渡部秀について

渡部秀は、2008年に「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」にて準グランプリを受賞し、2010年には「仮面ライダーオーズ」で主演を果たした。同作品で映画初主演も飾り、現在も俳優として活躍中である。

主な出演作に連続テレビ小説『純と愛』、ドラマ『科捜研の女16』、『科捜研の女17』、『ラブリラン』、『正義のセ』や、映画『進撃の巨人』、『シュウカツ』などがある。その他にはJFNラジオアプリにて『渡部秀アクターズレイディオ』も配信中である。

渡部秀の祖父がつけた秀という名前には「何事にも秀でる」という願いが込められており、その名前の由来の通り、演技だけではなく歌も上手く、自身が出演していた『仮面ライダーオーズ』のエンディング曲なども歌っている。

基本プロフィール

  • 名前渡部秀
  • 本名渡辺秀
  • 英語名Shu Wtanabe
  • 性別男性
  • 国籍日本
  • 所属事務所アミューズ
  • 所属グループ 日本人・日本の俳優 
  • 生年月日1991年10月26日 (26歳)
  • 星座 蠍座
  • 兄弟2人の弟
  • 出身日本・秋田県由利本荘市
  • 高校秋田県立由利工業高等学校
  • 大学進学してない
  • デビュー年2009年
  • 身長180cm
  • 体重65kg
  • 血液型A型型
  • 干支 未(ひつじ)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

いない

渡部秀の交際や彼氏・彼女に関する噂や報道はない。

好きなタイプ

渡部秀は、インタビューで「ほぼほぼ毎日が初めましての人との遭遇なのでその分、1人の時間がすごく大事。だからそういうのが大丈夫な人じゃないと多分だめだと思う。そういう人に出会えた時に初めて結婚になるんじゃないですかね」と語っている。

また「モラルがあり、家庭的な人」がタイプであり「トイレから出てきた後、ハンカチで手を拭いている人」が理想だという。お互い尊敬しあえる人関係が理想で、家庭のことを考えつつ仕事や趣味を尊重し合える人と結婚したいという。 好きなタイプの女性は「古風で料理が上手な人」である。

性格・パーソナリティ

渡部秀は、仮面ライダーの話になるとつい熱くなるほどの仮面ライダーオタクである。仮面ライダーファンもビックリするくらい熱く語ることもある。仮面ライダー関連でいい話があると、周りの人に話して回っているとのこと。独りの時間を大切にしていて、休みの日や仕事の後に帰ったら何をして過ごすか決めているという。主にインドア派である。

渡部秀は、自分のことをわりと物怖じしない性格だと語っている。明るく人懐っこい性格であり、相手が誰でもとにかく絡んでいく性格であるという。仮面ライダーオーズで共演した、三浦涼介には初対面からよくからんでいったことから、三浦涼介に「なんだ、こいつ」と思われていた。

その三浦涼介とはかなり仲が良いが、仮面ライダーオーズが始まった当初はかなり仲が悪く、喧嘩ばかりしていたそうだ。最初の頃は噛み合わなく、ブログにも喧嘩したことが書いてあったりと散々だったようだが回数を重ねていくうちに大の仲良しになったとのことである。

さらに渡部秀が出演する連続ドラマ、『科捜研の女』で演じている研究員の橋口呂太役は、自身とノリが似ているという。「結構僕も行き当たりばったりで、「まあ何とかなるっしょ」というタイプなので、そこは呂太と似ているかと思います。あとは、興味ないことはすごく興味ないし、興味あるものにはすごく興味を持つという、好奇心を示すものがはっきりしている性格という部分も共通していると思います」と語っている。

趣味

渡部秀の趣味は、スポーツ、古着屋めぐり、玩具コレクター、物件探しである。また、自身のインスタには「映画鑑賞、ラジオ、DIY、珈琲、韓国語、一人旅」と趣味を記載している。

韓国語については、2016年4月から2017年3月までNHKで『テレビでハングル講座』に生徒役で出演していた。日常会話程度であれば韓国語で会話ができるようである。

また、何をしている時が一番幸せかと聞かれた際は、「マンガを読んでいる時」と答えている。漫画を読むときは30巻くらい一気読みすることもあり、最近読んだ作品だと吉田秋生の『BANANA FISH』がすごく面白かったそうだ。

特技

渡部秀は、スポーツ全般が得意で、特に陸上競技全般、サッカー、水泳、ダンス、柔道(黒帯)が得意である。高校時代は陸上部に所属しており、400m走などの中距離走の選手だった。大会では400m走で3位入賞した事がある。

また渡部秀は歌も上手く仮面ライダーオーズではテーマソングを担当しその歌唱力をみせている。『仮面ライダーオーズ』ではアフレコ技術の高さも見せて監督を驚かすなど、万能な俳優である。

デビュー前の経歴

渡部秀は、デビュー前は陸上部で部活動に集中していたようで特に芸能活動はしてなかった。仮面ライダーが大好きで、デビュー前から仮面ライダーになるという強い憧れを持っていた。

その夢を叶えるべく2008年に「第21回ジュノンボーイコンテスト」に参加したが、惜しくも準グランプリであった。当時の仲間で圧倒的だったのが菅田将暉であったという。しかし、2年後には夢の仮面ライダー俳優になり、菅田将暉の後を引き継ぐ形で仮面ライダーの主演をすることになった。

渡部秀は「小さい頃仮面ライダーに憧れ、仮面ライダーになるために役者を志しました。笑われることもあったけど夢をあきらめずに頑張ってきてよかったと思います」と語り、藤岡弘の『仮面ライダー』から、オダギリジョーの『仮面ライダークウガ』から始まった平成仮面ライダーと、たくさんの素晴らしい俳優が仮面ライダーという作品を代々受け継いできて、現在があると語り、「人気が無かったら僕の代で仮面ライダーの歴史が終わってしまう可能性があるわけで、監督さんにも「キミの代で『仮面ライダー』が終わってしまうかも知れない。次に繋げられるかどうかは、キミ次第だ」って最初に言われて、そこで中途半端な気持ちではやれないなって改めて思ったし、俺が『仮面ライダーオーズ』を歴代の仮面ライダーの中で一番にする!」と決意したという。

メンバー・周囲からの評価

渡部秀は自他ともに認める仮面ライダー好きであり、仮面ライダーのオーディションでは、演出や設定などの提案をするほどの熱を見せたと監督も語っている。

2018年1月公開の映画『シュウカツ2』の完成披露試写会で、ドラマで共演した女優の沢口靖子が出演作を必ず鑑賞してくれると明かし、沢口靖子の評価を意識して「頑張った」とインタービューに答えていた。

『仮面ライダーオーズ』ではその高い演技力を発揮し、新人俳優を扱うことが多い特撮では初期の演技は暖かく見守るのだが渡部秀の演技の実力は誰もが驚いたという。また歌唱力もかなり高く、仮面ライダーオーズのテーマソングを担当し、その歌唱力は好評を博した。

整形の噂

渡部秀の整形の噂はない。

好きなアーティスト

渡部秀の好きなアーティストは、BUMP OF CHICKENである。

尊敬する人

渡部秀の尊敬する人は、宇梶剛士である。

Instagram・Twitterアカウント

渡部秀の応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

渡部秀の掲示板を見る

この記事の編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者: