宮崎 秋人について

宮崎秋人は、2013年10月に渡辺プロダクションの若手俳優・アーティスト育成システムのグループ「p.o.t challenge」を卒業した俳優である。

その後、2015年10月4日、ソロイベントでD-BOYSに加入することが発表され、2016年5月25日松田凌と北村諒の3人で結成したユニット「Unknown Number!!!」が、シングル「キボウノヒカリ」で歌手デビューを果たした。

舞台では『弱虫ペダル』『東京喰種』、映画では『キリング・カリキュラム』などに出演している。

基本プロフィール

  • 名前宮崎 秋人
  • 本名宮崎秋人
  • 英語名Shuto Miyazaki
  • 性別男性
  • 国籍日本
  • 所属事務所渡辺プロダクション
  • 所属グループ 日本人・日本の俳優 
  • 生年月日1990年09月03日 (28歳)
  • 星座 乙女座
  • 兄弟
  • 出身日本・東京都
  • 高校不明
  • 大学進学してない
  • デビュー年2011年
  • 身長174cm
  • 体重60kg
  • 血液型O型型
  • 干支 午(うま)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

いない

宮崎 秋人の交際や彼氏・彼女に関する噂や報道はない。

好きなタイプ

宮崎秋人の好みのタイプは、包容力のある女性である。

また、以前「何フェチですか?」という質問に対して、「ずっと鼻フェチなんで鼻一筋だったんですけど、最近、おでこも好きになりまして。ちょっと『でこっぱち』が好きなんですね。で、鼻先が下向いているワシ鼻で小鼻が小さいのが好きなんですけど。おでこと鼻のセットだから、正面からとらえるよりも横から見てるほうが好きですね。なので女子にはおでこを出していただきたいです。でも前髪があっても最近の俺は、おでこの形がわかりますよ」と答えている。そばかすがあってショートカットが好きだという。

また「好きな人が出来たら?」という質問に対しては、「自分からガンガン行きますね。なかなか駆け引きも出来ないですし、待つっていうのも出来ないんで…、もう『好きです』って直接言いますね」と答えた。

性格・パーソナリティ

井澤勇貴が宮崎秋人の性格について、共同生活をした際の経験を基に「秋人くんはすごくきれい好きで。洗濯も、黒、白、グレーと色分けして洗うんですよ。すごく几帳面。僕は全部一緒に洗っちゃうんですけど」と語っている。これに対して宮崎秋人は「洗濯物に関してはそうかもしれない。さらに稽古着Tシャツと普段着てるTシャツも分けてますね。使う洗剤も違うので」と対応した。

また小越勇輝は『週刊女性PRIME』の2017年の取材「2.5次元の小越勇輝と宮崎秋人の生イケ対談」で、「この間、秋人の家でクレープパーティーをやったんですけど。その日、僕は稽古だったんですけど、まあ、支度をしてくれてるわけですよ。それで、稽古終わったら車で迎えに来てくれて、秋人んちに行ったらもう準備万端で。もうクレープを焼いてるのがすごく楽しそうで。その姿を『ちょっとこれ動画撮ってよ』って動画を撮らせるところがかわいい。なんかふとしたところですよね。なんかちょっと、ゆるむ笑顔」と宮崎秋人の性格について話した。

趣味

宮崎秋人の趣味は、バスケットボール、ビーチボールバレー、ギターである。また、フェイスパック、筋トレ、カメラ、オセロにもはまっているという。

パックは「僕すごく乾燥肌なんで、冬は日々気をつけようと思って。韓国に行った友達とかにパックを買ってきてもらったり。カタツムリパックは結構いいですよ」と話している。

特技

宮崎秋人の特技はビーチバレーである。

ミュージカル『薄桜鬼』で、鬼関係者の2名「ちーさま」こと風間千景と部下の不知火匡(柏木佑介)が登場して、何故か、スイカ模様のビーチボールでバレー対決をした。ここで宮崎秋人が実は高校生の時にビーチバレー都大会で3位だったことを披露し、客席から驚きと歓声が起こったが、宮崎秋人・郷本直也ペアと鬼関係者(風間千景・柏木佑介)の対決は、鬼関係者の圧勝に終わったというエピソードがある。

デビュー前の経歴

宮崎秋人は高校卒業後、保育士になろうと思ってオープンキャンパスに行った際、あまりの女性の多さに、保育士の夢をさっくりと諦めてしまったという過去がある。

保育士を諦めてどうしようと思った時に、小学生時代にバスケットボールのクラブチームにいた先輩が、とあるオーディションで賞を獲得して芸能界入りしたことを思い出して一念発起、渡辺プロダクションの「D-BOYS」のオーディションを受けたが落選した。

その後、WEC(ワタナベエンターテインメントカレッジ)7期生として入学し、渡辺プロダクションに所属した。

メンバー・周囲からの評価

井澤勇貴は『週刊女性』本誌の2017年2月7日号で「秋人くんは、ドラゴンボールの悟空みたいな人です。いると安心する。仕事の現場にいると全然違うと思います。たぶん見つけた瞬間に、抱きつきに行くと思います。テンションあがって、よし!ってなりますね」と宮崎について語っている。

小越勇輝は「役者・宮崎秋人のリスペクトできるところ」として、「苦しかったりとかキツイなとかいろいろあっても、自分だけじゃなくて周りにちゃんと目を配れるところ。周りのサポートをできるのがすごいと思います、それは『東京喰種』の時もそうでした。秋人は秋人でやらないといけないことがあるなかで、僕が苦しいときに助けてくれたりだとか、場を和ませたりだとか。本人はそうじゃないって言うかもしれないですけど、すごく人あたりがいいので、そこはすごく尊敬します」と話している。

整形の噂

Instagram・Twitterアカウント

宮崎 秋人の応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

宮崎 秋人の掲示板を見る

この記事の編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者: