦労人。作詞、作曲、プロデュースを手掛け、パフォーマンスへのこだわりも強い。

完璧を求め、自分にもメンバーにも厳しい向上心と野心の持ち主。しかし普段はやんちゃでかわいい面もあり、そのギャップが魅力。ソロ活動も積極的におこなっている。ファッションセンスが良く、現在ではファッションアイコンとして多数の広告モデルも務めている。

また、2009年には初のソロアルバム『Heartbreaker』を発表し、30万枚に肉迫するセールスを記録、Mnetアジア・ミュージック・アワードでアルバム・オブザイヤーを受賞するなど高い評価を得た。

2018年2月に所属事務所であるYGエンターテイメントは、突如として2018年2月27日をもってジヨンが入隊することを明らかにした。ジヨンは静かに入隊することを希望しており、ライブでは「これが最後ではない。皆さんもずっとそのままいてくれるなら、しばらく離れているだけで、もっとよい姿で会うための、一歩前に進むためのそのような時期だと考えてくれればうれしい」と心境を語っていた。

基本プロフィール

  • 名前G-DRAGON
  • 本名クォン・ジヨン
  • ニックネーム・あだ名ジヨン、GD、ジンヨ
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所YGエンターテインメント
  • 所属グループ BIG BANG 
  • 生年月日1988年08月18日(30歳)
  • 星座 獅子座
  • 兄弟
  • 出身韓国・ソウル
  • 高校国立伝統芸術高等学校、韓国文化映像高等学校
  • 大学慶熙大学校芸術デザイン学部ポストモダン音楽科、国際サイバー大学レジャースポーツ学科
  • デビュー年2006年
  • 身長177cm
  • 体重64kg
  • 血液型A型
  • 干支 辰(たつ)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

水原希子

G-DRAGONと日本のモデルで女優の水原希子との熱愛説は、2010年から継続的に報道されてきた。2人でおそろいのアイテムを着用したり、一緒に旅行に行ったとされる写真が流出。
仲睦まじい姿はたびたび目撃されていた。一時期は破局も報じられたが、SNSのG-DRAGONの非公開アカウントで「アイス・バケツ・チャレンジ」をした際に「my dear Kiko」と言っている動画が流出。2人の関係性が続いていることを示唆。
結局、2015年の10月27日に韓国の芸能専門メディア『Dispach』が2人の破局を報道。所属事務所のYGエンターテインメントは一貫して「本人のプライベートのことなので言及しない」というコメントを続けていた。

小松菜奈

ことの発端は、日本のファッション誌「NYLON JAPAN」でG-DARGON小松菜奈が一緒にグラビア撮影をしたこと。小松菜奈はG-DRAGONのファンを公言していた。

その後、日本の週刊誌『週刊女性』が二人が日本で食事をしていたこと、『週刊文春』もふたりの密会を報じ、さらにSNSでG-DRAGONの裏アカウントからおそろいのブレスレットをしている写真がファンによって流出。これに対しG-DRAGONは肯定も否定もしていない。

しかしメンバーのV.Iが「撮影の際に可愛かったと(G-DRAGONが)話していた」と言及。G-DRAGONは「恋愛はこれからも続けていきたい」とテレビ番組で語っている。

好きなタイプ

G-DRAGONのタイプは、一緒にいて気持ちが安らぎ、気楽に付き合える人。変に飾り立てない自然な関係を好むようだ。

また、カリスマ性のあるG-DRAGONだが、女性にも「カリスマ性のある人」「自分の仕事を一生懸命している人」「見習うところがある人」と、リスペクトできるような要素を求めている。

女性にしてほしいファッションは、鎖骨が見える黒いワンピースにスニーカー、ニット帽をかぶったHIPHOPなスタイルなのだという。

性格・パーソナリティ

BIGBANGのリーダーとして、圧倒的な存在感とカリスマ性を誇るG-DRAGON。作詞・作曲なども手がけるプロデューサーとしての一面も忘れてはならない。

音楽的、ファッション的感覚に優れており、本人も「トレンドよりも一歩先をいかなければならない」と語っており、常にK-POPを牽引してきた。常に上を目指す向上心の持ち主。
「BIGBANGのお父さん」といわれている(「BIGBANGのお母さん」はSOL)。リーダーがゆえにとことん突き詰める完璧主義で、メンバーに厳しい。

BIGBANGのなかでの年齢は3番目だが、メンバーに対してはきちんと意見を言ったり指摘をする。音楽やパフォーマンスに関しては他人にも自分にも厳しい性格。これは、音楽に対して真剣に向き合っているからこそだといえるだろう。

そんなG-DRAGONは、オフになる恥ずかしがり屋でさみしがり屋、天然な一面も持っており、そんなギャップに魅了されるファンは数知れない

趣味

G-DRAGONの趣味は、MPC作り、作詞・作曲。また、芸能界でも有名なファッションリーダーであり、ファッションも趣味といえるだろう。

なかでも、スニーカーのコレクションをしており、AIR JORDAN8やNEW BALANCEの限定品、CHANEL、LOUIS VUITTONなどさまざまななレアアイテムを集めている。

G-DRAGONが着用したスニーカーは話題となり、購入者が殺到して即完売になったり、値が上がったりするほど。

また車好きなことでも知られており、もともとはベントリーコンチネンタルに乗っていたが、2013年よりランボルギーニに乗り換えた。

特技

趣味であり特技であるのが作詞、作曲。また、ファッションセンスに長けおり、彼のファッションセンスは世間に影響を与えている。これまでも様々なファッションブランドの広告モデルを務めてきた。

2016年、韓国の人気ブランド「8IGHT SECONDS(エイトセカンズ)」は、G-DRAGONと1年間の広告契約を結び、コラボアイテムを発売。

ロゴの龍のデザインはG-DRAGONがデザインし、デニムなどのファッションアイテムのデザイン作業にも直接関わった。

デビュー前の経歴

小さいときの夢は「王様になること」だったG-DRAGON。子どものころにRoo'Ra(ルーラ)というグループのミュージックビデオに「子どもルーラ」として出演。コンサートツアーも一緒に回って人気を博していたが、徐々に人気は低迷、子どもルーラは解体する。

その頃、イム・クォンテク監督の映画『テベク山脈』に子役として出演した経歴がある。

スキー場でダンス大会に偶然出場して優勝、司会を務めていたのが現在のSMエンターテインメントの会長であるイ・スマンだった。彼に見初められ、8歳のときにSMエンターテインメントの練習生となる。しかしこのころは年に数回事務所に出向いてレッスンを受けるだけだった。

9歳のころにHIPHOPに衝撃を受け、幼いながら『2001年大韓民国HIPHOPFlex』のアルバムに参加。幼いながら活動しているG-DRAGONがJINUSEANのションの目にとまり、YGエンターテインメントに招かれる。

ヤン・ヒョンソク社長にも見初められ、13歳でYGエンターテインメントに入所。6年間の練習生期間を経て、BIGBANGとしてデビューすることとなった。デビュー前にはSE7ENなどYGエンターテイメント所属の先輩によるアルバムに参加したり、フィーチャリング・ステージに立ったりしながら、研修生としてミュージシャンの経験を積んでいった。

メンバー・周囲からの評価

メンバーのSOLとは、長い練習生活を共にした戦友のような関係。2人の性格は正反対のようで、だからこそこれまでうまくやってこれた。SOLは「食事をするときに自分は”ただおいしいものが食べたい”と思い、優柔不断で決められないが、G-DRAGONは”今日はこれを食べる”と決めていて決断力がある」と話す。

2人のバランスのよさから二人はBIGBANGの父と母にたとえられている。また、末っ子のV.Iがいたずらをし、それをG-DRAGONが追いかけるという”トムとジェリー”のような関係。

整形の噂

ネットの噂では、最近のジヨンの顎は今までと違うという声があり、顎に注入手術をしたのではないかという疑惑が出ている。

ただしジヨンは幼い時から活動しており、彼自身も「過去の写真が多いためこのような疑惑が出てくるのは仕方ない」と語っているが、写真の角度と骨骼の変化によるものだと答えており、整形疑惑は否定している。

好きな食べ物

寿司、蟹料理、肉

好きなアーティスト

ジヨンは、サンウルリムという韓国の1970年代のロックバンドが好きで、中でも「青春」という曲が好きだと語っている。

このバンドを特別だと感じている理由は、1970年代に3人のアジョッシ(おじさん)が歌った歌であるのに、歌詞や伝え方が現代風であるいう点を上げており、ジヨンは彼らの曲を聞くたびに驚くという。

尊敬する人

サン・オルリム、Wu-Tang Clan、Jinusean、Drunken Tiger、Kanye West、Fabolous

Instagram・Twitterアカウント

出演ドラマ

  • 『無限商事2016』
G-DRAGONの掲示板で話す

本記事に掲載されている情報は、編集部による調査・分析に基づいて出来る限りの正確性を期しておりますが、万が一内容に関しての誤りがありましたら、こちらの情報修正フォームよりご指摘ください。すみやかに調査をおこない、訂正させていただきます。

この記事の編集情報

  • 更新日:
  • 投稿日:
  • 編集者: