ユン・ウネについて

ユン・ウネは、1999年にベイビーボックスの追加メンバーとして合流した人物である。アルバム3集 「Come x3 Baby」でデビューし、メンバーの中で一番の年下として活躍。ベイビーボックスが暫定的に活動を休止した後、いくつかの番組に出演した。

SBSバラエティ番組『Xマンを探せ』では少女壮士として活動した。

2006年にはMBCドラマ『宮』の主役に選ばれ、本格的に女優としての道を歩み始めた。その他にも同年MBCドラマ『ブドウ畑のあの男』、2007年『コーヒープリンス1号店』に出演し、自信の代表作となった。

映画では2011年『マイブラックミニドレス』で主演を演じた。

2013年ドラマ『未来の選択』を最後に、韓国ではほとんど姿を見せず、主に中国で芸能活動をした。

2017年からはタレントとして韓国に復帰。バラエティ番組『対話が必要なケニャン(犬と猫)たち』に出演した。

基本プロフィール

  • 名前ユン・ウネ
  • 本名ユン・ウネ
  • 英語名Yoon Eun Hye
  • 性別
  • 国籍韓国
  • 所属事務所ジェイアミエンターテイメント
  • 所属グループ 韓国・韓流俳優 
  • 生年月日1984年10月03日(34歳)
  • 星座 天秤座
  • 兄弟
  • 出身韓国・ソウル特別市九老区
  • 高校狎鷗亭高等学校
  • 大学中央大学校先端映像大学院映像学科
  • デビュー年1984年
  • 身長168cm
  • 体重不明
  • 血液型O型
  • 干支 子(ねずみ)

交際や彼氏・彼女に関する噂や報道

キム・ジョングク

過去に歌手のキム・ジョングクが『ヒーリングキャンプ』の中で、ユン・ウネが理想のタイプだと発言し、ユン・ウネの名前だけ聞くだけで顔を真っ赤にするほど大ファンだと明かしたことがある。

そしてキム・ジョングクがユン・ウネに対してビデオ(ラブ)レターで「忙しくなければご飯でも食べに行こう」と顔を赤らめながら話したことがきっかけで、「ユン・ウネの男」と言われるまでとなり、恋愛説まで流れた。

それを聞いたユン・ウネの両親はとても喜び、キム・ジョングクの写真や記事をスクラップしていたという。しかし実際交際していたという事実は一切ない。

なし

なし

好きなタイプ

歌手キム・ドングクがユン・ウネの熱烈なファンであり理想のタイプだということがブラウン管に流れてから、一方、ユン・ウネの理想のタイプは?と話題になった時期があった。

ユン・ウネは、他人に対する気遣いがあって、相手を理解する心を持ち、何が大切なのかがきちんと分かっている男性を理想のタイプとして挙げている。

2014年SBSで放送された『夜更けのTV芸能』の中で行なわれた「理想のタイプワールドカップ選手権」でユン・ウネは、過去に『コーヒープリンス1号店』で共演したコン・ユと、KBS2『未来の選択』で共演したジョン・ヨンファどちらが理想のタイプかという質問でコン・ユを選び、「この放送のあとコン・ユオッパ(お兄さん)から『僕のことが好きだったの?』ってメールが来そうな気がする」と言って笑いを誘った。

性格・パーソナリティ

ユン・ウネは周囲の人から「義理人情が厚い」と言われている。

過去に出演したドラマ『私にうそでもついてみて』の撮影時にこんなエピソードがある。この作品は新人監督が手がけたものなので高視聴率をとれるかどうか不安が残るものだったにも関わらず、ためらいなく出演を決め、スタッフたちにもジーパンをプレゼントをした。

また、2012年歌手JADUがカムバックして所属事務所のトラブルに巻き込まれていた時、ユン・ウネが個人的に手助けをし、自身の所属事務所に呼び寄せたという。

ドラマ『会いたい』がクランクアップすると、自分の撮影をサポートしてくれたスタッフと俳優たちに、パク・ユチャンと2人でお金を出し、タイ旅行をプレゼントし、懐の深さが知られることとなった。

ユン・ウネの情の深さは人に対してだけではない。道端に捨てられた犬が収容される遺棄犬保護所(日本でいう保健所)に出向き、収容されている犬たちの餌を寄付し、掃除をするボランティアを行った。 家ではすでにキップムという犬を飼っていたが、自らも保護所から犬を一匹引取り、里親が見つかるまで育てることを決めて、一緒に仲良く過ごしているという。韓国では一年に9万匹の捨て犬が発見され、保健所に収容されている犬まで合わせると20~30万匹に達するなど深刻だ。ユン・ウネのこの行動がtvNで2017年12月に放送され、多くの視聴者に動物遺棄に対する意識を再度考えさせるきっかけとなった。

趣味

ユン・ウネの趣味は手紙を書くこと、プリクラを撮ること。

特技

ユン・ウネの特技は漫画を描くこと

デビュー前の経歴

サムソンライオンズに所属している投手、ウ・ギュミンと小学校の同級生である。ユン・ウネがテレビで、小学校4年生の時に2組だった学級委員長は誰だったか探していたところ偶然明らかとなった。

1999年、中学三年生のときにベイビーボックスの追加メンバーとして芸能界デビューを果たした。メンバーの中で一番年下だったため、苦労が多かったそうだ。

ユン・ウネのは所属事務所などのコネなどを一切使わず、自分の力だけで芸能界にデビューした。

メンバー・周囲からの評価

ユン・ウネは中国でも人気があり、ドラマ『宮』、『ブドウ畑のあの男』、『コーヒープリンス1号店』の相次ぐヒットにより、中国、東南アジア、日本で韓流トップスターとして認識されている。

2013年中国ポータルサイトの人気俳優ランキングでは、韓国俳優の中で唯一ユン・ウネがランキング内に入った。自身の中では「思い出したくない」ドラマだという『私にうそでもついてみて』までもが大人気なのだという。

整形の噂

なし

好きなアーティスト

不明

尊敬する人

キム・ミン

Instagram・Twitterアカウント

ユン・ウネの応援や雑談の掲示板

ここは質問や雑談のための掲示板です。アーティストを応援する声やプロフィールや性格、好きなタイプなどのエピソードも教えてください。

ユン・ウネの掲示板を見る

この記事の編集情報

  • 投稿日:
  • 編集者: