指原 莉乃について

指原莉乃は、2007年10月、AKB48第5期研究生オーディションに合格し、2008年3月1日、劇場公演デビューを果たした。同年8月2日、正規メンバーへの昇格とチームB所属が発表された。10月22日、10thシングル「大声ダイヤモンド」で、シングル表題曲選抜メンバーに初めて選ばれた。

2009年7月8日、第1回総選挙で第27位でアンダーガールズに選出され、8月23日「AKB104選抜メンバー組閣祭り」において、高橋チームA(第1次)への異動が発表された。

2010年6月9日、第2回総選挙で第19位で総選挙選抜入り。2011年6月9日の第3回総選挙では第9位と順位を上げた。

2012年4月18日、大分市観光大使に任命された。5月2日「それでも好きだよ」でソロデビューを果たし、6月9日の第4回総選挙で第4位と一気に上位にランクインした。同年6月15日『AKB48のオールナイトニッポン』の生放送で『週刊文春』に掲載された一連の記事の内容を一部認め、秋元康からHKT48への移籍を命じられ、6月16日、HKT48へ移籍した。

2013年3月20日、HKT48の1stシングル「スキ!スキ!スキップ!」で初選抜。4月28日、AKB48グループ臨時総会 ~白黒つけようじゃないか!~において、HKT48劇場支配人との兼任が発表され、ここで尾崎充とのダブル支配人体制となった。6月8日の第5回総選挙でついに第1位となり、32ndシングル「恋するフォーチュンクッキー」で初めてセンターを務めた。

2014年6月7日、第6回総選挙では第2位。8月11日、著書『逆転力~ピンチを待て~』を講談社から発売するなど、新たに著作業への展開を見せた。

2015年6月6日、第7回総選挙で再び第1位を獲得。続く2016年6月18日、第8回総選挙でも第1位となり、国内選抜総選挙史上初の連覇を果たした。同年年末12月31日、第67回NHK紅白歌合戦「AKB48 夢の紅白選抜」では第2位にランクインした。

2017年2月22日深夜、『AKB48のオールナイトニッポン』内で、STU48との兼任及びSTU48劇場の支配人への就任を発表した。6月17日の第9回総選挙で再び第1位を獲得し、前人未踏の3連覇を果たした。同年11月25日、STU48の瀬戸内7県ツアー@広島公演において、STU48のメンバー・劇場支配人兼任を終了することを発表した。

基本プロフィール

  • 名前指原 莉乃
  • 本名指原莉乃
  • 英語名Rino Sashihara
  • 性別女性
  • 国籍日本
  • 所属事務所太田プロダクション
  • 所属グループ HKT48 
  • 生年月日1992年11月21日 (25歳)
  • 星座 蠍座
  • 兄弟
  • 出身日本・大分県
  • 高校クラーク国際高校
  • 大学進学せず
  • デビュー年2008年
  • 身長159cm
  • 体重不明
  • 血液型O型
  • 干支 申(さる)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

ファン

この男性との間では、冗談半分で結婚の話まで出たという。東新宿駅前のビジネスホテルで1度だけお泊りデートもあった。

デートのペースは2~3週間に1度。毎日、平均7時間は電話をしたという。二人の関係が終わったのは2009年秋で、相手の男性から別れを告げたという。

業界関係者

上記のファンと付き合っていた時期と自分がつき合っている重なっていると、この業界関係者の男性が『週刊文春』に暴露した。

好きなタイプ

指原莉乃は男性が走っているところが好きで、ふくらはぎの筋肉フェチである。「ししゃものお腹みたいになってると最高!さらに足首が締まってるといいですねぇ。身近なところだと北原の脚が好みです」とうれしそうに語っている。

性格・パーソナリティ

指原莉乃はAKB48のバラエティ担当。キャラクターは「ヘタレ」で、ポジションは「イジられ」キャラである。そこから付けられたキャッチフレーズは「できませんしか言いません」。

これに対して本人は「『ヘタレ』と言われるエピソードは、本当にバンジージャンプが飛べなかったことぐらいしかなくて、そのイメージが語り継がれてるだけ。だから今ここを直したいとか、特に考えてないです。自分でヘタレだと思うことはそんなにないんです。普段生活していてないですね」と語っている。

指原自身は「自分に自信がなくて、ダンスも下手だし、歌も下手だし、かわいくないし、誇れるものは何もない」と総選挙で自身の評価をしている。

自身の番組『さしこのくせに』(2011年3月22日放送)では「歌、踊り、演技力、すべてがB級」だと評価している。

一方メンバーの指原に対する評価は、「(指原のダンスは)リズム力はない。キレもない。ただ愛嬌はある」とのこと。

またAKB48イチの泣き虫である。メンバーでは高橋みなみが涙もろい事で有名だが、高橋が泣くのは感動した時で、指原はそれ以外にも緊張した時、ビックリした時にも泣いてしまうという。

趣味

指原莉乃の趣味は、アリの巣を探すこと。アリの巣の横に偽の穴を作り、アリを惑わすことを常日頃楽しんでいるという。しかし実際のところアリは賢いので騙されない。

他には漫画・DVD鑑賞、寝ることも趣味として挙げている。

また、女性向け恋愛シミュレーションゲームにハマっていた時期があり、5人の共同生活中は中西優香と『放課後の恋人』というゲームをやっていた。その後、イケメン戦国武将との恋愛ゲーム『天下統一恋の乱』にハマった。他のメンバーにも勧めたが、宮崎には「くだらねぇ」、仁藤には「さっしーかわいそうだな…」と言われたという。

特技

指原莉乃の特技は、ぬいぐるみと喋ること、ヲタ芸、トロンボーン。

勉強の面では、得意科目は英語で英検3級を持っている。書道も2段を持っている。ピアノは4歳から15歳まで習っており、始めた当時は上手すぎて「天才だ」と周りに言われていたが、その後急速に下手になったというエピソードを明かしている。

デビュー前の経歴

指原莉乃は幼少期、健康優良児だった。「普通なんですよ。重い病気もしたことないし、出産のエピソードもない。母にも『すんなり生まれて、悪いけどフツー』と言われました」と語っている。

幼稚園の頃は「かわいいと言われてた」と本人も語っており、当時は一人で本を読んだり、人形遊びをするなど、インドアな子供だった。

中学校時代は勉強はできた方で、200人中50~60番目くらい。中でも英語は得意で偏差値は64だったが、逆に数学の偏差値は38と、とてつもなく低かったという。部活は吹奏楽部に所属し、バストロンボーンを担当。大分県でも実力のある学校で、経験者も多かったため、頑張って部活動に励んでいたという。1年の時には九州大会にも出場している。

メンバー・周囲からの評価

初代AKB48グループ総支配人戸賀崎智信は指原についてこう語っている。

「とにかくサービス精神の塊で、『ファンの心理はわかってます』と断言するのも納得。MCでもよく焦って空回りしますが、その姿がおもしろい!彼女はこの一年、AKBの冠番組を大いに盛り上げてくれたと思いますよ」「マジメな話、田舎から出てきたヘタレで普通のコが、ブログと言う小さなチャンスにも喰らいついて頑張って、みなさんに応援していただいて上位になったりすると、これからのAKBにもすごく希望が出てくると思います」「トーク力や文章力も感心しますが、僕が評価するのは、どんなにキツキツでもリハーサルまでに振り付けを覚えてくるところ。人に迷惑をかけたくないんですね。ソロデビューについては本人が一番、ビックリしたと思います(笑)」

またHKT48の劇場支配人である尾崎充は指原をこう評価している。

「HKTをどうしたらいいかつねに考え、メンバーの特性を引きだすことに注力してくれています」「九州ツアー・SSA(さいたまスーパーアリーナ)の成功は指原の功績。発想力、行動力、リーダーシップ。この人にはまだ、だれも追いつけない」「今のHKT48にとっては本当にいなくてはならない存在です。常にHKT48のことを考えてくれています……感謝」

整形の噂

歯列矯正、二重、顎、鼻

尊敬する人

佐藤由加理

Instagram・Twitterアカウント

指原 莉乃の応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

指原 莉乃の掲示板を見る

この記事の編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者: